presented by
Search Fill-1
Menu
アウディ・フットボールサミットのアヤックス戦後のコメント

ナーゲルスマン「素晴らしい体験」

Increase font size Text size

 4ゴール、ユリアン・ナーゲルスマンの初めてのホーム戦、そしてついにアリアンツ・アレーナのスタンドに再び8,500人の観客!土曜日午後に行われたアウディ・フットボールサミットのFCバイエルン対アヤックス・アムステルダム戦には喜ばしい点がいくつもあった。両チームは最終的に、そのパフォーマンスに相応しい2-2の引き分けで試合を終えた。ナーゲルスマンは「起用できるメンバーを考えれば、全体的に十分満足できる」と試合を総括した。fcbayern.comが試合後のコメントを紹介する。

試合後のコメント

ユリアン・ナーゲルスマン:「前半の我々は少し下がり過ぎていた、前線であまり強さを見せられなかった。しかしハーフタイム前にリードを奪うチャンスがあった。あれは決めるべきだった。我々はハーフタイム中に少しフォーメーションを変え、後半に入って最初の15分は大変良かった。とても強いプレッシャーをかけ、よくボールを奪った。その後、10人の選手を交代した。彼らも大変良くやった。勇敢で上手くボールを扱った。起用できるメンバーを考えれば、全体的に十分満足できる。今日観客がスタジアムにいて、我々をサポートしてくれたことはとても嬉しい。素晴らしい体験だった」

スヴェン・ウルライヒ:「僕たちはケルン戦よりも大分よくプレスをかけたし、1対1も良くなった。ユース選手も混ざって作られたチームなので簡単ではないが、途中出場の選手も含めて皆よくやった。もちろん0-1の時はもっと良く対応すべきだった、あのような場面が失点に繋がったのは苦い。最終的に引き分けは順当だ。ユリアンは良いトレーニングをするし、スピーチも上手く、明確な試合のイメージを持っている。当然まずはそれを体得するのが重要だが、僕たちはその過程にある」

エリック・マキシム・チュポ=モティング:「再びここホームで観客の前でプレーするのは楽しかったよ。ポジティブな点がたくさんあった。もちろんネガティブな点もあったが、僕たちはまだプレシーズン中だ。僕たちは再び、既に何試合かテストマッチを行っている大変良いチームと対戦した。前半は攻撃の取っ掛かりを上手く掴めなかったが、後半は良くなった。チームメイトはとても良くやった。時間の経過と共にオートマティズムも働くようになる。ユリアンはチーム全体と同じく大変良く順応している。僕たちは新しいことをたくさんトレーニングしている。DF、MF、ストライカーに特化した練習、その全てがある」

試合のハイライトをまとめたマッチリポートへ:

News