presented by
Search Fill-1
Menu
新代表取締役社長の目標

オリヴァー・カーン:「FCBでタイトルの勝ち取り方を学ぶ」

Increase font size Text size

 代表取締役社長オリヴァー・カーンとの新時代の幕が上がる – 変換期:コロナは歴史的な挑戦を意味する。同インタビューで責任、勝利する能力、FCバイエルンが選手に提供できる特別な要素について語られた。

オリヴァー・カーンのインタビュー:

カーン氏、机は常にその使用者の人間性を反映します。あなたの机は何と言っていますか?

「基本的に私はもっと少ないスタイルの方が居心地は良い。頭の中に多くのことがある時に全てが良く整理されていたら、個人的には助けとなる。オフィスがより最小限ならば、私にとってはより容易く集中できるよ」

代表取締役は時折孤独になりえます。理由は最終的に決断を下す最後の人物だからです。それにはどう対処していますか?

「私にとってこの責任を背負う感情は目新しものではない。すでに選手、GK、主将など、そして現役引退後は個人起業家として広範囲または難しい決断を下す必要性の意味を学んでいた。私にとってチームと共に仕事をすることは大事だ。1人では全てを知り、実行することは不可能だからね」

20201月に取締役会に加わった時に、目標は「参加する全てで頂点に立つ」と語っていました。そしてコロナがやって来て、FCバイエルン=ワールドはひっくり返されましたか?

「多くの競技面においては一番上だ、それは明白である。しかし財務的な今日の状況は2020年1月1日に見つけ出した代物と全く異なる。これまでFCバイエルンは常にクラブの全資金源をあてにしていた。しかし現状は長年では初めてで、今までの様に物事は進められない。今後4年間の国内テレビ放映権料は過去4年間より減少するだろう。今季もおそらく入場者によるチケット収益はコロナのため再び減少する。したがって創造的になり、新たな道を進む必要があるよ。これは我々の課題だ、なぜなら我々は今後も欧州トップ3に入りたい」

あなたが新しい役割に就任する時にFCクラブの定期預金口座が多大なるプレッシャーの下にいることは、どれほど重苦しいですか?

「特に投資家をオーナーに持つ英国クラブは極めて財務的な力を持っている。それでも我々は今日まで常にこの競争的不利な状況の埋め合わせに成功してきた。我々が持つ全てを活用して同部分に取り組んでいる、なぜなら我々はFCバイエルンだからだ。何が我々と他チームを区別するかと言えば、我々にはずっと非常に強いコミュニティーと成功文化がある。勝利のメンタリティーは他チームにもある – だが我々はこの非常に確固たる勝利能力を兼ね備えているんだ。FCBでタイトルの勝ち取り方を学ぶ、ここではそれが極めて違いを生み出す。私自身の経験上言えることは、一時代を築くために、それがどれ程多くを選手に与えるかだ。大多数の選手が一時代の決定的な部分になる価値を現役引退後に認知する」

現代において選手がアイデンティティーのために他クラブでの数百万ユーロの給料を諦めると思っていますか?

「当然金銭が一つの役割を担うことは知っている。しかし選手も考えを持つべき1人の人間だ:キャリは想像以上に早く終わる - そしてファンはどうやって選手を記憶に留めるか?彼らが最後に私について何を言うべきか?どこにいるべきなのか?FCバイエルンはクラブ選手に信じられない程多くを提供している。それは全員が知っておくべきだ。過去多くの選手が、ここで何が可能かを認知していた。そして長期間所属することに誰も後悔をしなかったよ」

カール=ハインツ・ルンメニゲとウリ・へーネス同様に、あなたのオフィスの扉は選手に対して開いていますか?

「間違いない。周りを見てごらん:ここには二つの扉しかない(笑)。パンデミック開始当初は私にとって困難だった。理由は衛生規制によりチームコンタクトが少なかった。私にとっては選手と意見交換することが大変重要なんだ」

ユリアン・ナーゲルスマンは新監督として楽観的雰囲気を溢れ出している。コロナが世界中に蔓延してから1年以上が経過し、全員が新たな始まりを切望している今、彼の楽観的雰囲気はFCバイエルンにとっても良い影響を与えると思いますか?

「コロナ渦で人々が何か新しい、新鮮なことを体験したいと望んでいると私は確信している。何か楽しみにできて、興奮を生み出すもの。興奮は常に良い。楽観的雰囲気は更に良い。我々はそれを今ここで感じているよ」

FCバイエルン選手には常に三つの目標があります:ブンデスリーガ、DFBポカール、そしてチャンピオンズリーグ。FCバイエルン代表取締役社長としての目標は本質的により長期的なものですか?

「サッカーでは常に次の試合に勝利することが重要だ。そのために我々はここにいる。財務的にこのサッカーレベルを可能にすること:これこそが日々の仕事の目的だ。競技面では我々の過去の栄光を強固にすることを想像していた。今までにない競争が我々に襲いかかる。それはしっかり認識しないといけない。一概的な私の目標は、ファンがFCバイエルンにこの様に言うことだ:これが私のクラブ、これが世界最高のクラブ。私はFCBをファンのための成功以上の存在にしたい。同クラブは帰属意識を形成し、ファンのために重要な人生意義になるべきだ。我々のファンは自分たちのクラブを誇りに思えることが出来るはずだ」

News