presented by
Search Fill-1
Menu
バイエルンの連続記録

バルセロナで行われたCL開幕戦勝利に関するバイエルンの印象的なデータ

Increase font size Text size

 FCバイエルンは9月14日(火)晩、力強いプレーで新しいチャンピオンズリーグ・シーズンを開始した。バイエルンはアウェイの地で臨んだ初戦でFCバルセロナに0-3で勝利し、いくつかの連続記録を更新することができた。fcbayern.comがバルサ戦勝利に関する重要なデータをまとめた。

1.CL初戦連続記録を更新

直近18試合のチャンピオンズリーグ初戦におけるFCバイエルンの結果一覧。

 バルサ戦勝利によって、バイエルンはチャンピオンズリーグ初戦における連続記録を更に伸ばした。バイエルンはCLシーズン初戦の直近18試合全てに勝利している!この連勝記録が始まったのは2003-04シーズンにオリンピアシュターディオンで臨んだセルティックFC戦で、バイエルンは2-1のホーム勝利を祝った。

2.バイエルンがCLで23試合連続得点

バルセロナで先制点を挙げたトーマス・ミュラー

 バルセロナで勝利を祝った今回の試合で、バイエルンはCLで23試合連続得点を果たした。これはチャンピオンズリーグにおけるクラブ新記録だ。

3.レヴィがドッペルパック記録を更新

ロベルト・レヴァンドフスキはこれからも誰にも止められない!

 Mister Unstoppable!ロベルト・レヴァンドフスキはバルセロナ戦でも2ゴール挙げ、チャンピオンズリーグでの通算ゴール数を75に伸ばした。リオネル・メッシ(120得点)とクリスティアーノ・ロナウド(135得点)に続くCL歴代3位の得点数だ。それと同時にレヴァンドフスキはFCバイエルン選手として公式戦18試合連続で得点したことになり、個人記録を更新した。

4.相性の良いチーム相手にミュラーが再び得点

7試合で6ゴール ― バルセロナ相手に好調のトーマス・ミュラー

 試合開始から34分、トーマス・ミュラーがバイエルンに重要な先制点をもたらした。これで同選手は対FCバルセロナ戦6試合で計7ゴールを記録した ― ミュラーにとってバルセロナはチャンピオンズリーグで最も多く得点している対戦相手であり、ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップもしくはCL史上ミュラーほど多くのゴールをバルサから奪っている選手はいない。

5.アウェイで強いバイエルン

 FCバイエルンは現在、チャンピオンズリーグのアウェイ戦で19試合連続負け知らずだ(15勝4分)。これは同大会史上最長の連続記録だ。バイエルンが前回CLのアウェイ戦で敗北したのは4年前で、FCBは2017年9月にパリ・サンジェルマンに0-3で敗れた。

6.スタニシッチがCLデビュー

 ヨシプ・スタニシッチが82分にニクラス・ズーレに代わって途中出場し、チャンピオンズリーグ・デビューを果たした。おめでとう、ヨシ!

「バルサ相手に喜んでゴールを決めるよ」― トーマス・ミュラーは対バルセロナ戦における真のゴール・エキスパートだ:

News