presented by
Menu
自信を持ってレアル戦に臨む

FCB「自身のクオリティーに集中」

 ヨーロッパ中、特にミュンヘンは明日の一戦を待ち望んでいる。12日(水)現地時間20時45分(日本時間13日(木)3時45分)、バイエルンはレアル・マドリードとチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ(ホーム)に臨む。「チャンピオンズリーグの中でもトップゲームであり、決勝戦の価値がある試合だ」と、カール=ハインツ・ルンメニゲが試合前日に話した。

 互いにリスペクトする気持ちは大きい。両チームは過去4年間のCLで3度、顔を合わせている。「我々は現在おそらく世界一のクラブチームと対戦する。レアルとの2試合には高い集中力、良い試合内容、少ないミスが必要だ」と、カール=ハインツ・ルンメニゲが続けて述べた。

アンチェロッティにとって相手は重要ではない

 カルロ・アンチェロッティも、「彼らは非常に素晴らしいシーズンを送っている」とコメントしたが、バイエルン指揮官はそこまで多く相手チームを懸念していない。「我々は自分たちのクオリティーに集中している。マドリードがどのような戦術を練ってくるかは気にしてないよ。私は自分のチームのことを考える必要がある。自分たちのサッカーをしたいと望む世界最高レベルのクラブ同士の試合だからね」

 この大事なゲーム前日、イタリア人指揮官は非常にリラックスしていた。彼は1stレグで結果は決まらないと考えているからだ。「我々にとって2ndレグで問題を抱えないように出来るチャンスだ。だが、この準々決勝の結果はマドリードで決まる。だから、我々はアドバンテージと共にアウェイに乗り込みたい」

試合出場が微妙なレヴァンドフスキ

 12日(水)、イタリア人監督はマッツ・フンメルス抜きで戦うことになる。このバイエルンCBは日曜日の練習中に怪我を負ったからだ。だが、アンチェロッティはマヌエル・ノイアーの状態は良く、明日の試合に先発出場することを明言した。ドルトムント戦で右肩を負傷したロベルト・レヴァンドフスキの試合メンバー入りは不透明である。11日(火)、このポーランド人FWは20分間の練習を行った。「彼はポジティブな気持ちを持っていたが、水曜日になるまで彼がプレーするか決断はしない。我々は待つ必要がある」

 この不確かな事柄はバイエルン監督にとって大きな問題ではない。同監督は、「レヴァンドフスキが明日のレアル戦に出場する、しないことは我々の戦術と自信に何の影響も与えない」と話した。アンチェロッティはアリアンツ・アレーナで自身のチームが勝利の為にプレーしてもらいたいと望んでいる。それはアルトゥーロ・ビダルも同じだ。「一番大事なことは勝つことだ。最高の理想を言うと、2ゴール差をつけたい。リラックスしてマドリードに行けるからね」と、チリ人MFが語った。

ビダルは全力を尽くす

 29歳のビダルはこのレアルとの試合を戦うことにかなり興奮している。CL制覇は彼の大きな夢である。ビダルは、「僕はベストを尽くす」と約束した。加えて、「もし再び、僕がボールに対して頭でいく必要がある場面に遭遇したら、躊躇なく頭から飛び込む(先週末のドルトムント戦で実際にやっている)。

 バイエルン選手はやる気に満ち溢れ、十分に集中している。「今、唯一重要なことはバイエルンが勝ち進むことだ」と、ロッベンが強調した。ハイレベルの試合になるサインも出ている。そして、このバイエルン選手はこの大一番の前に自信を覗かせている。ビダルは記者会見の最後にコメントを残したが、それはルンメニゲとは違っていた。「レアルはCLのディフェンディング王者だが、世界一のクラブはバイエルンだ!」

News