presented by
Search Fill-1
Menu
トリッソは欠場

対シャルケのアウェイ連勝記録を伸ばしたいバイエルン

Increase font size Text size

 首位のチームが最下位チームとアウェイで対戦:今季後半戦の初戦で、FCバイエルンは1月24日(日)現地時間15時30分(日本時間23時30分)にリーグ18位のFCシャルケ04と対戦する。しかしハンジ・フリックは、ゲルゼンキルヒェンで行われる試合の行方が両チームの順位から予想されるほど明らかであるとは考えていない。55歳のバイエルン監督は、「シャルケは個の力が優れた選手を擁しており、現在の順位に反映されてはいないものの、クオリティーの高いチームだと思う」と対戦相手について述べた。fcbayern.comが、シーズン後半戦の初戦に関して知っておくべき情報をまとめた。

 アリアンツ・アレーナで行われた今季開幕戦の結果は明らかだった:バイエルンは8-0という今季最大の勝利を祝った。

FCバイエルンの現状

 ドイツ歴代王者バイエルンは、フライブルク戦(2-1)アウグスブルク戦(1-0)の2試合に勝利したことで再び成功の軌道に乗り、2位と勝点差4でリーグ首位の座に君臨している。試合数の多い現在、90分間ずっと対戦相手を圧倒できるとは限らないが、フリックはチームの最近の成長をポジティブに受け止めている。同監督は「チームは再び我々の望むサッカーをプレーできる状態だ:プレスをかけ、対戦相手のミスを誘発する」と説明。特に直近の数試合では選手たちの良い「モラルとメンタリティー」が印象的だったようだ。明日のシャルケ戦にも同じような姿勢で臨むことが求められる。フリックは「FCバイエルンの我々は全ての試合に勝つつもりだ」とシーズン後半開幕戦に向けて意気込みを見せた。

 シャルケとのアウェイ戦を前に最終調整を行うバイエルンの様子:

対戦相手FCシャルケ04

 ブンデスリーガ直近33試合で勝利は1回のみ、勝点7ポイントでクラブ史上最も振るわないシーズン前半の戦績 ― 33年振りの降格を回避するために、シャルケはできる限り早く風向きを変えなければならない。同クラブとの試合を前に、ヨズア・キミッヒは「シャルケは背水の陣で挑むような状態だ。彼らはいくつか補強を行ったし、全てを尽くして試合に臨むだろう」と予期している。セアド・コラシナツ(アーセナルFC)とクラース=ヤン・フンテラール(アヤックス・アムステルダム)の2人に期待をかけ、クラブに呼び戻したシャルケだが、新たな戦力を獲得したとはいえ、降格圏から抜け出すことは簡単なことではない:近い順位の1. FCケルンとの直接対決(1-2)で試合終了直前の失点により敗れたシャルケは、入替戦圏と既に8ポイントの差がある。シャルケ監督のクリスティアン・グロースは「サッカーでは常にチャンスがある。チームは引き続き我々の掲げる目標の達成を信じる。それがどんなに難しいことかは我々全員がわかっている。しかし一致団結して目標に到達できることを信じている」と、引き続きポジティブな姿勢を示した。

シャルケ対FCバイエルン戦前の人員状況

 バイエルンは試合直前でコランタン・トリッソの起用を諦めることになった。フリックは、同フランス人選手は「アウグスブルク戦で筋肉系の問題を感じたため欠場する。リスクを冒したくない」と報告した。その他は長期負傷中のタンギ・ニアンズとマリク・ティルマン以外の「全員が起用可能」な状態だ。

 対戦相手のシャルケは、FCB戦で古巣に戻ってきたコラシナツを起用できるようだ。ケルン戦で負傷した同選手だが深刻な状態ではないと判明し、グロースは「彼は良い状態だ」と述べた。フンテラール(ふくらはぎの問題から回復)と元FCB選手のアレッサンドロ・シェプフ(大腿部の問題から回復)も「オプション」となる可能性がある。その一方でサリフ・サネは膝の問題のため欠場の恐れがあり、膝の手術を受けたFWゴンサロ・パシエンシアも未だ出場できるコンディションにはない。

 タンギ・ニアンズがカムバックに向けて一歩前進:ボールを使ったトレーニングを行った。

監督コメント

ハンジ・フリック:「2敗の後で軌道を修正するために、両方の試合(編注:フライブルク戦とアウグスブルク戦)に勝てたことを嬉しく思う。これにより我々は、FCバイエルンの長い歴史において初めて1月に“秋の王者”に輝くことになった。そして今、シャルケとのアウェイ戦に向けて集中することができる。シャルケは個の力が優れた選手を擁しており、現在の順位に反映されてはいないものの、クオリティーの高いチームだと思う」

クリスティアン・グロース(FCシャルケ04):「新しい試合で、新しい構成であり、大きな偶発性がある。それがサッカーをこれほど魅力的にしている。我々自身がミスをしないことが重要だ。ケルン戦では自身のミスが2失点に繋がった。しかし現在の勝点数を考えると、より攻撃的になる必要もある。我々がチームとして守れることを示し、前方ではチャンスを活かさなければならない」

 シャルケとのアウェイ戦に関して重要なその他のデータをまとめた記事はこちら:

News