presented by
Search Fill-1
Menu
どちらの無敗記録が更新されるのか?

バイエルンとフランクフルトが闘志を燃やす大一番

Increase font size Text size

 FCバイエルンには次のイングリッシュウィークが控えており、その幕開けとして申し分ない対戦相手が待ち構えている。日本時間20日(土)23時30分から昨季ブンデスリーガ王者FCバイエルンはアイントラハト・フランクフルトと激突。19日(金)現在リーグ3位チームとの前日記者会見でハンジ・フリック監督は「この様な試合のためにサッカーをプレーしている」と同試合を楽しみにしていた。今季ブンデスリーガ第22節アイントラハト・フランクフルト戦の前日リポート:

FCバイエルンの最終調整の様子はこちら:

FCバイエルンの現状

 15日(月)ビーレフェルト戦でFCバイエルンは後半に2点ビハインドの状況から同点に追いつき、勝点1を獲得した。ハンジ・フリックは「我々は感銘的なメンタリティーを示した。チームを称賛したよ。彼らのプレーぶりは普通じゃなかったからね」と自身のチームに敬意の言葉を述べた。これでFCバイエルンはリーグ戦8戦無敗でリーグ首位を快走中。リーグ2位RBライプツィヒとの勝点差は5ポイントである。FCバイエルンは20日(土)に再び勝点差を広げ、日曜日にヘルタ・ベルリンと対戦するRBLにプレッシャーを与えることが出来る。 

対戦相手アイントラハト・フランクフルト

 フランクフルトは2021年内では唯一ブンデスリーガで敗北を喫していないチームであり、現在リーグ3位まで順位を上げてきた。経験豊富で主将の長谷部誠は「僕らは非常に好調で、サッカーの内容で言えばプレーしてきた中でベストチームだ」と語った。SGEは現在リーグ戦10戦無敗でFCBの無敗記録より更に長い。 アディ・ヒュッター監督は「FCバイエルンと互角と言うのは誇張していると思う」と言い、陶酔する傾向に制御をかけた。しかし当然フランクフルトは大きな自信を持って同試合に臨む。ケヴィン・トラップは「FCB戦に勝利したい野心を持っているよ。そして僕らはそれが実現できることを知っている」と確信を持って話した。

フランクフルト対バイエルン戦の人員状況

 フリックは「複数の選手が欠場する」と言った様に負傷者リストに名を連ねる選手が多い:コランタン・トリッソ(大腿部腱損傷)、トーマス・ミュラーベンジャマン・パヴァール(コロナテストで陽性)、セルジュ・ニャブリ(筋損傷後の基礎トレーニング)、アレクサンダー・ニューベル足首の負傷後の基礎トレーニング)、タンギ・ニアンズ筋束断裂後の基礎トレーニング)、ドグラス・コスタ(右足中骨毛髪様骨折)。しかし朗報はレオン・ゴレツカハビ・マルティネスジェローム・ボアテングがチームメンバー復帰することが確実視されている。

 反対にアイントラハトはFCB戦でチームトップスコアラーの欠場に黄色信号が灯っている。今季ブンデスリーガ通算18得点を奪いロベルト・レヴァンドフスキ(25得点)を追いかけるアンドレ・シウヴァが17日(水)背中の問題で練習を切り上げる必要があった。ヒュッター監督は「彼が再びフィットした状態に戻るために全てを行う」と希望を捨てていなかった。

両トップFW選手の比較:

監督コメント

ハンジ・フリック:「フランクフルトのチームは非常に良くまとまっており、極めて大きく成長を遂げた。彼らは積極的なサッカーをするし、良いプレッシングをする。守備面においてもとても良い。彼らは対戦相手に痛みを与えられるプレー強度があるチームだ。フランクフルトはとても好調で、2021年に入ってほぼ全勝点を獲得した。全ては試合中の姿勢、どう我々が同試合に入るか次第だ」

アディ・ヒュッター(アイントラハト・フランクフルト):「バイエルン・ミュンヘンは2シーズンをまたいで6タイトルを獲得して、明白なリーグ首位チームだ。しかし我々は良い試合結果を出せる。我々には完璧で、FCバイエルンには完璧と言えない日が必要だ。そうなれば我々にも勝てるチャンスがある」

敵地フランクフルト戦に関する数字とデータはこちら:

News