presented by
Search Fill-1
Menu
「試合開始から闘いに入る」

BVB戦直前:「ベストパフォーマンス」でリーグ首位死守

Increase font size Text size

 日本時間7日(日)2時30分からアリアンツ・アレーナでFCバイエルンはボルシア・ドルトムントとのブンデスリーガ・トップゲーム『デア・クラシカー』に臨む!例えFCバイエルンが現在ボルシア・ドルトムントとリーグ優勝争いをしていないとしても、新たなデア・クラシカーの爆発力欠如の要因は存在しない。ヨズア・キミッヒは自身のインタビューで「僕らには少し勝点差があるけど、ドルトムントは上位で戦えるクオリティーを持っている。これは特別な試合だ、ファンにとってもね!」と話した。BVB戦の情報を前日リポートにまとめた:

FCBは今季BVB相手にスーパーカップで3-2、今季前半戦の敵地で3-2の勝利を収めた。今季3度目の対戦となる。

FCバイエルンの状況

 チャンピオンズリーグでラツィオを4-1、前節1.FCケルン戦を5-1で勝利したFCバイエルンは再び絶好調ぶりを示している。しかしハンジ・フリックのチームに息をつく時間はない。リーグ2位RBライプツィヒが勝点差2でFCBを猛追しているからだ。現地時間6日(土)15時30分からSCフライブルクと対戦するRBLは勝利すると暫定でリーグ首位に立つ。 フリックは「我々はリーグ首位だ、このリーグ首位の座を守りたい。だ我々はドルトムント戦で勝利したい - その気持ちで同試合に入るよ」とデア・クラシカーに臨む姿勢を語った。56歳の同指揮官は同一戦は「チャンピオンズリーグと似て、少し特別なんだ」 と述べ、こう言った:「だから各選手のモチベーションが高い!」。しかし「ドイツ国内トップチーム」の一つに勝点3を獲得するには、チームが「ベストパフォーマンスを発揮」して「試合開始から闘いに入る」必要がある。

ドルトムント戦前日の最終調整の様子はこちらから:

対戦相手ボルシア・ドルトムント

 BVBは低迷期間を乗り越え、再び好調を取り戻した:ブンデスリーガ2連勝に加え、セビージャとの今季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16第1戦を3-2で勝利して準々決勝進出に一歩近づいた。更に3日(水)今季DFBポカール準々決勝ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦を1-0で終えて、準決勝進出を果たしている。現在リーグ5位BVBはリーグ戦で好調を取り戻して、来季チャンピオンズリーグ出場圏内に返り咲きを望んでいる。ドルトムントSDミヒャエル・ツォルクは「両チームは目標を達成するために勝点が必要だ。だから同試合内の緊張感は十分ある」と述べ、アリアンツ・アレーナ直近5連敗にも目を向けていた。 

 同連敗記録を打ち破るためにエディン・テルジッチ監督はマッチプランを練っていた:「ピッチ上で勇敢さとチームスピリットを得たい。我々が苦しむ時間帯があることを受け入れる必要があるよ。最も大事なのはFCBが妨げられない仕事をすることだ」

バイエルン対ドルトムント - 最近のブンデスリーガ史に数多くの忘れられない瞬間を生み出した試合:

バイエルン対ドルトムント戦の人員状況

 今週中にコロナテスト陽性による自己隔離から練習に復帰したベンジャマン・パヴァールは今節ドルトムント戦の選択肢に入らない。5日(金)フリックが「その選択肢は考慮しない」と言った。加えて先週に引き続き、コランタン・トリッソ腱損傷)、アレクサンダー・ニューベル足首負傷後の基礎トレーニング)、タンギ・ニアンズ筋損傷後の基礎トレーニング)、そしてドグラス・コスタ中足骨の毛髪様骨折)はボルシア・ドルトムント戦を欠場する。

 対するドルトムントはミュンヘンでのアウェイ戦前に懸念材料を抱えている。ウィンガーのジェイドン・サンチョとラファエル・ゲレイロが今週のポカール準々決勝ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦(1-0)で負傷交代した。BVB監督テルジッチは「(両選手にとって今節は)プレーするには早いかもしれない。だが希望は諦めない」と明かし、肉離れ後に総力練習を開始したマヌエル・アカンジについて「おそらく土曜日の試合には不十分の状態だ」とコメントした。

監督コメント

ハンジ・フリック:「ドルトムント戦は我々にとって常に特別だ。直近数年間の同対戦カードは同試合が常に高いレベルで繰り広げれることを示してきた。ドルトムントは絶対的な力を持つチームだ。しかし今季は少し調子を落とした。しかしここ数週間彼らにどのようなクオリティーがあるか披露していたね。我々のベストパフォーマンスを出すことが重要となる。絶対的な力を持つチームとの試合だと受け入れないといけない」

エディン・テルジッチ(ボルシア・ドルトムント監督):「バイエルンミュンヘンが信じられないクオリティーを持っている事実は周知の通りだ。彼らはここ一年間世界的に最も成功しているチームだ。しかし我々はブンデスリーガとスーパーカップの両試合で近づいていることを示したよ。試合を決めたのは小さな部分だった」

ドルトムントとのホーム戦に関する数字とデータはこちら:

News