presented by
Menu
1:1 シャルケ戦

バイエルン、引き続き黒星なし

FCバイエルンはブンデスリーガ5節終了時点、引き続き黒星なしでリーガトップを走る。レコードマイスターは土曜、FCシャルケ04と対戦し、0:1と先制された後に1:1と追いつき引分けた。この結果、タイトルを争うライバルとの差を拡げることを逃した形となった。

イバン・ラキティッチが36分、69.000人と完売になったアリアンツ・アレーナで前半劣勢にあったシャルケに驚きの先制点をもたらした。先制された後にオットマール・ヒッツフェルト監督率いるチームは士気を高め、ミロスラフ・クローゼの今季4点目(54.)で同点に追いついた。このFCバイエルンの得点は“青の王様”とのホーム戦100ゴール目となった。

トーニ、カムバック

ヒッツフェルトは、前節のハンブルガーSV戦のイレブンに2つのポジションを変更。怪我のフィリップ・ラームに代り、マルセル・ヤンセンが左サイドバックにカムバック。そして“名将”はここのところ活躍していた元シャルケ選手ハミト・アルティントップに代り、再び戦列復帰したルカ・トーニを起用した。

FCBは試合開始から試合を掌握し、シャルケをディフェンスへと追詰めた。フランク・リベリーやシュヴァインシュタイガーらが攻撃の要となり、ツートップのクローゼとトーニらに決定機を作ることを試みた。太ももの負傷を完治させたイタリア代表は再びセンターフォワードとして出場し、FCBの試合序盤の早くてテンポのある攻撃の主役となった。

FCB、ゴールが遠い

4分、クリスティアン・レルの正確なクロスに合わせた彼のヘディングシュートはゴールの右角をかすめた。直後にはリベリーからの絶妙のスルーパスをフリーで受け取ったトーニだが、GKマヌエル・ノイアーの前にゴールならず(8.)。10分のゴールはオフサイド判定のために認められず。

その後もFCバイエルンはリズムの良い攻撃を繰り返す。24分、リベリーとトーニのワンツーの後にレルが好位置からシュートを放つもゴールにならず。28分にはクローゼが華麗な個人技で局面を変えようとするが、シュートまで持っていくことができない。ベストチャンスは34分に訪れる- ファン・ボンメルのクロスからトーニがシュートをゴール手前5メートルから放つが枠をとらえられなかった。

ラキティッチに先制を許す

試合が30分経過するが目立ったシャルケの攻撃は見られない。ラフィーニャ(11.)とラキティッチ(26.)の遠目からのシュートに限られ、シャルケのオフェンスはミュンヘンDFにより制圧されていた。

しかしながら30分後からバイエルンのミスが目立ち始め、このミスを何度かシャルケがカウンターのチャンスに利用。ルシオがボールを失った後、ラキティッチが36分、25メートルのミドル弾をFCBゴールに沈めてシャルケに先制点をもたらした。

クローゼ、同点ゴール

失点直後に再度ルシオがボールを奪われ、42分にレーヴェンクランスが2:0とするチャンスを得た。しかしカーンが華麗なセーブを見せ追加点を許さなかった。2分後、シュヴァインシュタイガーの球出しが遅れところをクラーニーが奪い、ラキティッチにスルーパス。しかし彼は3度世界最優秀GKに輝いたGKの前にゴールを奪うことはできず。

両チームとも交代なしで後半に臨み、後半開始から怒涛の攻撃をみせるFCBに54分、チャンスがやってきた。リベリーのFKからトーニがヘディングでゴールを奪おうとするが、ノイアーが辛うじてセーブ。しかしこぼれ球に反応したクローゼがヘディングでボールを押込み、1:1の同点。

試合終盤、得点なし

同点ゴール後もバイエルンはシャルケにプレッシャーをかけ続け、9分後にチャンスを掴んだ。シュヴァインシュタイガーのクロスにクローゼとトーニが合わせることができなかったところに、マルセル・ヤンセンがペナルティーエリア付近からシュートを放った。しかしながらノイアーの前に得点を奪うことができず。このすぐ後にヒッツフェルトはシュヴァインシュタイガーとトーニを下げ、アルティントップとポドルスキーを投入し、フレッシュな攻撃力に期待した。

一方シャルケは、数少ないチャンスで危険な場面を作る- 主にセットプレーから好機を作り出した。パンダーの2本のFK(69./75.)はいずれもFCBをヒヤリとさせた。逆サイドではアルティントップのシュートが数センチほどゴールに及ばず。この試合の最後のチャンスに、シャルケ主将ボルドンが左サイドからのクロスに飛びこむが合わせることができなかった。ここで試合終了のホイッスル。



FC バイエルン - FC シャルケ04 1:1 (0:1)

FCバイエルン: カーン- レル、ルシオ、デミチェリス、ヤンセン- シュヴァインシュタイガー(67.ハミト・アルティントップ)、ファン・ボンメル、ゼ・ロベルト、リベリー- クローゼ、トーニ(74.ポドルスキー)

ベンチ: レンジング、ファン・ボイテン、オットル、ヴァーグナー

FC シャルケ04: ノイアー- ラフィーニャ、ヴェスターマン、ボルドン、パンダー- ジョーンズ、ラキティッチ(83.アズアク)、エルンスト- アザモア(71.ハリル・アルティントップ)、クラーニー、レーヴェンクランス(71.エズィル)

主審: ヘルバート・ファンデル(キルブルク)

観衆: 69.000 (チケット完売)

ゴール: 0:1 ラキティッチ (36.)、1:1 クローゼ (54.)

イエローカード: ゼ・ロベルト/ ジョーンズ