presented by
Menu
7:2 中国五輪代表戦

FCB、アリアンツ・カップ第一戦に勝利

FCバイエルンの選手は、この日59歳の誕生日を迎えたオットマール・ヒッツフェルト監督に勝利をプレゼントした。レコードマイスターは中国五輪代表に7:2(4:1)とアリアンツ・カップ第一戦を大勝で終え、後期リーグ準備の始動日から5日目で早くも良いゲームを展開した。第2戦は中国で5月23または24日に行なわれる。

マルセル・ヤンセン(リハビリ)、病み上がりのフランク・リベリー、ダニエル・ファン・ボイテンとルーカス・ポドルスキーそしてゼ・ロベルト(足首を負傷)抜きで臨んだ今年2試合目のテストマッチでアリアンツ・アレーナ歴史上最速のゴールがうまれた。ミロスラフ・クローゼが開始58秒でブンデスリーガ・ヘルプストマイスターに先制点をもたらした。アシストしたのはFWルカ・トーニ、相手のボールを奪ってクローゼにラストパスを送った。

ツー、すぐに1点奪い返す

すぐに中国チームが反撃をみせた。前半3分、ヤンの素晴らしいアシストからツーがゴール手前3メートルから押し込んで同点。しかしこれが前半最初で最後の危険な攻撃となった。観衆はその後バイエルンのワンサイドゲームを観ることになり、中国GKリューの存在が次第に際立っていた。12分、トーニは至近距離からのシュートを中国GKに阻まれた。

しかし27分、マルク・ファン・ボンメルがトーニとワンツーをした後のフリーでのシュートには彼は全く対応できなかった。ハーフタイム3分前にはバスティアン・シュヴァインシュタイガーがクローゼのアシストから追加点を奪い、3:1(42.)。ハーフタイムのホイッスルと同時に中国チーム主将のリーがシュヴァインシュタイガーのクロスをオウンゴールし、4:1となった。アリアンツ・アレーナの5万3千人の観衆はバイエルンの前半の戦いぶりにとても満足していた。

後半立ち上がりから5選手投入

この日誕生日を迎えたヒッツフェルトは後半開始からミヒャエル・レンジング、トニー・クロース、ヤン・シュラウドラフ、クリスティアン・レルそして新加入のブレーノを投入した。ブラジル人はアリアンツ・アレーナデビューを飾った。多くの交代にもバイエルンのゴールへの飢えは絶えることはなかった。

若手のクロースが63分にフリーで5:1の追加点を奪い、トーニはシュラウドラフのパスから無人のゴールに押し込んでチーム6点目を決めた(69.)。反対サイドではツーがこの日2点目を決めて2:6。最終スコアはトーニからのパスをシュラウドラフが決めて、7:2とした。

FC バイエルン - 中国五輪代表 7:2 (4:1)

FC バイエルン: カーン (46. レンジング) - サニョール (46. レル)、 ルシオ、デミチェリス (46. ブレーノ)、 ラーム - シュヴァインシュタイガー、オットル(46. クロース)、 ファン・ボンメル、ソサ (70. アルティントップ) - クローゼ (46. シュラウドラフ)、 トーニ

主審: Dr. フェリックス・ブリヒ (ミュンヘン)

観衆: 53.000

ゴール: 1:0 クローゼ (1.)、 1:1 ツー (3.)、 2:1 ファン・ボンメル (2:1)、 3:1 シュヴァインシュタイガー (42.)、 4:1 リー (オウンゴール 45.)、 5:1 クロース (63.)、 6:1 トーニ (69.)、 6:2 ツー (70.)、 7:2 シュラウドラフ

イエローカード: / サン