presented by
Menu
1:1 南北対決

FCバイエルン、HSV戦勝利を逃す

勝ち点差を広げた、が21度目のドイツマイスターへの大きな一歩を踏めず- FCバイエルンはブンデスリーガ第21節、3位のハンブルガーSVと上位対決を行い、決定的なチャンスをものにできずに1:1(0:0)と引き分けた。勝ち点1ポイントを獲得し、2位の追走チームに勝ち点4ポイント差とした。

緊張感走る90分間のなかでイヴィカ・オリッチが60分、HSVに驚愕の先制点をもたらした。しかし6分後、ゼ・ロベルトが今シーズン4点目となる同点弾を6万9千人の観衆で完売になったアリアンツ・アレーナで決めた。このまま両チームとも譲らず1:1で引き分けた。マルク・ファン・ボンメルがロスタイムに警告2枚で退場となり、FCバイエルンは来週のFCシャルケ04戦をファン・ボンメル抜きで戦わざるをえなくなった。

リベリー、ベンチスタート

オットマール・ヒッツフェルト監督は予想通り、アバディーン戦のメンバーから数選手変更してきた。クリスティアン・レル、フィリップ・ラーム、ゼ・ロベルト、バスティアン・シュヴァインシュタイガーとミロスラフ・クローゼがスタメンに名を連ね、ウィリー・サニョール、マルセル・ヤンセン、アンドレアス・オットル、トニー・クロースと前節2得点のルーカス・ポドルスキーが控えに回った。ケガを完治させて3週間ぶりにメンバーに入ったフランク・リベリーはベンチスタートとなった。

FCバイエルンはUEFA杯16強進出そして土曜のブレーメンの試合結果により、自信と勢いをもって試合に入り、開始からすぐに相手ゴールを目指して猛攻を仕掛けた。しかし敵も怯むことなくこれに対抗し、ミュンヘンゴールを脅かしはしないものボール支配率で前半序盤ミュンヘンを上回った。

FCB、ゴールに嫌われる

ミュンヘンが堅固なディフェンスを敷くハンブルガー相手にこの試合初めてのチャンスを作ったのは11分だった:ペナルティーエリア付近から放ったゼ・ロベルトのシュートは僅かに枠を外れた。8分後、アルティントップのアウトフロントクロスをルカ・トーニがヘディングシュート、しかしボールはゴールを数センチかすめ、ゴールに嫌われた(18.)。

その後も試合は均衡が続き、両チームとも一歩も譲らない展開になった。これにより試合が停滞し、数少ないシュートシーンとなった。マルク・ファン・ボンメルは40分、ゴール手前14メートルからシュートを放ったが得点ならず。オリッチ(14.)とデ・ヨング(36.)のミドルシュートを除いて、HSVから危険なシュートはみられなかった。スコアレスで前半終了。

ゼ・ロベルト、同点弾

両チームとも選手の変更のないまま後半に突入し、HSVは後半最初からチャンスを演出する。パオロ・ゲレーロが49分、18メートル弾でカーンを脅かした。直後にはゼ・ロベルトがオリッチのクロスを防ぎ、この試合最大のピンチを救った(54.)。FCBはすぐに反撃を開始:ゼ・ロベルトの20メートル弾は僅かに外れる(55.)、クローゼの反転シュート(56.)そしてルシオのシュート(58.)もHSVGKのフランク・ロストが失点を許さなかった。

ルシオが2分後、自陣でボールを奪われ失点を招く原因となった。ヤロリームが奪ったボールをオリッチにラストパス、オリッチはゴール手前11メートルから難なく先制弾を決めて、1:0HSV。しかしHSVの歓喜は僅か6分間にとどまった。リベリーが交代でピッチに登場。フランス人はペナルティーエリア内でボールをゼ・ロベルトに下げ、このボールをブラジル人が押し込んで1:1の同点(66.)。

警告2枚でファン・ボンメル退場

同点ゴール後、勝敗の行方は混沌するなかで、FCBは勝ち越しゴールを目指した。ヒッツフェルトは終盤、ポドルスキーを投入。代表ストライカーはすぐにオフェンシブに勢いをもたらした。84分にリベリーとのコンビネーションでトーニにラストパス、しかしイタリア人はロストの前に得点ならず。慌ただしいロスタイムにファン・ボンメルが警告2枚で退場。この直後に試合終了のホイッスル、FCBは勝ち点を分け与えることになった。



FC バイエルン - ハンブルガーSV 1:1 (0:0)

FC バイエルン: カーン- ラーム、ルシオ、ファン・ボイテン、レル- アルティントップ、ファン・ボンメル、ゼ・ロベルト、シュヴァインシュタイガー(60. リベリー)- クローゼ(74. ポドルスキー)、トーニ

ベンチ: ドレーアー、ヤンセン、オットル、ソサ、クロース

ハンブルガーSV: ロスト- デメル、ラインハルト、マタイセン、ベンヤミン- デ・ヨング- ヤロリーム(82.ボアテング)、コンパ二、トロコフスキ、オリッチ(78. ラファエル・ファン・デル・ファールト)- ゲレーロ(86. ジダン)

主審: ルッツ・ヴァーグナー(ホーフハイム)

観衆: 69.000 (完売)

ゴール: 0:1 オリッチ (60.) 1:1 ゼ・ロベルト (66.)

イエローカード: レル / ヤロリーム、コンパニ、ゲレーロ、ボアテング

イエロー、レッドカード: ファン・ボンメル(90.)