presented by
Menu
1:2 敗戦を喫す

バイエルン、準々決勝進出決定

FCバイエルン、今シーズン初のホーム敗戦を喫す- ドイツレコードマイスターは12日、UEFA杯4回戦第2戦でRSCアンデルレヒトに1:2(1:2)と敗れた、だが第1戦の5:0の勝利で悠々と4月3、10日の準々決勝に駒を進めた。

バイエルンは6万3千人とほぼ完売となったアリアンツ・アレーナでルシオの得点で先制した(8.)、しかしその後続いた追加点のチャンスを活かすことができず。セルハト・アクン(20.)とアレクサンドゥル・ヤコヴェンコ(36.)がホームチームのミュンヘンのミスを逃さずに得点を挙げ、価値のある勝利を収めた。

新しく9選手がピッチへ

ヒッツフェルトがすでに予告していた通りに、大掛かりなローテーションが決行された。バイエルン監督は9選手をピッチに送り込み、前節のKSC戦勝利(2:0)に比べ、大幅な変更となった。ミロスラフ・クローゼとルシオのみ前節同様にこの一戦でもプレー。スタートには冬季新加入したブレーノが名を連ね、FCBで公式戦デビューを果たした。

バイエルンはスタートから猛攻を展開。ルーカス・ポドルスキーが開始63秒でクローゼの絶妙な縦パスからチャンスをえた、しかしシュートはボスト直撃。60秒後にはルシオのヘディングシュート。統一のとれたヒッツフェルトのチームからは大幅な変更は微塵も感じさせられなかった。ホセ・ソサのピンポイントFKクロスからのルシオの先制弾は理にかなったものとなった(8.)。

アクン、同点弾

その後も猛攻は続く。前半11分、ポドルスキーのシュートはRSCキーパー・ジートゥカに阻まれた。2分後には元ケルン選手がクローゼに鋭いスルーパスを通す、しかしクローゼは自らシュートを打つかわりに、ファン・ボンメルにラストパスを送ることを試みた。このパスはベルギーDFにカットされ、絶好機を活かせず。クローゼは16分、ソサのクロスからシュートを放つが僅かに枠を捕らえられなかった。

バイエルンの2点目は時間の問題かと思われた矢先に状況は一変する。チャンスのないところからベルギーが20分に同点弾を挙げることに成功。セルハト・アクトがミュンヘンDFのポジショニングのミスから、同点弾を蹴り込んだ。この失点により試合開始序盤15分のいい攻撃の流れが途切れることになった。

ヤコヴェンコ、逆転弾

アンデルレヒト、試合を振り出しに戻す- RSCはバイエルンの攻撃の手が緩んだことも利用し、攻め立てた。FCBは41分、ハーフタイム直前に失点後唯一の得点シーンが訪れた。しかしファン・ボンメルからクロースへのパスはジートゥカにクリアされた。

前半終盤はアンデルレヒトが試合のペースを握り、FCBは勝ち越しを許した。ラームがロングボールに対して足を滑らせ、アレクサンドゥル・ヤコヴェンコをフリーにさせてしまった。彼のシュートはミヒャエル・レンジングのニアサイドを抉り、2:1の勝ち越し弾となった。同選手は45分にもチャンスを掴む、しかし左45度からのシュートは枠を僅かに外れた。

リベリー、後半から出場

ヒッツフェルトは後半開始から前半温存させたフランク・リベリーを精彩のなかったクロースに代えて投入。すぐにフランス人は存在感を際立たせた。リベリーのパスから放ったクローゼのシュートはケガで交代したジートゥカに代わって出場したダヴィ・スホレンの前にゴールならず(47.)。数分してリベリーが個人技で突破するもの、RSCGKの壁を越えられない(49.)。反対サイドではレンジングがアクンのヘディングシュートを抜群の反応でセーブ(50.)。

この後は両チームとも得点チャンスは見られず。バイエルンはアンデルレヒトにプレッシャーをかけることを試みたが、この日のバイエルンのオフェンス陣には貫徹心が欠けていた。サイドからのクロスの精度もいまひとつとなった。交代出場のシュラウドラフ(81.)、ポドルスキー(85.)からの後半終盤のチャンス、そしてロスタイムのリベリーのチャンスも同点弾には届かなかった。この結果、バイエルンは公式戦37戦中シーズン2敗目を喫することになった。
.
FC バイエルン - RSCアンデルレヒト 1:2 (1:2)

FC バイエルン: レンジング- サニョール、ルシオ、ブレーノ、ラーム- ソサ、ファン・ボンメル、オットル(73.シュラウドラフ)、クロース(46.リベリー) - ポドルスキー、クローゼ(86.アルティントップ)

ベンチ: クラフト- レル、デミチェリス、ヤンセン

RSCアンデルレヒト: ジートゥカ(46. スホレン)- ジレ、デ・マン、ユーハス、デシャハト- ヤコヴェンコ(66.ブスファ)、サレ、ビグリア、ホール- ハッサン、アクン(90+1、ギルス)

主審: テリエ・ハウゲ(ノルウェー)

観衆: 63.000

ゴール: 1-0 ルシオ(8.)、1-1 アクン(20.)、1-2 ヤコヴェンコ 

イエローカード: /ユーハス、デシャハト