presented by
Menu
4:1 VfBシュトゥットガルト

バイエルン、シュトゥットガルトから王座奪還

FCバイエルン、現王者VfBシュトゥットガルトを撃破、21度目のマイスター獲得をほぼ確実にした- レコードマイスターは日曜、VfBと対戦し4:1と勝利して王座奪還、2位ヴェルダー・ブレーメンとシャルケ04に勝ち点差12とした。これによりオットマール・ヒッツフェルト監督率いるチームは残り4試合で勝ち点1を奪えばリーガ優勝が決まる。

6万9千人の観衆で完売になったアリアンツ・アレーナでルカ・トーニが前半8分、先制点をもたらした。アントニオ・ダ・シルバがゴール手前35メートルからFKを沈めて同点(19.)。オフェンシブ重視のシュトゥットガルトは60分までFCBに対抗、しかしバイエルンは後半、マルク・ファン・ボンメルと交代出場したフランク・リベリーの2得点により現王者を下した。

クローゼ、驚きのスタメン

試合前にすでに示唆したとおりヒッツフェルトは、VfB戦で大幅な入れ替えを行った。オリヴァー・カーン、フィリップ・ラーム、ルシオ、ゼ・ロベルト、フランク・リベリーそしてルーカス・ポドルスキーはスタメンから外れ、ベンチスタートまたはスタンド観戦となった。スタメンに名を連ねたのはミヒャエル・レンジング、クリスティアン・レル、ダニエル・ファン・ボイテン、ウィリー・サニョール、アンドレアス・オットルそしてルカ・トーニ、この一戦にゼニト・サンクトペテルブルク戦で鼻骨を粉砕骨折する負傷を負ったミロスラフ・クローゼがスタメン出場した。

試合開始から両チームは小細工なしの真っ向勝負となった。FCバイエルンは試合序盤、ホームの利を活かして、最初のチャンスで先制点を奪った。ファン・ボンメルの浮き球をVfBDFのデルピエールがクリアミス、トーニがこのミスを見逃さず、ボールを至近距離から押し込んで1:0(8.)。トーニはリーガ得点を21とした。

ファン・ボンメル、同点弾を許す

6分後にはデルピエールがクローゼの突破をファウルで止めて、警告を受けた。その直後のFKをシュヴァインシュタイガーがゴール手前22メートルから直接狙ったが、ボールは枠の上。VfBは1点のビハインドに対して、猛攻で応酬。ゴメスの前半16分のシュートをレンジングはパンチングで防いだ。

カーンの後継者でもあるレンジングは3分後、失点を許すことになる- ダ・シルバの35メートルFK弾がファン・ボンメルに当たってコースが急変、レンジングはこれに対応できず、1:1の同点となった(19.)。VfBはこの時間帯、試合の主導権を握り、立て続けにチャンスを作った。タスチのヘディングシュート(23.)、ヒルベルトのクロスはゴールバー直撃(33.)、カカウのゴール手前25メートルからのシュート(35.)とチャンスがあったがVfBは得点することができず。

ファン・ボンメル、勝ち越し弾

ミュンヘンは同点にされた後、今一度シュトゥットガルトゴールを襲いかかった、だがオットルのペナルティーエリア付近からの見応えのあるボレーシュートはシュトゥットガルトGKのシェーファーのファインセーブの前に得点ならず。FCバイエルンはボール支配率で相手を上回るが、VfBは大事な局面での対人プレーでは一歩も譲らなかった。ハイレベルの戦いで1:1とハーフタイム突入。

後半が開始した後も勝敗の行方は分からず、均衡が続いた。トーニが右45度の角度から後半最初のチャンスを作った。反対サイドではヒルベルトがゴール手前16メートルからシュートを放つが、ゴール上(52.)。3分後、FCバイエルンが再びリードを奪う- ファン・ボンメルが渾身の21メートルFK弾でシェーファーにセーブのチャンスを与えず、今シーズン2点目となるゴールを決めて2:1。

リベリー、今季初の1試合2得点

勝ち越し弾の直後にファン・ボンメルとサニョールが交代し、リベリーとゼ・ロベルトが途中出場。VfBは前半同様に失点後、反撃にでた。パルド(62.、63.)とバステュルク(63.)が距離のあるシュートを放つが、枠を僅かに外れるかレンジングにセーブされた。75分、リベリーがゴール手前25メートルから右足を振り抜き、ゴール隅に3:1となるシュートを決めた。

この日のリベリーはこれだけでは終わらない。60秒も経たぬ間にリベリーはデルピエールとオソリオをペナルティーエリア内で交わし、今度は左足で4:1となるシュートを決めた。この得点はシュトゥットガルトを意気消沈させるには十分だった。FCバイエルンは後半終盤、追加点を奪えるチャンスを得るが、交代出場したポドルスキーが2度、好機を逃した(84.、86.)。この勝利でFCバイエルンは21度目のマイスター獲得に王手をかけた。


FC バイエルン - VfB シュトゥットガルト 4:1 (1:1)

FC バイエルン: レンジング- レル、ファン・ボイテン、デミチェリス、ヤンセン- サニョール(58. ゼ・ロベルト)、ファン・ボンメル(57. リベリー)、オットル、シュヴァインシュタイガー- クローゼ(69. ポドルスキー)、トーニ

ベンチ: クラフト、ブレーノ、ソサ、クロース

VfB シュトゥットガルト: シェーファー- オソリオ、タスチ、デルピエール(78. ピショーン)、マニャン(37. ボカ)- ヒルベルト、パルド、バストゥルク、ダ・シルバ- カカウ、ゴメス(78. マリカ)

主審: フローリアン・マイヤー (ブルクドルフ)

観衆: 69.000 (完売)

ゴール: 1:0 トーニ (8.)、 1:1 ダ・シルバ (19.)、 2:1 ファン・ボンメル (55.)、 3:1 リベリー (75.)、 4:1 リベリー (76.)

イエローカード: リベリー、シュヴァインシュタイガー、ポドルスキー / デルピエール、オソリオ