presented by
Menu
1:1 ゼニト・サンクトペテルブルク戦

FCB、先制も勝ち逃す

FCバイエルン、準決勝第1戦先勝を逃す- ブンデスリーガ首位のFCバイエルンはゼニト・サンクトペテルブルクと対戦し、90分の激戦の末、1:1(1:0)と引き分けに終わった。これにより決勝進出には準々決勝ヘタフェ戦同様、ロシアでも最低1ゴールが必要となる。

ミュンヘンは6万6千人と完売になったアリアンツ・アレーナで特に前半、際立つプレーを魅せ、フランク・リベリーの得点により先制した。ハーフタイム後、ロシアマイスターは試合を均衡させ、ルシオのオウンゴール(60.)により同点に追いついた。

ポドルスキー、スタメン出場

ヒッツフェルトはドイツカップ戦優勝5日後、累積で出場停止のルカ・トーニの代わりに予想通りルーカス・ポドルスキーを起用、左SBにはマルセル・ヤンセンが入り、フィリップ・ラームが右サイドへと移動した。クリスティアン・レルはベンチスタートとなった。

バイエルンはスタートからエンジン全開、開始61秒でファーストチャンスを作りだした。マルセル・ヤンセンのクロスをポドルスキーがヘディングで後方にそらし、バスティアン・シュヴァインシュタイガーがゴール手前13メートルからフリーでシュートを放つ、しかしボールの芯を捕らえることができず。

リベリー先制弾

カップ戦王者のバイエルンは高速テンポのサッカーと流れるようなコンビネーションでロシアチームを圧倒。リベリーは特に前半、何度も好機を作りだし、相手にとっては止められない脅威の存在だった。フランス人はP.Kを止められたが、こぼれ球を押し込んでバイエルンに先制をもたらした。フェルナンド・リックセンがゼ・ロベルトに対し、ペナルティーエリア内でファウルを犯してP.Kとなっていた。

先制後もバイエルンは大胆に前線へとプレーし、追加点を奪うチャンスが続いた。そのなかでもベストチャンスをゼ・ロベルトが27分に外してしまう- クローゼからのラストパスにフリーでゼ・ロベルトがゼニトGKヴィアチェスラフ・マラフェエフ前に現れ、角度のないところからシュート放つが得点にならず。マルティン・デミチェリスのヘディングシュート(23.)、ルシオの23メートルミドル弾(30.)、ペナルティーエリアの角からのシュヴァインシュタイガーのシュート(43.)、いずれもゼニト・サンクトペテルブルクGKの前に得点を奪うことができなかった。

集中したディフェンス

ヒッツフェルトイレブンは前線へのプレーだけではなく、ルシオとデミチェリスを中心に安定したディフェンスをみせた。前半23分、コンスタンティン・ジリアノフがバイエルンのペナルティーエリア内に侵入し、左45度からシュートを放った。ここまで出番のなかったオリヴァー・カーンだが、確実に処理してみせた。ロスタイムにはヤンセンがイヴィチャ・クリザナツのヘディングシュートをゴール手前2メートルでクリアするという危険な場面もあった。

後半もFCバイエルンの得点チャンスからスタートした。サイドに流れたクローゼがリベリーにボールを折り返すが、リベリーはボールを捕らえることができず(48.)。すぐにシュヴァインシュタイガーが続けてシュートを放つがマラフェエフの前に得点にならない。反対サイドではヴィクトル・ファイズリンがゴール手前18メートルからシュート、このシュートはゴールを1メートル外した。このシーンでカーンは右太ももを負傷し、67分にミヒャエル・レンジングと交代した。

ルシオ、オウンゴール

すでにこの時間帯、スコアは1:1と同点になっていた。ルシオが後半60分、左からのクロスをヘディングでオウンゴールしてしまった。同点ゴールの一分前にはポドルスキーが2:0とするチャンスを得たが、彼のシュートはロマン・シロコフにブロックされた。バイエルンは60秒間に2度ツキから見放されてしまった。

バイエルンは試合終盤、もう一度全力で勝ち越し弾を狙った。79分、ルシオの18メートル弾をマラフェエフがまたもやセーブ。この後、ロシアのチームに2度、絶好機が続いた。83分にはバイエルンのペナルティーエリア内で混戦からボールがゴールへと転がるところを間一髪でゼ・ロベルトがクリア。89分、アルシャヴィンのシュートは右ポストを数センチ外れた。

ポドルスキーはロスタイムにもゴール手前8メートルからシュートを放つが、チャンスを活かすことができなかった。ルシオが角度のないところからシュートを放つもの、マラフェエフの抜群のセーブの前に勝ち越し弾を奪えず。彼の活躍の前に、FCBは最後までゴールを割ることができず。


FC バイエルン - ゼニト・サンクトペテルブルク 1:1 (1:0)

FC バイエルン: カーン(67. レンジング)- ラーム(80. クロース)、ルシオ、デミチェリス、ヤンセン- シュヴァインシュタイガー(66. レル)、ファン・ボンメル、ゼ・ロベルト、リベリー- クローゼ、ポドルスキー

ベンチ: ファン・ボイテン、オットル、シュラウドラフ、ソサ

ゼニト・サンクトペテルブルク: マラフェエフ- リックセン、シロコフ、クリザナツ、シルル- デニソフ、ファイズリン、ティモシチュク、ジリアノフ- ポグレブニャク、アルシャヴィン

主審: ミヘル (スロバキア)

観衆: 69.000 (完売)

ゴール: 1:0 リベリー (18.)、1:1 ルシオ (オウンゴール、60.)

イエローカード: - / リックセン、ファイズリン、シルル、アルシャヴィン