presented by
Menu
サンクトペテルブルクで敗退

バイエルン、UEFAカップ決勝進出を逃す

FCバイエルン、3冠の夢散る- ドイツレコードマイスターは木曜夜、UEFAカップ準決勝第2戦ゼニト・サンクトペテルブルク戦で0:4(0:2)と完敗し、2001年以来のヨーロッパカップ決勝進出を逃した。

ペトロフスキ・シュタディオンの2万1.735人の観衆の前でバイエルンは前半、2点のビハインドを許した。パーヴェル・ポグレブニャクのFKでゼニトは試合開始4分に先制、ハーフタイム前の前半39分にはコンスタンティン・ジリアノフが華麗な個人技から追加点を奪い2:0。ヴィクトル・ファイズリン(54.)とポグレブニャク(73.)が後半に得点を重ね、ゼニトのマンチェスター行きを決めた。

トーニ、スタメン復帰

オットマール・ヒッツフェルトはこの一戦、予想通りのベスト布陣をピッチに送り、彼らに決勝進出の望みを託した。ミュンヘンでの第1戦で出場停止となっていたルカ・トーニがスタメン復帰し、ルーカス・ポドルスキーはベンチスタートとなった。左SBにはヒッツフェルトから「前線への勢いと後方の安定感」を買われてマルセル・ヤンセンがスタメン出場。これによりフィリップ・ラームは右サイドでプレー。

敵将ディック・アドフォカートは1:1と引き分けたアリアンツ・アレーナの第1戦とは逆に、主力3人を欠いた。MFスターのアンドレイ・アルシャヴィンが欠場。彼のポジションにアルゼンチン人のアレハンドロ・ドミンゲスが入った。アレクサンドゥル・アニュコフとアレクサンドゥル・ゴルシコフがスタンド観戦となったリックセンとシルルの代わりにフォーバックの両サイドバックとして出場した。

シロコフ、ライン上でクリア

バイエルンは試合開始から勢いのある攻撃で、90秒後に先制のチャンスを掴んだ- ミロスラフ・クローゼが角度のないところからボレーでボールを叩き込んだ、しかしロマン・シロコフがこれをライン上でクリア。先制弾はロシアチームから生まれた。前半4分、パーヴェル・ポグレブニャクが22メートルのFKを沈めて1:0。バイエルンの壁をすり抜けたゼニトのストライカーのシュートに、オリヴァー・カーンは一歩も動けず。

ビハインドを許したFCバイエルンだが、すぐに主導権を握り返した。ボールは時間帯によって、MF内では流れるように回った。しかしゼ・ロベルトのペナルティーエリア付近のシュート(8.)とフランク・リベリーの同じような位置からのシュート(19.)を除いて、バイエルンはなかなかシュートで終わることができなかった。同点の最大のチャンスとなったのはトーニの至近距離からヘディングシュート、ボールはゴール上。

ジリアノフ、追加点を奪う

この時間帯、ゲームは均衡- 前半21分、アレクサンドゥル・アニュコフの右45度からのシュートを抜群の反応をみせたカーンが阻止し、こぼれ球をルシオがクリア。しかし同じような場所から追加点がうまれる。コンスタンティン・ジリアノフがペナルティーエリア付近で、パスを受ける際にフェイントでゼ・ロベルトを交わしてペナルティーエリア内に侵入し、2:0となる追加点を奪った(39.)。ゼニトの2:0で前半終了。

バイエルンは後半開始、ルーカス・ポドルスキーとクリスティアン・レルをゼ・ロベルトとヤンセンに代えてピッチに投入。ヒッツフェルトイレブンは断固たる決意で圧力をかけ、トーニが一点差と同点に追いつくチャンスを演出。しかしイタリア人はポドルスキーの絶妙なパスを見事なセーブをみせたヴィアチェスラフ・マラフェエフの前に決めることができず。前半53分、バスティアン・シュヴァインシュタイガーの豪快な20メートル弾もゼニトGKの前に阻まれた。

ポグレブニャク、1試合2得点

バイエルンは、カウンターの危険も顧みず前掛かりになる- 3点目がうまれる。右サイドのクロスからヴィクトル・ファイズリンがフリーでヘディングシュートを決めて3:0(54.)。バイエルンの決勝進出には3得点が必要となった。

ヒッツフェルトはクローゼに代えてソサを最後の切り札として投入。後半61、70分、ポドルスキーに好機が訪れた。しかしいずれも最後の決定力に欠け、試合を振り出しに戻すことはできなかった。ポグレブニャクが後半73分、この試合2点目を決めて、ロシアマイスターの決勝進出に対しての疑いを一蹴した。バイエルンはヨーロッパカップ17年ぶりとなる最多失点での敗北となった。


ゼニト・サンクトペテルブルク - FCバイエルン 4:0 (2:0)

ゼニト・サンクトペテルブルク: マラフェエフ- アニュコフ、クリザナツ、シロコフ、ゴルシコフ- ジリアノフ、ティモシチュク、デニソフ(90. イオノフ)- ドミンゲス(89. 李浩)、ポグレブニャク、ファイズリン

FC バイエルン: カーン- ラーム、ルシオ、デミチェリス、ヤンセン(46. レル)- シュヴァインシュタイガー、ファン・ボンメル、ゼ・ロベルト(46. ポドルスキー)、リベリー- クローゼ(62. ソサ)、トーニ

ベンチ: レンジング、ファン・ボイテン、オットル、クロース

主審: トム・ヘニンク・エブレベ (ノルウェー)

観衆: 21.000 (完売)

ゴール: 1:0 ポグレブニャク(4.)、 2:0 ジリアノフ(39.)、3:0 ファイズリン(54.)、4:0 ポグレブニャク(73.)

イエローカード: ポグレブニャク/ トーニ、レル