presented by
Menu
11:1 ナッブルク戦

FCB、大量得点で「ドリームゲーム」を制す

バイエルンGMウリ・ヘーネスが2月上旬、ヴェルダー・ブレーメン戦でファンクラブ・ナッブルクが今年のドリームゲームを獲得したとシュタディオンで公にした。オーバープファルツ地方の歓喜は果てしないものとなったに違いない。

遂にこの日がやってきた。1万4千人の観衆がFCバイエルンをライブで観るために補助スタンドが特設されたアンベルガー・シュタディオンにやってきた。ユルゲン・クリンスマン率いるチームはベツリクスリーガ(7部)、ランデスリーガ(6部)およびオーバーリーガ(5部)の選手を含むファンクラブ選抜に11:1(5:1)と圧勝、プレシーズンのテストマッチ3試合目にして初の2ケタのスコア勝利となった。

レル、大量得点の口火を切る

クリスティアン・レルが開始5分、大量得点の口火を切った。デニス・イルマスが10分に追加点を奪って2:0。その後、バイエルンは好機を活かせず、逆に26分には35歳のアレクサンダー・ゲーツに失点を喫し、1点差とされた。しかしこの得点がナッブルクの唯一の得点となった。ナッブルクは20選手以上がこの一戦に出場した。

マルク・ファン・ボンメル(38.)、マルティン・デミチェリス(42.)と練習生ジョセフ・エングウェニャ(43.)らがハーフタイムまでに得点を奪い、5:1とした。ランデスリーガ所属のナッブルクGKシュテファン・ヴィデラーが再三に渡り好セーブをみせ、FCBの追加点を阻んだ。

ハットトリックのクロース

ハームタイム後にもゴールラッシュが続いた- FCバイエルンのユーロ戦士ハミト・アルティントップ(8:1、62.)とルーカス・ポドルスキー(11:1、86.)が大量得点に絡んだ。もう一人のユーロ戦士バスティアン・シュヴァインシュタイガーは60分、PKをナッブルクGKに阻まれ、得点チャンスを逃した。しかし1万4千人のファンの熱狂が冷めることはなかった、スタンドから再三に渡って「シュヴァイニー」、「ポルディー」と声援が聞こえてきた。

クリンスマンが5選手を代えて臨んだ後半、トニー・クロースが後半最初の2得点を決めた。18歳MFは52、58分に立て続けに得点を決めて7:1、68分には9:1となる得点でハットトリックを達成した。これによりクロースはこの日の午後のNo1ゴールゲッターとなった。デミチェリスが10:1となる追加点、そして終了4分前にドリームゲームを締めくくったのはポドルスキーだった。


ファンクラブ・ナッブルク - FC バイエルン (1:5) 1:11

FC バイエルン: レンジング (46.クラフト)- ルシオ、ファン・ボイテン、デミチェリス- サニョール(46.アルティントップ)、ファン・ボンメル(46.シュヴァインシュタイガー)、オットル、レル(46.エキシィ)- イルマス(46.ポドルスキー)、エングウェニャ、クロース

観衆: 14.000

ゴール: 0:1 レル (5.)、 0:2 イルマス (15.)、 1:2 ゲーツ (26.)、 1:3 ファン・ボンメル (38.)、 1:4 デミチェリス (42.)、 1:5 エングウェニャ(43.)、1:6 クロース(52.)、 1:7 クロース(58.)、 1:8 アルティントップ (62.)、 1:9 クロース (68.)、 1:10 デミチェリス (78.)、 1:11 ポドルスキー (86.)