presented by
Menu
2:5 ブレーメン戦

FCバイエルン、今季初黒星

オクトーバーフェスト開幕と同時にFCバイエルンの連勝街道途切れる- 今季連覇を狙うFCバイエルンが第5節、昨季準Vのヴェルダー・ブレーメンに2:5(0:2)と敗れた、アリアンツ・アレーナで最多失点の敗北を喫した。

バイエルンは6万9千人の観衆の前でスタートからバイエルンサッカーができず。ここまで今シーズン1勝のブレーメンはカウンター攻撃をしかけ、この日の午後、冷静に得点を決めた。マークス・ローゼンベリ(30./67.)、ナルド(45.)、メズート・エツィル(54.)、クラウディオ・ピサロ(59.)がヴェルダーに得点をもたらし、FCバイエルンは交代出場のティム・ボロフスキー(71./85.)の2点にとどまった。

先発出場ポドルスキー

南北対決でバイエルンはブカレストで負傷を負った元ブレーメン選手ミロスラフ・クローゼを起用できず。彼の代わりにルーカス・ポドルスキーがスタメン出場。クリンスマンはそのほかのメンバーは水曜の欧州チャンピオンズリーグ(CL)開幕戦で1:0と勝利を飾ったメンバーを信頼した。太もも痛でフランク・リベリーの復帰は持ち越しとなった。ハミト・アルティントップとウィリー・サニョールはケガのために欠場。

ブカレストでの勝利から3日後、バイエルンはリズムをつかめず、バイエルンサッカーを展開できずにいた。クリンスマンは早い時間帯からコーチングゾーンにでて、選手たちに早いテンポのゲームを指示。ペナルティーエリア付近でシュヴァインシュタイガーのシュートが相手に当たり、コースが変わったボールをルカ・トーニがファーストシュート、だが大きく枠を外れた(7.)。

ブレーメン先制

ブレーメンは自陣でコンパクトな守備をみせ、バイエルン陣内で早めにバイエルン選手をチェックした。前線ではローゼンベリと元バイエルンのクラウディオ・ピサロがカウンターを狙っていた。前半18分、ピサロのループシュートがポストをたたいた。これを機にブレーメンはより前線へと果敢にプレー。前半30分に先制点がうまれる- エツィルがローゼンベリにスルーパスを送り、スウェーデン人はミヒャエル・レンジングの前にフリーで抜け出て冷静に決めて1:0。

これがバイエルンを目覚めさせる失点となり、ようやくより圧力をかけることになった。ナルドが前半32分、体を投げ出してトーニをストップ、60秒以内にポドルスキーが同点のチャンスをえた。ルシオからのパスをゴール前11メートルからブレーメンゴール上に大きく外した。前半39分、ファン・ボンメルのクロスの後からトーニがヘディングシュート、しかし力がないものとなった。

ハーフタイム前に2失点目

観衆がハーフタイムと思った瞬間に追加点がブレーメンにうまれた。エツィルのゴール前からのFKをレンジングはなんとかセーブ、だがこぼれ球がナルドの足元へ。ブラジル人はこのボールを至近距離から難なく押し込んで2:0(45.)。

クリンスマンは敗戦の危機を察し、後半開始と同時にすぐにマッシモ・オッドと元ブレーメン選手ティム・ボロフスキーをファン・ボイテンとレルに代えて投入。バイエルンは圧力をかけ、48分と51分に2度に渡って1点差に追いつくチャンスをえた。しかしメルテザッカーが両チャンスともトーニがシュート体勢に入る前に阻止。

FCバイエルン、2点奪い返す

ミュンヘンが押し込んでいたときにエツィルがゴール前16メートルから左足でゴール隅に決めた(54.)。しかしこれでブレーメンの攻撃は終わらない。5分後、エツィルのドリームゴール後からピサロが4:0となる追加点、ピサロはゴールエリア内で混戦からレンジングの前で足を伸ばしてボールを押し込んだ。さらに後半21分、ローゼンベリがレンジングの前でボールを流し込み、この日2得点目を決めて5:0。

交代出場のボロフスキーのお陰で大敗をいくらか免れることができた。オッドのバックパスから後半25分にミドルシュートを決めて1:5、5分後にはこの日2点目を奪って2:5とした。バイエルンユニホームに袖を通して初の2得点となった。


FCバイエルン - ヴェルダー・ブレーメン 2:5 (0:2)

FCバイエルン: レンジング- ルシオ、デミチェリス、ファン・ボイテン(46.オッド)- レル(46.ボロフスキー)、シュヴァインシュタイガー、ファン・ボンメル、ゼ・ロベルト(67. ソサ)、ラーム- トーニ、ポドルスキー
ベンチ: ブット、ブレーノ、クロース、オットル

ヴェルダー・ブレーメン: ヴィーゼ、プレドゥル、メルテザッカー、ナルド、ベニッシュ- エツィル(77. ニーマイヤー)、ディエゴ、バウマン(46. フント)、ヴラニェシュ、ローゼンベリ(70. サノゴ)、ピサロ

主審: トーステン・キンヘファー(ヘルネ)

観衆: 69.000 (完売)

ゴール: 0:1 ローゼンベリ (30.)、 0:2 ナルド (45.)、0:3 エツィル (54.)、0:4 ピサロ (59.)、0:5 ローゼンベリ (67.)、1:5 ボロフスキー (71.)、2:5 ボロフスキー (85.)

イエローカード: デミチェリス / バウマン