presented by
Menu
DFBカップ2回戦2:0

FCバイエルン、堂々の16強進出

連覇を狙うFCバイエルン、DFBカップ2回戦勝利で16強進出- レコード覇者は水曜夜、1.FCニュルンベルクと対戦し、2:0(1:0)と勝利を飾った。

アリアンツ・アレーナの6万5千人の観衆の前で納得のいく内容でFCバイエルンが勝利。ミロスラフ・クローゼ(7.)とティム・ボロフスキー(68.)がミュンヘンに得点をもたらした。2部リーガ相手に試合を制していたFCバイエルンは大差をつけて勝つことができていた。4日前のブレーメン戦の敗北を完勝で取り返した。

リベリー、ベンチスタート

ユルゲン・クリンスマンがニュルンベルク戦で今季初のローテーションを敢行した。ダニエル・ファン・ボイテン、クリスティアン・レル、マルク・ファン・ボンメルとルーカス・ポドルスキーがベンチスタート、マッシモ・オッド、アンドレアス・オットル、ボロフスキーと負傷が癒えたクローゼがスタートから出場。オッドとボロフスキーにとってFCバイエルンでは初のスタメン出場となった。3ヶ月の戦線離脱からフランク・リベリーが今季初めてメンバー入りした。選手だけではなく、戦術的にも変更があった:3-5-2から4-4-2のフォーバックとなった。

ゴール左上隅に先制弾

敵に始めから圧力をかける- この指示とともにクリンスマンはチームをピッチへ送りだした:チームはすぐにこれを実践し、前半7分に早くも先制弾がうまれた。オッドのクロスをクローゼが胸でコントロールして、右45度の角度から左上隅に蹴り込んで1:0。

2分後、クローゼは2点目を奪うことができていた。この最大のピンチをGKラファエル・シェーファーが救った(9.)。1.FCニュルンベルクGKはシュヴァインシュタイガー(25.)のシュートを指先で止めてバイエルンに追加点を許さなかった。

バイエルンはリードを奪った後も圧力をかけ続けた、テンポのある攻撃で前線へと攻めた、シュートの際には正確性またはいくらかのツキが欠けていた- ルカ・トーニがボールに飛び込んだシーン(19.)、最後の最後にブロックされたシーン(28.)などチャンスが続いた。マルティン・デミチェリスのヘディングも正確性に欠けていた(45.)。

ニュルンベルクは前半、守備に追われた。しかしそのなかでも敗戦の危機を免れようとしていた。ダニエル・ギガクス(7.)がカーブをかけてゴールを狙う、もう少しでゴール右隅に吸い込まれていた、マレク・ミンタール(41.)はハビエル・ビノラからのパスをうけることができずにシュートまで至らず、ニュルンベルクの怖さを随所でみせた。しかしながらFCバイエルンの1点リードで前半を折り返した。

リベリーカムバック

交代のないままバイエルンは後半に突入し、すぐに主導権を握った。シュヴァインシュタイガーは後半4分、絶好機を外して2:0の追加点のチャンスを逃した。ボロフスキー(58.、64.、67.)とトーニ(63.)にも運が味方しなかった。全体的にニュルンベルクがハーフコートまで押し上げ、もう少しのところで同点を決めていた。ミンタールがギガクスのクロスを足を伸ばして押し込んだ- レンジングが抜群の反応でこれをセーブ(64.)。

ここでリベリー登場。6万5千人の多くの拍手のもとでフランス人が65分、精彩を放ったクローゼに代わって出場- そのすぐあとにボールはゴールネットに転がった。オットルがトーニとのワンツー後にボールを中央へ、ボロフスキーはこのボールを無人のゴールへ押し込んだ- 2:0(68.)。

その後、FCバイエルンがいくらかペースを緩めたことによりニュルンベルクが1点差にしようと反撃。アンゲロス・ハリステアス(73.)のヘディングシュートはゴールの横に外れた、ジャウハル・ムナリ(79.)がミドルシュート、これにミヒャエル・レンジングが鋭い反応でセーブ。バイエルンはそのほかのチャンスを与えることはなかった。交代出場のソサがロスタイムにもう一度チャンスを逃して、マニュエル・グレーフェが試合終了のホイッスルでバイエルンの16強進出が決まった。


FCバイエルン - 1. FC ニュルンベルク 2:0 (1:0)

FCバイエルン: レンジング- オッド、ルシオ、デミチェリス、ラーム- シュヴァインシュタイガー(73. ソサ)、オットル、ゼ・ロベルト、ボロフスキー- トーニ(80. ポドルスキー)、クローゼ(65. リベリー)
ベンチ: ブット、ファン・ボイテン、レル、ファン・ボンメル

1.FCニュルンベルク: シェーファー- ユート、スピラノヴィッチ、ゴンサルヴェス、ピノラ- ギガクス(78.ブレスカ)、ムナリ、ペルヒトホルト(46. エンゲルハルト)、マスマニディス(68. アイクラー)- ミンタール、ハリステアス

主審: グレーフェ(ベルリン)

観衆: 65.000

ゴール: 1:0 クローゼ (7.)、2:0 ボロフスキー (68.)

イエローカード: - / ペルヒトホルト、ピノラ