presented by
Menu
3:0 バンベルク戦

バイエルン、雪上戦に勝利

FCバイエルンは公式戦初戦を10日後に控え、徐々に調子をあげていく。主力のマルク・ファン・ボンメルおよびフランク・リベリー、インフルエンザのホセ・ソサとルシオ、別メニュー調整のルーカス・ポドルスキーそして足首を負傷しているトニー・クロースらが欠場するなか、レコードマイスターがレギオナルリーガの1.FCアイントラハト・バンベルクを3:0(2:0)で下し、後期スタートを前に3戦3勝目を飾った。

ティム・ボロフスキー(27.)、フィリップ・ラーム(35.)、ミロスラフ・クローゼ(54.)らがヴァイスマインのヴァルトシュタディオンの1万5千人の観衆の前でユルゲン・クリンスマン率いるチームにゴールをもたらした。1月27日のDFBカップ3回戦VfBシュトゥットガルト戦に備えて、カイザースラウテルン(月曜)とマインツ(木曜)を相手に2試合のテストマッチが行われる。

オーバーフランケンで降雪

ヴァイスマインでの一戦が30分遅れてスタート。オーバーフランケンでの降雪によりレコードマイスターのチームバスがスタジアムに向かう際に渋滞にあった。そのなか試合開始からミュンヘン選手は積雪したピッチ上でうまくコンビネーションプレーができないなかでも相手を圧倒するチームだった。