presented by
Menu
大量得点

カウフボイレンで実力通りの圧勝

08/09シーズンラストに4試合のフレンドリーマッチの一試合目が、雨天のなかで行われた。稲妻、雷、突風および洪水のような雨が降った後、レコードマイスターは火曜夜、8千人の観衆を多くのゴールで魅了した。60年代にFCバイエルンへと移籍したフランツ・ロートが在籍していたSpVggカウフボイレンと対戦し、レコードマイスターは11:0(7:0)と力の差をみせた。

FCバイエルンはチームブスで雨天のなか、アルゴイに到着。キックオフ一時間前にはパークスタジアムに滝のような雨が降り、試合中止のアドバイスもでていた。当地の首脳陣は、FCバイエルンと話合った結果、ゲームを20分遅れで行うことを決めた。

ボロフスキー4得点、クローゼ3得点

これが賢明な決断となった。試合開始と同時に、雨が弱まった。水たまりのある芝生の上で、本来のサッカーをすることは難しかった、しかし、バイエルンがそれに屈することはなかった。トーマス・ミュラー(5.、23.)、ミロスラフ・クローゼ(11.)、ホセ・ソサ(31.)とティム・ボロフスキー(34.、36.、38.)らが得点を決め、前半を7:0で折り返した。