presented by
Menu
4:1 ミラン戦

FCバイエルン、Audi Cup決勝進出

FCバイエルン、Audi Cup決勝進出 - ドイツレコードマイスターは水曜夜、準決勝でACミランと対戦し、4:1と勝利。FCバイエルンは木曜日(20時45分)にボカ・ジュニオールを2:1と下したマンチェスター・ユナイテッドとFCBパートナーAUDIの創立100周年記念として開催されたワールドカップトーナメントのタイトルを懸けて戦うことになる。

アリアンツ・アレーナの6万1千人の観衆がハーフタイム前から、盛大な拍手で決勝進出だけではなく、ルイス・ファン・ハールのホームデビュー戦および日曜日のDFBカップの公式戦初戦を4日後に控えて、期待させるバイエルンのパフォーマンスに歓喜を挙げた。トーマス・ミュラー(12.、90.)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(79.)とアマチュアのセネ・サエ(89.)らがFCバイエルンに得点をもたらした。ミランサイドはアンドレアス・ピルロの1得点に終わった。

ネッカーエルツでのカップ戦を4日後に控え、ルイス・ファン・ハールのスタンティーングメンバーには特別な意味があった。この一戦でもフランク・リベリー、ルカ・トーニおよびイヴィチャ・オリッチを起用することができなかった同オランダ人監督は、ケルンでテストマッチを行ったときのイレブンをこの日も信頼することになった: ホルガー・バドシュトゥバーが再びダニエル・ファン・ボイテンの横でプレー、マルク・ファン・ボンメルがボランチに入り、右ハーフにはハミト・アルティントップが出場。ミュラーが病気で不在のミロスラフ・クローゼに代わり、FWへ。そして、彼のポジションにはホセ・ソサが入った。

ミランはロナウジーニョとパトの2トップ、アンドレア・ピルロがゲームメイクを行った。元バイエルンのマッシモ・オッド、ジェンナーロ・ガットゥーゾおよびフィリッポ・インザーギはベンチスタートとなった。そこから彼らはホームチームの激しい立ち上がりを体験することになる、FCバイエルンは試合開始からイタリア人に一秒たりとも一息つかせる間を与えなかった。

テンポ、重圧そしてプレッシング

バイエルンはテンポよくボールを自陣で回し、重圧とともに前線へ、そしてタイミングのいいプレスで「ロッソ・ネリ」から再三に渡りボールを奪取。ゴメス(5.)、アルティントップ(8.)とソサ(10.)らが始めのチャンスを作りだした。アルティントップとソサの素晴らしいコンビネーションからミュラーがゴール手前から押しこんで1:0(12.)。