presented by
Menu
アルティントップとトーニが得点

FCB混合チーム、U20オランダ代表に勝利

選手、観衆および監督も満足だった。ルイス・ファン・ハールは、「ゲームはトレーニングよりも常にいいものだ。出場機会の少なかった選手にとってはいいゲームとなった」と金曜午後にU20オランダ代表とテストマッチが行われた一戦で2:0と勝利した後にコメント。ハミト・アルティントップがPKで先制弾(58.)、そしてルカ・トーニ(85.)が決勝弾をレコードマイスターにもたらした。

数多くの代表選手を欠いたファン・ハールは、プロとアマの混合チームをピッチに送ることになった。プロ7選手およびサテライト4選手がFCバイエルンのスタメンを形成。後半には、U19のクリストフ・クナスミュルナーが途中出場することになった。

リースのシュートはゴールバー直撃

ロベルト・エンケに黙とうを捧げた後、ゼーベナー・シュトラーセの500人の観衆の前でゲームが始まった。バイエルンはすぐに主導権を握り、いくつかの得点機を作りだした。ベストチャンスをブレーノ(16.)とクリスティアン・レル(36.)が活かせずにいた、シュテファン・リースのループはゴールバーに当たることになった(31.)。

オランダ人はまずはディフェンスに重点を置くことになった、しかしいくつかの速攻時には彼らの能力を示すことになった。いくつかの遠目からのシュートがミヒャエル・レンジングに問題を与えることはなかった。ハーフタイム直前に、同FCBGKにとって危険となった: ラース・フッテン(43.)とアレクサンダー・ブットナー(45.)がペナルティーエリア内でシュート、しかしシュートは枠を超えることになった。

トーニゴール認められず

後半始めにミュンヘンは圧力をかけ、先制弾を決めるチャンスがあった。しかし、トーニ(47.)とアルティントップ(53.)らはオランダGKエロイ・ルームの前に得点ならず、トーニのゴールはハンドのために認められなかった(52.)。ペナルティーエリア内でケヴィン・ファン・ディルメンがトーニを倒したファウルがミュンヘンを勝者の道へと導くことになった(58.)。アルティントップが同PKを確実に決めて1:0。

アルティントップ(69.)とトーニ(70.)はもう少しのところで追加点をあげることができていた。その後、バイエルンの攻撃の勢いは弱まり、敵はよりオフェンシブになり、レンジングが能力を発揮することになった。同GKは3度(71.、74.、77.) に渡り、同点のピンチからミュンヘンを救うことになった、そして一度はブレーノがゴールライン上でボールをクリアすることになった(81.)。

週末はフリー

トーニは後半40分、相手選手をペナルティーエリア内で振り切り、2:0の決勝弾を決めることになった。ファン・ハールは、「われわれはいい相手とゲームができた」とフリーとなる週末を前に、オランダユースとの一戦に満足していた。

FCバイエルン: レンジング-レル、シュッツ、ブレーノ、ローラッカー(46.ハース)- アルティントップ(75.クナスミュルナー)、リース、オットル、シコルシキー(46.セネ)-バウムヨハン -トーニ

ゴール: 1:0 アルティントップ (58.、PK)、 2:0 トーニ (85.)