presented by
Menu
11:1ショーゲーム

ウィンタースターズ戦楽しむ

FCバイエルンが日曜、フィットネス・ファースト・ウィンタースターズと対戦したときには楽しみが先行。28.000人の観衆が多くのゴールをみることになった。20分ハーフ後の11:1の結果はとくに重要ではなかった。

ルイス・ファン・ハールはスーパーカップを獲得してからおよそ21時間後、前日のアウグスブルクでスタメン出場しなかった選手たちを起用した。フランク・リベリーが鼠径部の手術後にシーズンデビューを飾り、FCバイエルン復帰組トニー・クロースとエドソン・ブラーフハイトおよびW杯出場選手マルク・ファン・ボンメル、マリオ・ゴメスとヨルク・ブットらがこの試合でピッチに立った。

29人のウィンタースターズvs. 11人のバイエルン

前半5分、クロースのシュートがポストに直撃した後、ゴメスが前半11分に大量得点の口火をきった。同ストライカーは4得点を奪い、FCバイエルンで最も得点を奪った選手。彼の後にホセ・ソサ(3)、リベリー(2)とクロース(2)が得点を決めた。チジュがロスタイム、勇敢に戦ったウィンタースターズに一矢を報いる得点をもたらした。

元リュージュ選手ゲオルク・ハッケルがウィンタースターズの主将を務めた。スキーエースのフェリックス・ノイロイター、リュージュ五輪金メダリストフェリックス・ロホと元ワールドクラス級スキージャンパーのイェンス・ヴァイスフロークらがウィリー・ボグナー率いるチームのなかでプレー。このほかに彼らは元FCバイエルン選手ローター・マテウス、ハンス・プリューグラーおよびハラルト・チェルニーらを加えて補強した。この試合の売上はミュンヘンのオリンピック招致に使用されることになる。