presented by
Menu
スーパーカップ

ミュラーとクローゼ、今季初タイトル獲得

今季最初のタイトルを獲得。FCバイエルンはアウグスブルクのインプルス・アレーナの30.662人の観衆の前でシャルケ04に2:0と勝利して、スーパーカップを手にした。トーマス・ミュラー(75.)とミロスラフ・クローゼ(81.)がドイツレコードマイスターにゴールをもたらした。バイエルンはよいパフォーマンスをみせ、昨シーズンの魅力的なサッカーに匹敵するプレーを披露した。

ゲーム主将を任されたフィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ミュラー、クローゼとホルガー・バドシュトゥバーらドイツ代表W杯メンバー5人がスターティングメンバーに名を連ねた。ここにアルゼンチンのマルティン・デミチェリスが入り、南アフリカW杯出場選手が6人となった。このほかにスタートからイヴィチャ・オリッチ、ハミト・アルティントップ、ダニエル・プラニッチとディエゴ・コンテントが出場。GKには公式戦初出場のトーマス・ミュラーが入った。ヨルク・ブットはアンドレアス・オットル、ホセ・ソサとアナトリー・ティモシュチュクらとともにベンチスタート。

バイエルン、序盤を制す

バイエルンはファンが昨シーズン慣れ親しんだスタートをきった: 優勢。前半45分後、ボール支配率は73%。シャルケ04は逆にカウンターでゴール奪取を試みた。シャルケは試合序盤、すぐにベストチャンスを得た。しかしラウルはゴール手前からヘディングシュートを外した。この後、ドイツレコードマイスターは自陣でボールキープし、いつも通りのパス交換をみせた。

とくにドイツW杯出場選手は能力相応のプレーを示した。彼らがトレーニングを始めたばかりと信じることは全くできなかった。ミュラーが前半8分、センターラインでボールを奪い、シャルケゴールへ。W杯得点王はペナルティーエリア付近からシュヴァインシュタイガーに横パス。しかしマニュエル・ノイアーが同MFの低いシュートをコーナーにクリアした。

バイエルンはこの後もゲームを制し、右サイドのラームとオリッチから攻撃をしかけた。しかし観衆は次のチャンスまで前半26分まで待つことになった。アルティントップが距離のあるところからシュート。ボールはゴールをわずかにそれた。シャルケはハーフタイムまで前線に積極的に攻め上がるもの、得点シーンを作りだせず。デミチェリスとバドシュトゥバーを擁するバイエルンDFが堅実な守備をみせた。

前半、得点機が少なかったのに対し、後半はチャンスが増えた。後半14分にオットルと交代するまでプレーしたシュヴァインシュタイガーがクローゼに縦パス。同FWのシュートはポストを直撃。この後すぐの反撃ではクラフトがラウルのダイビングヘッドにいち早く反応し、シュートコースを変えた(52.)。