presented by
Menu
後半に2失点

バイエルン、ドルトムントで敗戦

FCバイエルン、ブンデスリーガで前進できず。昨季二冠のFCBは日曜、暫定2位のボルシア・ドルトムントと対戦し、今季3敗目を喫し、第7節後に9位から12位に順位を下げた。

シグナル・イドゥナ・パークの80.720人の観衆が前半、バイエルンイレブンの優勢を目にすることになった、しかしながら同チームはチャンスを活かせず。後半、ホームチームがファーストシュートでバイエルンをショックに陥れた。ルーカス・バリオス(52.)が先制弾、そしてヌリ・シャヒンが追加点を奪った(60.) - リーガ第6節後に負けのなかったBVB相手にFCバイエルンが敗れることになった。

バーゼル戦の勝利から5日後、ルイス・ファン・ハールがスターティングイレブンを変更。FCバイエルン監督はエドソン・ブラーフハイトとマリオ・ゴメスを起用した、両選手は今季初めてスタートから出場。ブラーフハイトにとっては今季初ゲームとなった。ゴメスはベンチスタートのクローゼに代わり、スタートからプレー。プラニッチはマルク・ファン・ボンメルとともにダブルボランチを任された、バスティアン・シュヴァインシュタイガーはトップ下でプレー、トーマス・ミュラーが負傷のハミト・アルティントップに代わり右MFに入った。

ゴメス、4度の好機

試合開始からすぐに中盤でボールを奪い合う一戦となった。バイエルンはすぐにフィールドを制し、いつものポゼッションゲームを披露。ドルトムントは敵を早めに潰し、ゴールから遠ざけることを試みた。ここまでリーガNo.1の攻撃力を誇るドルトムントの攻撃が前半、影を潜めた。逆にミュンヘンは相手ゴール前で4度、マリオ・ゴメスから好機があった。

FCBFWは前半7分 - オフサイド気味のポジション - ホルガー・バドシュトゥバーのFKクロスをゴール手前5メートルからシュート、しかしボールはゴール右へ。その後、彼はフリーで2度ロマン・ヴァイデンフェラーの前でチェンスを得た: 1度目は時間がかかりシュートが打てず(26.)、その後には同BVBGKがボールをゴール上へとクリア(41.)。ハーフタイム直前に再びゴメスにチャンスが訪れた: コーナーキック後に同FWはフリーでヘディングシュート、しかしボールをうまく捕らえることができなかった(44.)。0:0のまま、前半を終了した。

ファン・ボイテンが負傷

ダニエル・ファン・ボイテンの負傷によりマルティン・デミチェリスとともにバイエルンは後半に突入 - 後半開始早々からアルゼンチン人DFに出番がやってきた。開始3分にネヴェン・スボティッチがヘディングシュート、ブットがボールを確実にキャッチ(48.)。4分後にはBVBの2度目のシュートチャンス - バリオスはゴール手前15メートルから好機を得た、ボールは相手に当たって少しばかりコースが変わり、ブットがセーブすることができずに先制点を許した(52.)。