presented by
Menu
ロッベンの1点のみ

バイエルン、ハノーファーで敗戦

FCバイエルン、CL出場権獲得危ぶまれる - ドイツレコードマイスターは第25節、3位のハノーファー96との一戦に1:3と敗れ、同チームとの差が5ポイントに広がった。

モハメド・アブデラウェがAWDアレーナでホームに先制ゴールをもたらし、後半開始直後にコンスタンティン・ラウシュ(51.)が2:0と追加点を奪った。アリエン・ロッベンが後半10分、ルイス・ファン・ハール監督率いるチームに1点差と迫るゴールをもたらすもの、セルジオ・ピント(62.)にすぐにゴールを再び奪われた。ブレーノが後半28分にレッドカードを受けた後、FCBは終盤、数的不利でプレーしなければならなかった。

ファン・ハールはこの一戦、水曜日のシャルケ04戦とは違い、ボランチの2枚を起用できず。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは累積で欠場し、ルイス・グスタボは急遽、インフルエンザの為に出場できず。彼らに代わり、トニー・クロースとダニエル・プラニッチがボランチを形成、ホルガー・バドシュトゥバーはスタメンに復帰し、左SBのポジションに入った。

バイエルンは立ち上がりからイニシアチブをとり、すぐに相手チームに圧力をかけることを試みた。逆にハノーファーはバイエルンのビルドアップをセンターライン付近から潰しにかかり、レコードマイスターのミスパスを誘った結果、FCBはハノーファーゴール前で全くチャンスが作れなかった。ミュンヘンがボールを失った後にハノーファーはすぐに好機のある速攻をみせた。

前半14分にはコンスタンティン・ラウシュがヤン・シュラウドラフのクロスからフリーでシュート、ボールはわずかに枠を外れた。4分後、プラニッチがボールを失った後にラウシュが左サイドを疾走し、ボールを中央へ折り返し、アブデラウェ(16.)が流し込んで1:0。

バイエルンはこのショックから立ち直るのに時間がかかった。プラニッチ(26.)とアリエン・ロッベン(27.)がペナルティーエリア付近からシュートを試みた、しかしロン・ロベルト・ツィーラーを脅かすことができず。直後にはゴメスがミュラーにラストパス、彼の左45度からのシュートはゴールを大きく外れた(33.)。

ハーフタイムに2選手交代

巧みに守備をするハノーファー相手にバイエルンは苦戦を強いられた。ホームチームはカウンターで好機を作り、ポガテツ(29.)、ラウシュ(37.)とアブデラウェ(44.)らがハーフタイムまでにリードを広げるチャンスを逃した。

ファン・ハールはハーフタイムにバドシュトゥバーとアナトリー・ティモシュチュクに代えて、ダニエル・ファン・ボイテンとアンドレアス・オットルを投入。しかしFCバイエルンがファーストチャンスを得る前に、ハノーファーが2:0の得点を決めた。コーナーキック後にラウシュがペナルティーエリア左隅からシュートを放ち、ボールはゴメスに当り、トーマス・クラフトが止められずにゴールに吸い込まれた(51.)。