presented by
Menu
13対1

FCバイエルン、ファンを魅了

9.500人の観衆、20人のアマチュアフットボーラー - ドリームが叶い、14ゴール。月曜日の夜、パウラーナーカップではすばらしいサッカーフェストとなった。FCバイエルンがブルクハウゼンでバイエルンパートナーのパウラーナーが編成したアマチュア選抜と対戦し、実力通りの13:1で勝利。ブンデスリーガ得点王のマリオ・ゴメスが5得点を奪った。

バイエルン州の10.000人のアマチュアフットボーラーがFCバイエルンスターとプレーができる唯一無二のチャンスに応募。パウル・ブライトナーおよびTVキャスターのヴァルデマール・ハールトマンがセレクションを行い、FCバイエルンでのトレーニングキャンプ後にフランケン、ニーダーバイエルン、オーバーバイエルン、オーバープファルツ、シュヴァーベンの地域選抜チームが決定。ニーダーバイエルンのチームが予選を突破し、ヴァッカー・スタジアムでドイツレコードマイスターと対戦することになった。

FCB、ゲームを楽しむ

カール=ハインツ・ルンメニゲが「刺激があって楽しいアイデア」と強調し、プレーできるFCバイエルンの全選手がブルクハウゼンにやってきた。バイエルン州のベストチームとの対戦で選手たちは楽しんでプレーすることになった。フランク・リベリーが「今日はどのぐらい多くの得点を奪えるかは大切ではなかった。今日は楽しむことが重要だったんだ」と試合後に笑顔でコメント。

バイエルンのゴールショーが前半14分からスタート。サテライトから出場した4選手のうちの1人、マルコス・アルヴァレスがゴールを決めた。ゴメス(20.、28.、45.)、ミロスラフ・クローゼ(25.)とフィリップ・ラーム(31.)が追加点を奪い、6:0で前半を折り返した。ニーダーバイエルンが闘争心で立ち向かい、前半終了間際に得点するチャンスがあった。