presented by
Menu
2:0 イェナ戦

アラバとペテルセンが得点

FCバイエルン、プレシーズンここまで負けなし - ドイツレコードマイスターは木曜夜、FCカールツァイス・イェナを2:0で破った、この結果、トレンティーノ選抜とカタール代表に次ぐ勝利で3戦3勝。FCバイエルンは3部のチーム相手に始めから試合をコントロール、しかしゴールが生まれたのは後半だった。

途中出場したデヴィッド・アラバが12.641人の観衆の前で先制弾をもたらした(54.)。FCカールツァイス・イェナで2007年にプロデビューを果たしたニルス・ペテルセンが決勝弾を奪った(70.)。

ユップ・ハインケス監督がイェナのファンを落胆させることはなかった、スタートからフルメンバーをピッチ上に送りだした。マニュエル・ノイアーがゴールを守り、ラフィーニャ、ホルガー・ボドシュトゥバー、ダニエル・ファン・ボイテンとフィリップ・ラームがフォーバックを形成。ボランチには足首の故障を克服したバスティアン・シュヴァインシュタイガーとルイス・グスタボが入った。

左右のウィンガーにはフランク・リベリーとアリエン・ロッベン、そして中央にトーマス・ミュラーの布陣。4−3−2−1のワントップには得点王マリオ・ゴメスが入った。ヨルク・ブットとブレーノはイェナ遠征には参加せず。

FCバイエルンは序盤、イェナにゲームを作らせず、相手陣内に封じ込めた。ロッベンが前半6分、左足でシュート、わずかにゴールを外れた。レコードマイスターはテンポを高く保つもの、前半にボールがラインを割ることはなかった。リベリーの豪快なシュートはゴールバーを叩いた(36.)。

リベリーがアシスト、アラバがシュート

イェナの観衆が後半、メンバー変更のあったバイエルンイレブンを目にした。ロッベン、ゴメスとミュラーがアラバ、ペテルセンおよびトニー・クロースと交代した。オーストリア代表選手アラバが後半開始早々に状況を打開した: リベリーが左サイドを突破し、横パス。アラバがパーフェクトなタイミングで動きだし、ボールを押しこんで先制(54.)。