presented by
Menu
3:0 ブラウンシュヴァイク戦

FCB、快勝で2回戦進出

FCバイエルン、公式戦白星スタート!ドイツレコードマイスターは月曜夜、DFBカップ初戦で2部のアイントラハト・ブラウンシュヴァイクに3:0と快勝し、2回戦進出を決めた(10月25/26日)。ミュンヘンの対戦相手は今週土曜日の抽選で決定する。

24.000人の観衆で完売になったアイントラハト・スタジアムが熱くなった。しかしバイエルンはホームチームの希望をすぐに粉砕した: マリオ・ゴメスがPKを決めて1:0(9.)。この日誕生日を迎えたバスティアン・シュヴァインシュタイガーがハーフタイム前にまたしてもPKから追加点を奪った(39.)。ペナルティーエリア内で2度倒され、PK2本を獲得したトーマス・ミュラーが終盤に3:0となる決勝弾を自ら決めた(83.)。

スタメン:

バイエルン監督ハインケスが昇格組との一戦、ドイツ代表8選手に信頼を寄せた: マニュエル・ノイアーがゴールマウスを守り、CBには新加入ジェローム・ボアテングとホルガー・バドシュトゥバーが入った。左後方にフィリップ・ラーム、右にはブラジル人のラフィーニャ。ボランチにはシュヴァインシュタイガーの他にハインケスはルイス・グスタボを起用。故障中のフランク・リベリーとアリエン・ロッベンの代わりにデヴィッド・アラバとミュラーをサイドハーフとして出場させた。トニー・クロースがワントップのゴメスの下でプレー。

ブラウンシュヴァイク監督トルステン・リーバークネヒトはこの一戦でスタメンを変更する理由がなかった。同チームは2部リーガ2連勝とパーフェクトなスタートをきっていた。

試合経過:

FCバイエルンはスタートから高い集中力で試合に臨んだ。ブラウンシュヴァイクはミュンヘンのコンビネーションから自陣のハーフコートから抜け出せずにいた。ゴメスの1:0は当然の結果だった(9.)。この後もブラウンシュヴァイクのファンはワンサイドサッカーを目にすることになった。FCバイエルンは前半21分、追加点を奪うチャンスを逃した。クロースの精確なクロスからバドシュトゥバーがヘディング、ボールはわずかに枠を外れた。