presented by
Menu
同点

0:0! ホッフェンハイム、FCBをストップ

10連勝後、FCBエクスプレスがホッフェンハイムでストップ - レコードマイスターはホッフェンハイムでのアウェー戦、これまでの疲労も重なり、スコアレスドローに甘んじた。それでも、FCBはほぼ確実に首位としてリーガ中断を迎える。日曜日にハノーファーでゲームのあるブレーメンが首位奪取するためには13点差で勝たなければいけない。

ミュンヘンはライン・ネッカー・アレーナの3万人の観衆を前に、90分間バイエルンのサッカーができずにいた。アグレッシブさと運動量、それから戦術的に組織されたホームチームはFCBにまったくゲームをさせず、今季これまでにないほどマニュエル・ノイアーに出番が増えた。しかしFCBGKは11試合連続無失点に抑え、1018分間失点がない。

スタメン:
アナトリー・ティモシュチュクがルイス・グスタボに代わり出場 - ユップ・ハインケスが両選手をターンオーバーさせたのは公式戦10試合連続目。4日前のマンチェスター・シティ戦に比べて、唯一の変更だった。しかしキックオフ直前、ハインケスが今一度の対応を余儀なくされた。ラフィーニャがウォーミングアップ中に違和感を訴えて欠場。彼の代わりにボアテングが右SBで出場、CBには病気から回復したホルガー・バドシュトゥバーがダニエル・ファン・ボイテンの横でプレー。

アリエン・ロッベンはベンチスタート。オランダ人は恥骨炎の後、まだ違和感があるとハインケスが報告:「彼が今日、まだスタートからプレーしないほうがベッターだということでわれわれは一致した。」FCB監督はハーフタイム、筋肉に強いハリのあるフランク・リベリーを交代させた。このほか、デヴィッド・アラバがマリオ・ゴメスの代わりに途中出場(58.) - ミュラーがトップへ - ルイス・グスタボはダニエル・ファン・ボイテン(75.)に代わってプレーした。

ホッフェンハイム側では元バイエルンのエドソン・ブラーフハイトがスタメンに名を連ね、長期離脱していたFWヴェダド・イビシェヴィッチが今季初のベンチ入り。同チームは4-3-3のフォーメーションでゲームに臨んだ。

試合経過:
バイエルンはライン・ネッカー・アレーナでの一戦、スタートからアグレッシブなプレッシングを受けた。ホームチームは豊富な運動量とともに、首位チームのペネルティーエリア付近から圧力をかけた。それでもミュンヘンは最初、優勢となり、ボアテング(17.)からこの試合のファーストチャンスが生まれた - しかし前半唯一の好機だった。

ホッフェンハイムは試合経過とともに、主導権を握り始めた。前半の終盤にはバイエルンは自陣のコートから抜け出せず、マニュエル・ノイアーの出番が増えた。しかしFCBGKは確かな後ろ盾となり、マルヴィン・コンパー(22.)のヘディングシュートでは能力の高さをみせ、無失点で前半を折り返した。