presented by
Menu
ヴァイザーの得点で勝利

FCB、LIGA total!カップを3位で締めくくる

FCバイエルンはLIGA total!カップでハンブルガーSVを1-0(1-0)で下し、3位で大会を終えた。 イムテック・アレーナでは、前半にミッチェル・ヴァイザーがゴールを決め(25分)、これがそのまま決勝点となっている。

この試合で、ユップ・ハインケスは準決勝と比べて8選手を入れ替えてきた。この日はシュタルケ、ファン・ボイテン、ティモシュチュク、ヴァイザー、リベリー、マンジュキッチ、シュヴァインシュタイガーが先発起用されている。だが、このうちシュヴァインシュタイガーは19分に負傷のため交代を余儀なくされている。「少し足をひねったようだ。だが、ドクターは大したことはないだろうと言っている。」と監督は報告している。

シュヴァインシュタイガーが交代する羽目となった時点までには、両チームは共に大きなチャンスを手にしていた。だが、ジェルダン・シャキリ(8分)、フィリップ・ラーム(12分)はいずれもゴールを決めることができず、ヴァイザー(19分)のシュートもHSVのGKレネ・アドラーに阻まれてしまう。一方のHSVは、ハイコ・ヴェスターマン(9分)、アルチョムス・ルドニェフス(13分)がシュートを放つものの、ゴール枠を捉えることができない。

リベリー、ポスト、ゴール

前半、後半共に30分ずつのこの大会。この試合の前半は、時間が経過するにつれて徐々にFCBペースとなっていく。アナトリー・ティモシュチュクのシュートが惜しくも外れた直後(24分)、25分にはようやく先制点が生まれる。エムレ・カンとシャキリの見事な連係プレーからリベリーがシュートを放つが、これはポストに阻まれる。しかし、そのこぼれ球をヴァイザーが拾い、簡単にHSVゴールへと沈めて1-0となる。