presented by
Menu
ミュラー、2得点

バイエルン、4-1でベスト16進出

ペップ・グアルディオラ率いるFCバイエルンは、ハノーファー96と対したDFBポカール(ドイツカップ)2回戦を4-1(前半2-1)で制し、ベスト16に駒を進めた! FCBは前半、トーマス・ミュラー(前半17分)とクラウディオ・ピサーロ(前半37分)の2ゴールでリードを奪うが、果敢に挑んでたハノーファーのディディエ・ヤ・コナンに1点を返され(前半37分)、2-1でハーフタイムを迎えた。

だがバイエルンは、後半に入るとさらにギヤアップ、トーマス・ミュラー(後半19分)が自身2点目を決め、さらに途中出場のフランク・リベリーのゴールで得点を重ね(後半23分)、ハノーファー相手に4-1と快勝、本日58歳の誕生日を迎えた代表取締役のカール=ハインツ・ルンメニゲに3回戦への切符をプレゼントした。

スターティングメンバー

ペップ・グアルディオラは、4-0で制したシャルケ戦から5名のメンバーを入れ替えてハノーファー戦に臨んだ。フォーバックにはジェローム・ボアテングとダヴィド・アラバに代えてダニエル・ファン・ボイテンとディエゴ・コンテントを先発起用、アリエン・ロッベンとリベリーに代わりサイドアタッカーを務めたのはミュラーとシェルダン・シャキリだった。さらにグアルディオラは、マリオ・マンジュキッチを下げ、ピサーロのワントップでこの試合に臨んだ。一方ハノーファーのミルコ・スロムカ監督は、2-1で制したアウクスブルク戦とほぼ同じメンバーを選択、唯一アルトゥル・ソビエフに代えてレオナルド・ビッテンコルトを起用した。

試合経過

バイエルンは、おなじみのポゼッションサッカーでハノーファーを開始直後から自陣深くにじわじわと押し込んでいった。FCBは、バスティアン・シュヴァインシュタイガーが惜しいミドルシュートを放つ(前半9分)と、立て続れにシャキリが絶好機を逃してしまうが、三度目の正直でシャキリのクロスからミュラーがゴールネットを揺らし、FCBに先制点をもたらした(前半17分)。

すっかりお祭り騒ぎとなったアリアンツ・アレーナで、バイエルンはこの先制点によりさらに勢いを増していく。まずはトニ・クロースがミドルレンジからハノーファーゴールに襲いかかる。そしてピサーロがヘディングで追加点(前半27分)を奪うと、会場は異常なまでの盛り上がりを見せた。しかし、これで試合が決まったと思った者は、その後息をのむことになる。2点ビハインドのハノーファーは、果敢に攻め上がり、ヤ・コナンのゴールで一点返すことに成功した(前半37分)。

2-1で迎えた後半の立ち上がり、ハノーファーは66,000人の大観衆の目の前で、バイエルンと互角に渡り合っていた。だが、生み出したチャンスの数で上回ったFCバイエルンは、ミュラー(後半6分)、シャキリ(後半9分)の、あわよくば3点目となるシーンに続き、後半19分には、この2名のコンビネーションから、シャキリのフリーキックにミュラーが合わせ、ついに追加点を奪い3-1。さらにFCBは、途中出場のリベリーが、ごっつぁんゴールで4点目を奪い、最後は4-1と大差でベスト16入りを決めた。

前半のハイライト

8分:バスティアン・シュヴァインシュタイガーがシュートフェイントで相手をかわし、ゴール手前25メートルからミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の右に逸れる。
12分:ゴール前でシャキリが絶好機を掴むも、ボールにしっかりとミートできずノーゴール。
17分:トーマス・ミュラーのゴールで先制! シャキリのピンポイントのクロスにミュラーが体ごと飛び込んで1-0。
25分:クロースがミドルシュートを放つが、ハノーファーの選手にあたりコーナーキックへ。
26分:またしてもクロースが強烈なミドルシュートを放つも、ツィーラー、これをパンチング。
27分:ダンテの正確なクロスにピサーロが打点の高いヘディングシュートを合わせ、ゴールネットに突き刺した!
32分:左サイドのクロスから最後はシュティンドルが角度のないところからシュートを放つが、ノイアーが足でセービング。
36分:ノイアー、今度はフシュティの強烈なミドルをパンチング。
37分:ディディエ・ヤ・コナンがクロスにダイレクトで合わせ、ハノーファーが1点差に迫る。
41分:シュティンドルがゴール手前18メートルからドロップキックで狙っていくもゴールの左に逸れる。

後半のハイライト:

4分:ハノーファーが良い立ち上がりを見せる。しかし、フシュティのロングシュートは大きく枠の外。
6分:シャックから横パスを受けたミュラーがゴール手前16メートルからシュートを放つがクロスバーの上。惜しい!
7分:シャキリがペナルティーエリア内で酒井に踵を踏まれ倒れるが、審判はノーホイッスル。
9分:またしてもシャキリが見せる! 今度は強烈なミドルでハノーファーゴールに襲いかかるも、ツィーラーがパンチングでピンチを凌ぐ。
15分:シャキリのフリーキックにファン・ボイテンが頭で合わせるが、ボールの中心をしっかりと捉えることはできず、シュートは枠の外。
19分:ミュラー2点目! またしてもシャキリのフリーキックから、今度はミュラーが倒れ込みながらシュートを合わせ、リードを3-1と広げる。
20分:ミュラー、後一歩で3点目! だが弾丸シュートは惜しくもゴールの横。
22分:ヤ・コナンがチャンスを作るも、ノイアー問題なし。
32分:クロースがゴール手前22メートルから目の覚めるミドルを放つが、ツィーラーに止められた。
33分:途中出場のリベリーがごっつぁんゴールを決め4-1。
40分:ラームがドリブルからシュートを放つもクロスバーの上。