presented by
Menu
ロッベンがハットトリック

FCBが圧巻のプレー!シャルケに一切のチャンスを与えず

FCバイエルンミュンヘンがブンデスリーガの連勝記録を再び更新した。FCシャルケ04と対戦した第23節は、5-1(4-0)で再び危なげない試合を見せたバイエルンが勝利。これでホーム戦20試合連続勝利を果たし、リーグ戦2位を走るボルシア・ドルトムントとの勝ち点差を20とした。ペップ・グアルディオラ率いるFCBは今のところリーグ戦負けなしで、ブンデスリーガ48試合連続無敗記録という驚異的な数字も更新し続けている。

キックオフ直後からバイエルンがペースを握る試合展開で、3分にダヴィド・アラバ、15分と28分にアリエン・ロッベン、24分にマリオ・マンジュキッチがゴールを挙げ、アリアンツ・アレーナを訪れた71,000人(満席)の観客を沸かせた。64分にはCKからラフィーニャのオウンゴールで1点を返されるものの、77分にはマンジュキッチが獲得したPKをロッベンが決め、さらに点差を引き離した。シャルケDFキリアコス・パパドプーロスはこのファールで一発レッドカードをもらっている。

スターティングメンバー

前節のハノーファー96戦(4-0)から4つのポジション変更を投じてきた指揮官グアルディオラ。マヌエル・ノイアーが再びスタメンに戻り、アリエン・ロッベンとトニ・クロースも先発に名を連ねた。その代わりにベンチスタートとなったのはトム・シュタルケ、主将フィリップ・ラーム、ジェローム・ボアテング。トーマス・ミュラーはハノーファー戦で引き起こした肉離れのためにメンバー外。全体練習には合流していたフランク・リベリーとジェルダン・シャキリも同様にシャルケ戦はメンバー入りしてない。

試合経過

ここ数試合では立ち上がりが問題とされていたFCBだが、今節は試合開始と同時にトップパフォーマンスを見せたFCバイエルン。迫力溢れるプレーで、水曜日レアル・マドリードに6-1で大敗を喫したばかりのシャルケにプレッシャーを与え、アラバのゴールでさらに優位な状況に立つ。

バイエルンは早いテンポと素晴らしいコンビネーションプレーでボールを回し、シャルケはディフェンスの穴を作らないように守備で信じられないほどの力を消費しなければならなかった。そして15分、FCBの攻撃がついに実りロッベンがゴールネットを揺らす。その後はマンジュキッチ(24分)、ロッベン(28分)とゴール追加。ここまででシュート数が5本に対して4点獲得と、バイエルンは驚くべき決定力を見せていた。

その後も攻撃の手を緩めないFCBは、クロース(31分)、マンジュキッチ(38分、40分)に惜しいチャンスが訪れるなど、シャルケゴールに襲いかかった。一方、元所属先との対戦となったGKノイアーはほとんどボールに触れる機会がなかったが、前半終了間際、攻撃的になったケーニヒスブラウに良いチャンスを何度か作り出されるが、ノイアーのスーパーセーブでピンチを凌いでいた。

後半に入るとシャルケが勢いを増し、CKからラフィーニャのオウンゴールで運良く一点を返す。その後は再びスピードを上げて試合を支配するFCB。チャンスを量産し、さらにリードを広げにかかるが、相手GKフェアマンの好セーブに阻まれなかなか追加点を奪えない時間が続く。そして終盤が近づくと、さらにバイエルンにとって有利な試合展開を迎える。77分、DFパパドプーロスがマンジュキッチを倒して一発レッドカードを獲得。そのPKをロッベンが確実に決め5-1。数的不利となったシャルケはその後点を奪うことができず、5-1のまま試合は終了した。

ハイライト(前半)

3分:アラバのFKが壁に当たり、そのままゴールに吸い込まれ先制に成功!
15分:チアゴのパスを受けたロッベンが軽く浮かしてネットを揺らし、02
24分:左サイドからアラバの上げたピンポイントクロスにマンジュキッチが頭で合わせ03
28分:再びロッベン!スピードに乗ったドリブルからゴールネット左隅に突き刺して40
31分:ロッベンのFK。壁に当たったところにクロースが弾丸シュートを放つが、キーパー正面。
33分:ロッベンが中央へ切り込み回転のかかったシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えきれない。
38分:素早いパスワークから最後は中央で待つマンジュキッチ。だが、このシュートはGKフェアマンが片足で阻止しゴールならず。
40分:左へのサイドチェンジをアラバが中央へ折り返し、再びマンジュキッチがシュート。今度はディフェンスにあたりCKへ。
43分:遠目のFKを蹴るのはフクス。鋭い弾道のシュートは枠を捉えるが、GKノイアーが冷静にはじき出す。
44分:右からのグランダーのクロスにDFヘーヴェデスがダイレクトシュート。再びノイアーが好セーブを見せ防ぐ。

ハイライト(後半)

61分:左からドラクスラーのグランダーのパスをフンテラールがシュート。しかし、枠外。
64分:シャルケのCKがラフィーニャにあたりそのままゴールへ。41
65分:再びアラバのクロスからマンジュキッチ!強烈なヘディングはしかしGKフェアマンの好セーブに阻まれゴールならず。
67分:FCBのカウンター。ロッベンが落としてシュヴァインシュタイガーがミドルシュートを放つも、再びフェアマンがファインセーブ。
68分:ペナルティーエリアでチアゴがシュート。一度フェアマンがセーブし、再び押し込もうとするが、フェアマンの牙城を崩しきることができない。
77分:マンジュキッチが倒されてPKを獲得。ファールをしたDFパパドプーロスは一発退場。ロッベンがこのPKを確実に決めて51