presented by
Menu
マンチェスターで2-3

数的不利のFCB、奮闘も敗れる

残念だった!高い闘争心で好パフォーマンスを披露したバイエルンだったが、今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で初めての負けを喫してしまった。マンチェスター・シティとのアウェー戦で終了間際の失点で惜しくも2-3(2-1)で敗れた。バイエルンは20分にメディ・ベネティアが退場してから数的不利での試合を余儀なくされていたが、一度は逆転に成功していた。

47726人満員のエチャットスタジアムではマンチェスター・シティがセルジオ・アギエロのPKで先制に成功(21分)。バイエルンはベナティアの退場があったにも関わらず、シャビ・アロンソ(40分)とロベルト・レバンドフスキ(45分)による素晴らしいゴールで試合をひっくり返す。しかしアギエロが終盤に2得点(85分、90+1分)を挙げ、マンチェスター・シティが大逆転勝利を飾った。

スターティングメンバー

グアルディオラは4-0で快勝したホッフェンハイム戦から2つのポジションを変えてきた。セバスチャン・ローデとピエール=エミール・ホイビュルクがそれぞれCLスタメンデビューを飾った。マリオ・ゲッツェとトーマス・ミュラーはベンチスタート。バスティアン・シュバインシュタイガーもベンチスタートだったが、終了間際に今季CLデビュー(81分)。

マンチェスター・シティ監督のマヌエル・ペジェグリーニはバカリー・サーニャ、エリアクイム・マンガラ、フランク・ランパート、ジェームス・ミルナー、フェルナンドの5人をスタメンで起用。パブロ・ザバレタ、ステファン・ヨベチッチ、元バイエルンのマルティン・デミチェレスはベンチスタートとなった。ヤヤ・トゥーレとフェルナンジーニョは累積警告で出場停止。

試合経過

立ち上がりは積極的に来るマンチェスター・シティに押し込まれたが、徐々にバイエルンが試合の流れをコントロールする。9分にローデ、11分にはロッベンがチャンスをつかむ。しかし先制に成功したのはマンチェスター・シティ。アグエロがベナティアに倒されて得たPKを自分で決めた(21分)。ベナティアはこのプレーで一発レッド。バイエルンは数的不利となってしまう。

バイエルンは25分にローデに変えてダンテを投入し、秩序を取り戻そうとする。そして前半のうちに見事試合をひっくり返す。この日誕生日だったシャビ・アロンソが20mのFKを直接決めて同点に追い付くと(40分)、ジェローム・ボアテングのセンタリングをレバンドフスキが頭で合わせて逆転(45分)。なんというカムバック!

後半に入ってもバイエルン端数的不利を感じさせない戦い振りを見せる。ボールを自分たちで回しながら、時折針の一刺しのように鋭い攻撃をしかける。マンチェスター・シティはなんとか攻撃に出ようとするがバイエルンの方い守備をくずすことができない。70分、フランク・ランパートのミドルシュートもマヌエル・ノイアーがファインセーブでしのいだ。

このまま終わるかと思われたが、終盤にマンチェスター・シティが同点に追いつく。シャビ・アロンソのまさかのミスパスからピンチを招くと、ヨベチッチのパスをフリーで受けたアグエロがノイアーとの1対1を制してゴール。さらにロスタイム、今度はそこまで素晴らしいプレーを見せていたボアテングがボールを失う。またしてもアグエロがゴールを挙げて土壇場での大逆転を許してしまった。マンチェスター・シティはこの勝利でCSKAモスクワ、ローマと勝ち点5で並び、決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

前半ハイライト:

9分:バイエルン最初のビックチャンス。ロッベンのパスをフリーで受けたローデがシュートもGKハートがセーブ。
11分:ロッベンがペナルティエリア外からミドルシュート。惜しくも枠を外す。
20分:左サイドを突破したロッベンからのクロスを受けたラフィーニャがシュートに行くが、ブロックされてしまう。
21分:ナイン(ノー)!バネティアがペナルティエリア内でアグエロを倒してレッドカード。アグエロ自身がPKを決め、マンチェスター・シティが先制に成功。
35分:ランパートがミドルシュートを狙うが、わずかに外れる。
40分:抜け目のないゴール!シャビ・アロンソが20mのFKを壁の下を抜くシュートでゴール!同点!
45分:ヤー!右サイドからボアテングがセンタリングを入れると、ゴール前でレバンドフスキが半分頭、半分肩に当てながらゴールに流し込んだ!

後半ハイライト:

47分:シャビ・アロンソがリベリーとのワンツーからシュートも枠を超えてしまう。
50分:ナバスがチャンスをつかむが、ノイアーがクリアーしてCKへ逃げる。
52分:ミルナーのカーブがかかったシュートはわずかに枠を外れる。バイエルンファンはホッとした!
65分:ロッベンがジョー・ハートのゴールに迫るがそこまで危険なプレーにはならなかった。
70分:ノイアー!ランパートが強烈なミドルシュートを放つが、ノイアーがファインセーブ。
85分:アロンソのミスパスからヨベティッチのパスでフリーで抜けだしたアグエロがノイアーとの1対1を制して同点弾。
90+1分:これは苦い!またしてもアグエロがゴール。ボアテングのミスを見逃さずに冷静にゴールを決めた。