presented by
Menu
ベンフィカ戦は2-2

準決勝進出!FCB、リスボンでの試合は引き分け

 ドイツマイスターのFCバイエルンは、5シーズン連続でチャンピオンズリーグ準決勝へと進むことになった!ホームでの準々決勝1stレグに1-0で勝利したFCBは、リスボンで行われたSLベンフィカとの2ndレグを2-2(1-1)の引き分けに終えた。これにより準決勝進出を決めたバイエルンは、次ラウンドでレアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、そしてマンチェスター・シティのいずれかと対戦することになる。

 この試合で突然の先制点を挙げ、エスタディオ・ダ・ルスで大歓声を巻き起こしたのはラウール・ヒメネスだ(27分)。だがFCBはアルトゥーロ・ビダルの力強いシュート(38分)によって前半のうちに同点に追いつくと、後半にトーマス・ミュラーのゴール(52分)で一時逆転に成功する。その後、タリスカにフリーキック(77分)を決められて再び同点とされるも、それ以降バイエルンゴールが更なる危険に晒されることはなかった。そしてバイエルンは、見事CL準決勝進出を決めた。

スターティングメンバー

 両チームのスターティングメンバーは驚くべきものだった。ペップ・グアルディオラはロベルト・レヴァンドフスキを先発から外し、代わりにミュラーを4-1-4-1のワントップに起用。更に1stレグと異なる点としては、フアン・ベルナトがベンチスタートになり、ハヴィ・マルティネスとシャビ・アロンソが先発メンバーに加わった。

 対するベンフィカは累積警告で出場停止処分のジョナスに加え、なんと主力メンバーのコンスタンティノス・ミトログルがメンバー外となった。更にニコ・ガイタンもバイエルン戦までに回復が間に合わず欠場。同選手は最終調整にも参加していない。この3人に代わり、エドゥアルド・サルヴィオ、ラウール・ヒメネス、メフディ・カルチェラ=ゴンサレスが先発出場を果たした。

試合経過

 大観衆の押し寄せるエスタディオ・ダ・ルスで、肌が粟立つような雰囲気を予期していたミュラーらバイエルン・チームだが、実際にスタジアムの雰囲気は素晴らしいものだった。だがバイエルンがその雰囲気に呑まれることはない。フリーキックによって最初のチャンス(3分)を手にしたのはベンフィカだったが、FCBは序盤から勢いを得て試合の流れを掴む。ミュラー(19分)とビダル(22分)によってバイエルンが好機を演出すると、ベンフィカは深く引いて守備をするようになる。しかし27分、ヒメネスが突然の先制点を挙げると、ベンフィカが爆発的に勢いを増す。

 1点を挙げたベンフィカは、その喜びを原動力に追加点を挙げようとバイエルンゴールに迫る。直後、FCB守備陣の隙を突いて再びヒメネス(30分)がフリーでシュートを放つも、これは間一髪で枠外となった。しかしドイツマイスターのFCBも素早い反応を返す。フィリップ・ラームのクロスがベンフィカのGKエデルソンに弾かれ、ボールはゴール正面のビダルの元へ。同選手の思い切ったシュート(38分)が見事に決まり、大変重要な同点弾となった。

 ハーフタイム後、時間通りにロッカールームからピッチへ戻ったバイエルンは、後半最初のチャンスを活かし、勝敗を決する追加点を挙げる。アロンソのコーナーキックをマルティネスが頭で合わせ、最後はミュラーがゴールに押し込んで2-1と逆転したのだ(52分)。これによって、ベンフィカが最低でもあと3ゴールを挙げない限り、バイエルンの準決勝進出が確実となった。

 その後もFCBが優位に試合を進め、ベンフィカが同点とするよりもFCBが3点目を挙げる可能性の方が高いと思われた。だがタリスカがフリーキックを直接決めて2-2とし、熱狂的なベンフィカ・ファンの望みを繋ぐ。しかしその後試合が動くことはなく、2-2のまま終了。その結果、FCバイエルンの順当なチャンピオンズリーグ準決勝進出が決まった。FCBの次の対戦相手がどのチームになるのかは、金曜日午後に行われる抽選で決定される。

前半ハイライト

3分:キミッヒがエリア外正面でファールをとられる。エリゼウのシュートはキミッヒがブロックし、コーナーに逃れる。
7分:バイエルンに最初のチャンス。しかしマルティネスのヘディングシュートはボールの芯を捉えられず、ベンフィカGKのエデルソンが楽々キャッチ。
19分:アロンソが右サイドのラームにパス。ラームはこれを中央に折り返し、ミュラーがシュートに持ち込むがポスト左へ外れる。
22分:チアゴのクロスにビダルが頭で合わせるも、GKがセーブ。
27分:SLベンフィカが先制。左サイドからクロス、キャッチしようと飛び出したノイアーよりも早く飛び込んだラウール・ヒメネスがダイビングヘッドを決めた。
30分:ベンフィカが右サイドの角度のないところからゴール中央にパス、またもやヒメネスがシュート。しかしノイアーが間一髪でセーブ。
33分:アラバのクロスにビダルが頭で合わせるも、GKエデルソンがキャッチ。
38分:1-1!右サイドのラームが中央にクロス、GKに弾かれたボールはエリア外のビダルの元へ。正面から力強いシュートを放ち、ゴール左隅に決めた。
45分:再びビダル!アロンソのクロスをフリーで受け、シュートに持ち込むがクロスバーを越える。

後半ハイライト

52分:バイエルン逆転!アロンソのCKをマルティネスが頭で受け、ゴール前に詰めたミュラーにパス。同選手が素早くゴールに押しこんだ!
60分:コスタが左サイドを独走し、そのままグラウンダーのシュートを放つが、右ポストに直撃。
62分:アンドレ・アルメイダがやや右の距離のある所からシュート!しかしノイアーが片手で弾き出す。
63分:バイエルンゴール前正面でPKをとられる。キッカーは途中出場したグエデスが務めるも、ボールはクロスバーを越える。
68分:アラバのラストパスからミュラーがゴール!しかしこれはアラバのオフサイドで無効に。
72分:ミュラーがゴール前でDFをひきつけマイナスのパス、正面に走りこんだビダルがシュートするが、エデルソンがセーブ。しかしボールは同GKの指先を逃れ、バイエルンのCKに。
76分:やや右から途中出場したばかりのタリスカがFK。正しい方向に飛んだノイアーだが、ボールを捕らえられずゴール右上に決まった。2-2の同点!
89分:ロベルト・レヴァンドフスキにビックチャンス!しかし同選手のシュートはエデルソンがキャッチ。