presented by
Menu
HSV戦は8-0

アンチェロッティの記念試合で大量得点

 記念試合でハットトリック! カルロ・アンチェロッティが監督として臨んだ1000試合目で、FCバイエルンはアリアンツ・アレーナでハンブルガーSVと対戦し、8-0(3-0)という素晴らしい結果を残した。アルトゥーロ・ビダル(17分)とロベルト・レヴァンドフスキのドッペルパック(24分、42分)により、FCBは既に前半に明らかな優位に立つ。後半にはまずレヴァンドフスキが自身3点目となるゴール(54分)を決め、今シーズン3回目のハットトリックを達成。その後もダヴィド・アラバ(56分)、キングスレイ・コマンの2ゴール(65分、69分)とバイエルンが得点を重ね、更にアリエン・ロッベンが87分にFCBに8点目もたらしてゴールラッシュの試合を締めくくった。

 完売のアリアンツ・アレーナを訪れた75,000人の観客の前で、バイエルンは先制点を挙げた後、乗りに乗ってHSVを守備一辺倒に追い込んだ。アンチェロッティ率いるFCBは見事なコンビネーションを見せ、ゴール前では至極冷静だった。この圧倒的な勝利により、FCBはブンデスリーガ第22節が終わった後もRBライプツィヒに勝点5ポイントの差をつけて、リーグ首位に君臨している。

スターティングメンバー

 既に前日に予告した通り、アンチェロッティはシャビ・アロンソを休養させた。アロンソはこの数日内転筋を痛めており、念のため今節ではメンバーから外れた。同選手に代わり、チアゴがビダルと共に4-2-3-1のダブルボランチとして出場した。その結果、トーマス・ミュラーが先週土曜日のヘルタ戦(1-1)から1列後方に下がり、レヴァンドフスキがワントップを担った。その他には、フアン・ベルナトに代わってハヴィ・マルティネスが先発メンバーに入った。また、負傷していたフランク・リベリーが再びベンチ入りを果たした。

 対するHSVは、先週のフライブルク戦(2-2)から4人のメンバーを変更してバイエルン戦に臨んだ。負傷中のキリアコス・パパドプーロス、デニス・ディークマイアー、アーロン・ハント、マティアス・オストルツォルクに代わり、ヨハン・ジュルー、ダグラス・サントス、ミヒャエル・グレゴリッチュ、そしてニコライ・ミュラーが先発入りを果たした。

試合経過

 静かに展開する試合序盤、バイエルンは相手よりも積極的に動き、サイドを多く使って攻撃に出る。そして左サイドでの見事な連係プレーから先制点を挙げる。ダヴィド・アラバが上手くスペースを使ってミュラーにパスを送り、同選手がPAラインぎりぎりからビダルに折り返す。そしてこのボールをビダルが先制ゴール(17分)に繋げた。

 追加点を挙げたいバイエルンは18分、レヴァンドフスキが次のチャンスを得るもクロスバーに嫌われる。しかしその数分後、ミュラーがメルギム・マフレイに倒されてPKを獲得すると、レヴァンドフスキがこれを確実に決めて2-0(24分)とする。その後、FCBは勢いに乗ってどんどん攻撃を仕掛け、ハンブルクを自陣に寄せ付けない。ドイツマイスターのFCBは確実にパスを繋げ、42分のレヴァンドフスキのゴールで3-0にリードを広げた。

 後半最初の2つのチャンスはHSVによるものだったが、酒井(46分)、グレゴリッチュ(50分)に、ノイアーの守るバイエルン・ゴールが本当に脅かされることはない。しかしピッチの反対側では全く違う結果となる。ロッベンのシュート(52分)は見事にセーブしたHSVのGKアドラーだが、54分のレヴァンドフスキには為すすべなく、ゴールを許す。そのわずか2分後にはアラバ(56分)がバイエルンに5点目をもたらし、更に途中出場したばかりのコマンも2得点(65分、69分)を追加して7-0となる。

 終盤、バイエルンはテンポを緩めたものの集中力は切らさず、ボールを回して対戦相手を走らせる。そして87分、ロッベンがバイエルンに8点目をもたらして試合を締めくくった。この試合でバイエルンは、90分間にわたりHSVにほとんどチャンスを許さなかった。その結果、ノイアーはFCBに移籍してブンデスリーガで100試合目の無失点試合を記録した。

前半ハイライト

9分:左サイドからコスタがクロスを上げ、ゴール前にミュラーが走りこむがタイミングが合わず、シュートに持ち込めない。
13分:HSVのCK。ダグラス・サントスがこぼれ球を拾い、ゴールの20m手前からシュートを放つが、ボールはわずかに右ポスト横へ外れる。
14分:ラームのパスをビダルがゴール前で頭で合わせる。しかしミュラーもロッベンも、タイミングを合わせることができない。
17分:ゴール! アラバが左サイドを上がり、ミュラーにパス。同選手からのマイナスのパスを受け、ビダルが16m手前からグラウンダーのシュートをゴール左隅に決めた。1-0
18分:再びバイエルンにチャンス! 左サイドのアラバのクロスからレヴァンドフスキがシュートを放つも、クロスバーに嫌われる。
24分:ミュラーがマフライにエリア内で倒され、バイエルンがPK獲得。これをレヴァンドフスキが落ち着いて決めて、2-0
29:右サイドからロッベンがFK。レヴァンドフスキが頭で合わせるも枠外。
30分:左サイドのアラバが逆サイドのロッベンにクロス。ロッベンがダイレクトでシュートを放つも、アドラーがブロック。
32分:コスタが左サイドからクロス、ファーサイドのレヴァンドフスキが頭で合わせるが、右ポスト横に外れる。
42分:ミュラーがゴールラインぎりぎりからマイナスのパスを出し、それを受けたコスタがシュートするが、これはアドラーに足でセーブされる。しかしセカンドボールをレヴァンドフスキがDFを背負いながらもキープし、そのままシュート。自身2点目を挙げた。3-0

後半ハイライト

46分:酒井がPAラインからシュートを放つが、枠外。
50分:ゴール前20mでHSVがFK獲得。グレゴリッチュが直接狙うも、ノイアーがセーブ。
52分:バイエルンのカウンター。ロッベンがDFをかわしてフリーでシュートを放つが、アドラーがセーブ。
54分:レヴァンドフスキがハットトリック! ロッベンのヒールパスをコスタがスルーし、レヴァンドフスキが16m手前からシュート! ボールはファーポストに突き刺さった。4-0
56分:レヴァンドフスキがミュラーにクロス。ミュラーがアドラーと1対1になるが、その目の前で右にいたアラバにパスし、同選手が無人のゴールに決めて5-0
65分:またしてもバイエルンにゴール!フンメルスの素晴らしいロングパスをジュルーがクリアし損ね、コマンがゴールにボールを押し込んだ。6-0
69分:コマンがこの日2得点目を記録! ゴール前のロッベンはDFにブロックされてシュートに持ち込めなかったが、こぼれ球がコマンの足元へ。同選手のボレーシュートにアドラーはまったく反応できず、バイエルンが更にリードを広げる。7-0
87分:バイエルンに8点目!! コスタの素晴らしいクロスの後、右からロッベンがドリブルでエリア内に入り、マフライをかわしてゴール左隅に落ち着いて決めた。8-0

FCバイエルン vs. ハンブルガーSV 8-0(3-0)

  • FCバイエルン

    ノイアー – ラーム(67分ラフィーニャ)、マルティネス、フンメルス、アラバ – チアゴ(60分コマン)、ビダル – ロッベン、ミュラー、コスタ – レヴァンドフスキ(57分サンチェス)


    Substitutions

    ウルライヒ、リベリー、ラフィーニャ、ベルナト、キミッヒ


  • ハンブルガーSV

    アドラー - 酒井、ジュルー、マフライ、ダグラス・サントス – ワラシ、ユング- N. ミュラー(62分ハント)、ホルトビー、コスティッチ(72分ヴァルトシュミット)- グレゴリッチュ(60分エクダル)


    Substitutions

    ミッケル、ディークマイアー、オストルツォルク、ウッド


  • Referee

    バスティアン・ダンケルト(ロストック)


  • Attendance

    75,000人(完売)


  • Goals

    1-0ビダル(17分)、2-0レヴァンドフスキ(24分/ PK)、3-0レヴァンドフスキ(42分)、4-0レヴァンドフスキ(54分)、5-0アラバ(56分)、6-0コマン(65分)、7-0コマン(69分)、8-0ロッベン(87分)


  • Yellow cards

    - / ダグラス・サントス