presented by
Menu
勝点差7ポイント

ケルン戦は3-0! リーグトップのバイエルンがリードを広げる

 勝点差7! FC バイエルンは1. FCケルンとのアウェイ戦で、ブンデスリーガ2位のRBライプツィヒとの勝点差を更に広げた。ドイツマイスターのバイエルンは、ハヴィ・マルティネス(25分)、フアン・ベルナト(48分)、そしてフランク・リベリー(90分)の得点により、3-0(1-0)の勝利を挙げ、火曜日に行われるチャンピオンズリーグ2ndレグのFCアーセナル戦の前哨戦で成功を収めた。

 ライン・エネルギー・シュターディオンに集まった50,000人の観客の前で、バイエルンは先週に引き続き見事なパフォーマンスを出した。バイエルンは前半だけで14本のシュートを放ち、ケルンGKのトーマス・ケスラーに休む時間を与えない。そして後半に追加点を重ね、明らかな勝利を手に入れた。

先発メンバー

 カルロ・アンチェロッティは、水曜日のポカール準々決勝シャルケ戦(3-0)の先発メンバーから5人を変更した。最近軽い怪我を負ったマッツ・フンメルスは、フランク・リベリー、アリエン・ロッベン、ラフィーニャ、そしてシャビ・アロンソと共にベンチスタートとなった。この5人の代わりにケルン戦に先発したのは、主将のフィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、ダグラス・コスタ、フアン・ベルナト、キングスレイ・コマンだ。ダヴィド・アラバは今回、センターバックとしてプレーした。

 対戦相手1. FCケルン監督のペーター・シュテーガーは、前回の試合から2人の選手を入れ替えた。イエローカード5枚で出場停止のドイツ代表ヨナス・ヘクターに代わり、フレデリク・ソーレンセンが先発メンバーに入った。更にジモン・ツォラーが先発となり、代わりにドミニク・マローが控えに回ったが、この日誕生日のマローも後に途中出場を果たした。

試合経過

 ケルン対バイエルン戦は、開始直後から活気があり、白熱した試合模様となった。ケルンは最初、自陣ゴール前でバイエルンにそれほど危険なチャンスを許さなかったものの、試合開始から15分が経つと状況が変わる。ダグラス・コスタ(16分)が見事なシュートを放ち、ロベルト・レヴァンドフスキのヘディングシュート(21分)やアラバのミドルシュート(24分)など、バイエルンが次々に好機を演出するが、ケルンGKのケスラーが好セーブを披露する。だが25分、ハヴィ・マルティネスのシュートにはケルンの守護神も為すすべなく、バイエルン・ファンがアウェイでの先制ゴールに大歓声を上げることになった。

 カルロ・アンチェロッティ指揮下のバイエルンは、先制点を挙げた後もプレッシャーを弱めず、それどころかキングスレイ・コマン(28分)とアルトゥーロ・ビダル(36分)によって、あと少しでリードを広げられるところだった。バイエルンの攻撃はバリエーションに富んでいたが、このことは前半にサイドバックのラームとベルナト以外のバイエルン選手全員がシュートを放ったことに現れている。一方でノイアーの守るバイエルンゴール前では、大迫のヘディングシュート(18分)以外に危険なシーンは見られない。このケルンの前半最大のチャンスでも、ノイアーのスーパーセーブによってゴールネットが揺れることはなかった。

 バイエルンは後半も勢いを緩めず、48分にはミュラーのアシストでDFのベルナトがバイエルンに追加点をもたらす。バイエルンはその後も相手ゴールを脅かし続け、ケルンの攻撃は早い段階で潰していく。そして90分、途中出場したリベリーがダメ押しの3ゴール目を挙げ、更に大きな点差での勝利を確実にした。さあ、次はアーセナル戦だ!

前半ハイライト

9分:コスタが絶妙なクロスを上げ、ビダルがダイレクトでシュート! しかしボールの芯を捉えられず。
16分:コスタが振り向きざまにグラウンダーのシュートを放つが、ケスラーが飛びついて弾き、コーナーに逃れる。
18分:スーパーセーブ! 右サイドから上がったクロスに、大迫が完璧に頭で合わせるが、ノイアーが素晴らしいセーブを披露。
21分:右サイドの角度の無いところからコマンがクロス、ファーサイドのレヴァンドフスキが頭で合わせるが、ケスラーが指先で弾く。
24分:アラバがフリーでミドルシュートを放つが、再びケスラーがセーブ。
25分:ゴーーール! 左サイドのコスタがファーサイドのビダルにパス、ビダルが中央にクロスを上げ、ゴールの5m前からマルティネスが右足で突き刺した。1-0
28分:コマンに追加点のチャンス! 右サイドを駆け上がり、角度のあまり無いところからシュートを試みる。ケスラーに止められなかったものの、ゴールラインを割る前にソーレンセンがクリア。
36分:ビダルが30m手前からゴールを狙うが、ケスラーが拳でクリア。
40分:ビダルが中盤でボールをロストし、ケルンにカウンターを許す。モデストが左サイドから中央にクロス、大迫が頭で合わせるが芯を捕らえられず、ノイアーが軽々とキャッチ。
42分;ハインツが遠目からシュートを放つが、左に外れる。

後半ハイライト

48分:バイエルンに追加点! 右に位置したミュラーが逆サイドのベルナトにパス。同選手のシュートはオルコウスキに軌道を変えられたが、ゴールに吸い込まれた。2-0
50分:コスタのグラウンダーのシュートは、右に外れる。ブラジル出身の同選手はその際に負傷し、途中交代となる。
64分:マルティネスのヘディングシュートは、左ポストの横へ。
80分:ベルナトが大迫をPAぎりぎりで倒してしまい、ケルンがFK獲得。ヨイッチがFKを蹴り、逆サイドのマローが頭で合わせるが、ラームが軌道を変えて枠外へ。
90分:ゴール! チアゴのスルーパスを受けたベルナトが左サイド鋭角からマイナスのクロスを上げ、そこに走りこんだリベリーがやや左からフリーでシュート! バイエルンに3点目をもたらした。3-0

1.FCケルン vs.FCバイエルン 0-3(0-1)

  • 1.FCケルン

    ケスラー – オルコウスキ、ソーレンセン(56分マロー)、スボティッチ、ラウシュ – ヘーガー(73分ヨイッチ)、ハインツ - クレメンス(63分ルドニェフス)、ツォラー – 大迫、モデスト


    Substitutions

    S. ミュラー、クリュンター、チフチ、ハルテル


  • FCバイエルン

    ノイアー – ラーム、マルティネス、アラバ、ベルナト – チアゴ、ビダル(73分キミッヒ) – コマン(82分ラフィーニャ)、ミュラー、コスタ(50分リベリー) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ウルライヒ、フンメルス、アロンソ、サンチェス


  • Referee

    Dr. ヨッヘン・ドレース(ミュンスター=ザルムスハイム)


  • Attendance

    50,000人(完売)


  • Goals

    0-1マルティネス(25分)、0-2ベルナト(48分)、0-3リベリー(90分)


  • Yellow cards

    - / ビダル、ベルナト