presented by
Menu
アウディ・フットボールサミット

FCB、PK戦でアーセナルに敗北

 FCバイエルンはインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)を考えうる限り最も不運な形でスタートすることになった。ドイツマイスターのFCBは明らかな優勢を誇っていたものの、イングランドのFAカップで優勝したアーセナルFC相手に、PK戦の末に3-4の敗北を喫した。90分が終わった時点では1-1(1-0)の引き分けだった。

 39,208人が集まった上海スタジアムで先制したのはFCバイエルンだ。ゴールゲッターのロベルト・レヴァンドフスキが9分にPKを決め、カルロ・アンチェロッティ指揮下のFCBに先制点をもたらした。しかしアディショナルタイムにアレックス・イウォビ(90+4分)にラッキーな得点を許し、終了寸前で同点に追いつかれてしまう。その後行われたPK戦にてバイエルンは3人が失敗。対するアーセナルは3人が成功し、最終的に勝者としてピッチを去ることになった。アンチェロッティは試合後、「シーズンの現時点では、結果は最も重要なものではない。チームは良いゲームをした。だから私は満足している」と語った。

 アンチェロッティはこのガナーズとの一戦で経験豊富な選手を起用した。ゴールキーパーのトム・シュタルケの前でラフィーニャ、マッツ・フンメルス、ダヴィド・アラバ、フアン・ベルナトが4バックを形成し、その一列前でハビ・マルティネスとコランタン・トリッソが守備的MFの役割を担った。攻撃陣にハメス、トーマス・ミュラー、フランク・リベリーを起用し、更にワントップにロベルト・レヴァンドフスキを据えた。チアゴは膝に軽い問題があり欠場し、キングスレイ・コマンとレナト・サンチェスはユース選手と共にベンチスタートとなった。

 気温も湿度も高く、蒸し暑い気候の中で行われたFCB対アーセナル戦は、冒頭から勢いのある試合となった。FCBはすぐにゲームを支配し、ハメス(5分)、ミュラー(6分)と最初のチャンスを手にする。これらは得点に繋がらなかったものの、ペナルティーエリア内でベルナトがファールを受けて倒され、バイエルンがPKを獲得する。これをレヴァンドフスキ(9分)が確実に決め、バイエルンは早い時間帯に先制点を手にした。

 失点したアーセナルは続く時間帯は良く守り、バイエルンのゴール前でボールを繋げて積極的に攻める。しかし優位に立ち、より多くゴールチャンスを作っていたのはFCBだった。前半に特に観客の注目を浴びたのは両チームのGKで、両者とも素晴らしいセーブを披露していた。

 シュタルケはメスト・エジルのダイレクトシュート(12分)やアレクサンドル・ラカゼット(32分)の好機を阻止し、バイエルンのリードを守る。一方、ピッチの反対側ではペトル・チェフがハメス(18分、42分)、ミュラー(37分)、ベルナト(39分)のシュートを防ぎ、バイエルンに追加点を挙げさせない。21分には、ミュラーとの絶妙なワンツーからトリッソがゴールネットを揺らしたものの、オフサイドと判定され無効になった。

 FCBは後半、シュタルケ、マルティネス、ミュラーに代わりフリュヒトルとサンチェス、そしてコマンをピッチに送り出す。対するアーセナルはハーフタイム中に5人を交代した。後半開始直後にハメス(49分)がチャンスを演出するが、チェフにセーブされる。60分にはアラバが25m前からFKを蹴り直接ゴールを狙ったが、ハメス同様チェフに阻まれた。後半中に更に選手交代が行われたことにより、前半に比べて後半の試合の勢いはやや落ちた。

 このままバイエルンの勝利で終わるかと思われたが、アディショナルタイムにアーセナルがカウンターを仕掛け、バイエルンは試合終了直前にイウォビに同点弾を許す(90+4分)。こうして勝敗はPK戦に委ねられることになった。ここでバイエルンは、アラバ、サンチェス、ベルナトと3人がPKに失敗してしまう。対するアーセナルはモハメド・エルネニーのみがクリスティアン・フリュヒトルを前に失敗。この結果、バイエルンは3-4でアーセナルに敗北を喫した。

FCバイエルン vs アーセナルFC 3-4(PK/ 1-1、1-0)

  • FCバイエルン

    シュタルケ(46分フリュヒトル) - ラフィーニャ(75分ゲッツェ)、フンメルス、アラバ、ベルナト - マルティネス(46分サンチェス)、トリッソ(75分ドルシュ)- ハメス(65分パントヴィッチ)、ミュラー(46分コマン)、リベリー(75分フリードル)- レヴァンドフスキ(65分ヴィンツハイマー)


    Substitutions

    ホフマン


  • アーセナルFC

    チェフ(71分マルティネス)- ビエリク(46分ブラモール)、エルネニー、モンレアル - マイトランド=ナイルス、コクラン(46分ウィロック)、ジャカ(62分ラムジー)、コラシナック(43分ネルソン)- エジル(46分イウォビ)、ウェルベック(74分エンケティア)- ラカゼット(46分ウォルコット)


  • Referee

    グアン・シン(中国)


  • Attendance

    39,208人


  • Goals

    1ー0レヴァンドフスキ(9分 / PK)、1-1イウォビ(90+4分)


    Penalty shoot-out

    アラバ失敗、0-1ラムジー、1-1フンメルス、エルネニーのPKはフリュヒトルがセーブ、2-1コマン、2-2モンレアル、サンチェス失敗、2-3イウォビ、ベルナト失敗


  • Yellow cards

    マルテイネス / コクラン、エルネニー、ウィロック

News