presented by
Menu
アラバとロッベン復活!

5-0!FCバイエルンはケムニッツァーFCに得点のチャンスを与えず

 FCバイエルンはDFBポカール本戦第1回戦を完璧に成し遂げた!3部リーグに所属するケムニッツァーFC相手に、DFBポカール最多優勝チームであるFCバイエルンは5-0(1-0)での勝利を難なく挙げてみせた。コミュニティフォーユー・アレーナに集まった15,015人もの観客の前で、ロベルト・レヴァンドフスキ(20分、60分)、キングスレイ・コマン(51分)、フランク・リベリー(79分)、そしてマッツ・フンメルス(79分)がゴールを決め、バイエルンは開始直後から試合を支配して第2回戦進出への疑いを全く持たせなかった。FCバイエルンの次の対戦相手は、8月20日(日曜日ドイツ時間18時、日本時間翌1時)のARD スポーツニュースで行われる抽選により決定される。

スターティングメンバー

 対ドルトムントのスーパーカップ(5-4/ PK)と比べて、カルロ・アンチェロッティ監督は2点の変更を行った。負傷のためメンバー外となったハビ・マルティネスの代わりにニコラス・ズーレが先発出場し、キングスレイ・コマンは本来のポジションとは異なるものの、控えに回ったアルトゥーロ・ビダルの代わりを果たした。そしてダヴィド・アラバとアリエン・ロッベンも控え選手としてベンチ入りしたが、試合開始から63分にカムバックを果たした。それに対してアンチェロッティが起用を断念することになったのは、マルティネス、マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、ハメス・ロドリゲス、チアゴそしてフアン・ベルナトだ。

試合経過

 ケムニッツァーFCは5バックと中盤の層を厚くした5-4-1を採用し、FCバイエルンの攻撃をどうにか寸前のところで食い止めようとした。しかしバイエルンは試合開始直後に、レヴァンドフスキ(3分)によって早い段階でゴール前でチャンスを手にした。更にコマンとミュラー(7分)にもチャンスが訪れる。コマンがゴール右サイドからシュートするも、ケムニッツのGKクンツの足に当たりボールが弾かれ、こぼれ球を拾ったミュラーがミドルシュートを放ったが、こちらもネットを揺らすことはなかった。しかしその後、レヴァンドフスキ(20分)の放ったFKが壁を作った相手選手2人に当たりつつも、ゴール真ん中に打ち込まれバイエルンが先制点を獲得する。同ストライカーは試合開始から30分、ひざの負傷のため一時休止を余儀なくされる。しかし同ポーランド人選手はその後試合を続行した。

 FCバイエルンは80パーセントものボール保持率で試合と対戦相手を完全にコントロールする。そして前半終了間際に観ている者の心拍数をさらに上げる。レヴァンドフスキ(34分、44分)、コランタン・トリッソ(40分)、ヨスア・キミッヒ(42分)、そしてコマン(45分)とチャンスを量産するも、追加点を決めることはできない。45+1分にはリベリーが華麗なボレーシュートを放ったが、GKクンツに巧みに止められてしまう。そうしてポカールの記録王者バイエルンは前半に14:0というシュート本数を記録したものの、「たった」1点のリードで試合を折り返すことになった。

 しかし後半戦が始まるとFCバイエルンはチャンスを得点にしっかりと繋げ、より勇敢になった対戦相手から再びゴールを奪った。左サイドのリベリーがカウンターを仕掛け、逆サイドのコマンにパスを送ると、同選手がミドルシュートを放ちゴールネットを揺らした(51分)。これは同フランス人選手にとって、DFBポカールで決めた初めてのゴールになった。そして10分も経たぬ内にレヴァンドフスキが、コマン、キミッヒ、トリッソのダイレクトパスを経た夢のようなコンビネーションからゴールを決め、試合を3-0へと導く。そして79分、リベリーがFKからケムニッツのゴールを直接狙い、見事壁を越えてバイエルンに4点目をもたらす。そして最後にロッベンのCKにフンメルス(89分)が頭で合わせて更なる追加点を手にし、バイエルンが素晴らしいチームパフォーマンスを披露したこの試合を完璧な形で締めくくった。この5点目のアシストを記録したロッベンとアラバの復帰は、この日の午後のバイエルンの成功を更に嬉しいものにした。

前半ハイライト:

3分:トリッソがペナルティエリアからセンタリング、レヴァンドフスキが頭で合わせるもボールはわずかに逸れる!
7分:ダブルチャンス!コマンがミュラーからパスを受け、ゴール右サイドからシュート!しかしケムニッツGKのクンツが足でセーブ。こぼれ球を拾ったミュラーがミドルシュートを放つも再度止められてしまう。
20分:ゴーーール!! セットプレーからバイエルンが得点!レヴァンドフスキがゴール前中央20メートルの位置からFKを放ち、ボールは軌道を変えられたもののゴール左隅へと吸い込まれる。バイエルン先制!0-1
34分:レヴァンドフスキにチャンスが訪れるも、相手選手がコーナーへクリア 。
40分:トリッソがロングシュートを試みるも、ボールは右に逸れる。
42分:リベリーからパスを受けたキミッヒのミドルシュート、しかしボールはゴール上へ。
44分:レヴァンドフスキのFK、ミュラーとのワンツー後シュートを放つも実を結ばず。
45分:コマンがゴール前右17メートルの位置から強烈なシュートを放つも、ボールは右上に外れる。
45分+1:リベリーが左サイドから強烈なシュート!! ゴール右下に入るかと思われたが、同フランス人選手のボレーシュートはGKクンツに止められる!!

後半ハイライト:

46分:トリッソからの完璧なクロスを受け、ペナルティーエリア付近のミュラーが正面からシュートを放つ!しかしGKクンツに見事なセーブで防がれる。
51分:ケムニッツァーFCがさらに勇敢に攻撃を仕掛けるも、バイエルンにカウンターチャンス!コマンがミドルシュートを放ち、バイエルンが2点目を手にする。
54分:今度はルディのアシストから再びコマンがミドルシュート。しかしGKクンツに巧みに受け止められる。
60分:ファンタスティック!コマン、キミッヒ、トリッソのダイレクトパスにより、バイエルンがボールを素早くペナルティエリア内に運ぶ。そして最後はレヴァンドフスキが精確にゴールへと押し込んだ!0-3
77分:左サイドからミュルニコフスキーがシュートを放つもウルライヒが止める!
79分:夢のようなゴール!! リベリーがFKから直接狙う。相手選手5人の壁を越えてボールは華麗にゴールの左隅へ吸い込まれる。バイエルンは4点目を獲得!
89分:ゴーーール!!! ロッベンが上げたクロスにフンメルスが頭で合わせ、ネットを揺らす。0-5

 
 
 
ケムニッツFC vs. FCバイエルン 0-5 (0-1)

  • ケムニッツFC

    クンツ – ロイテンエッカー、シェッフェル、エンドレス、トラップ、コッホ – ハンシュ、ラインハート、グローテ(28分トリンクス)、アイディン(69分ミュルニコフスキー) – フラーン(81分スラボフ)


    Substitutions

    ンベンデ、クルフト、トリンクス、ブライトフェルダー


  • FCバイエルン

    ウルライヒ - キミッヒ、ズーレ、フンメルス、ラフィーニャ(63分アラバ) – トリッソ、ルディ(69分ビダル) – コマン、ミュラー、リベリー、レヴァンドフスキ、(63分ロッベン)


    Substitutions

    フリュヒトル、フリードル、レナト・サンチェス、ベンコ


  • Referee

    ビビアナ・シュタインハウス(ランゲンハーゲン)


  • Attendance

    15,015人(完売)


  • Goals

    0-1 レヴァンドフスキ(20分)、0-2 コマン(51分)、0-3 レヴァンドフスキ(60分)、0-4 リベリー(79分)、0-5 フンメルス(89分)


  • Yellow cards

    エンドレス / ルディ

News