presented by
Menu
パリで0−3の敗戦

相手の効率的な攻撃に屈したFCB

 FCバイエルンはパリ・サンジェルマンのホームで行われたチャンピオンズリーググループステージ第2節で0-3(0-2)の敗戦を喫した。フランスチームの攻撃陣は前半、3本のシュートを放ちダニ・アウヴェス(2分)とエディンソン・カバーニ(31分)が2得点を決める効率の良さを発揮。更に63分にはネイマールが試合を決定付ける追加点を決めた。

 パリ、パルク・デ・プランスの素晴らしい雰囲気の中、アンチェロッティのイレブンは決してノーチャンスではなかったものの、相手チームの見せたゴール前での決定力を欠いた。これによりFCバイエルンはグループBでPSG、また時を同じくして行われたアンデルレヒトでの試合で2-0の勝利を収めたセルティック・グラスゴーに次ぐ3位に後退している。

スターティングメンバー

 9月の代表戦で負った足首の負傷からダビド・アラバが復帰し、左サイドバックのポジションでラフィーニャに代わり先発出場を果たした。2-2のヴォルフスグルク戦からアンチェロッティは合計6つのポジションでメンバーを変更。ハビ・マルティネス、ニクラス・ズーレ、コレンティン・トリッソ、チアゴとハメスがマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング(メンバー外)、セバスティアン・ルディ、アリエン・ロッベン、フランク・リベリーに代わりスターティングメンバーに名を連ねた。控えGKのクリスティアン・フリュヒトルにとってはチャンピンズリーグ戦における初のメンバー入りとなっている。

 対するウナイ・エメリも週末の試合(モンペリエ、0-0)からメンバーへ若干の変更を加えた。レイヴァン・クルザワ、アウヴェス、ネイマールがユーリ・ベルチチェ(メンバー外)、トマ・ムニエ、ユリアン・ドラクスラー(両選手共にベンチスタート)に代わり先発出場。これによりネイマール、エディソン・カバーニ、キリアン・エムバペの3選手が4-3-3システムで戦うPSGの攻撃を担うこととなった。

試合経過

 ネイマールのチームへの復帰は直ぐに誰もが目の当たりにすることとなった。同ブラジル人選手はFCバイエルンの選手数名をエリア内で抜き去り、右サイドから走り込んだフリーのアウヴェスへパーフェクトなクロスでチャンスをお膳立てする。同選手はこの好機を逃さず、至近距離から放った最初のシュートをゴールにしっかりと沈め1-0と試合をリード(2分)。バイエルンはこの失点のショックから立ち直るまでに多少の時間を要したものの、その後試合の主導権を握った。

 ドイツ王者は対戦相手に比べ積極性を見せ、同点を目指し前線へと攻め上がった。しかしアルフォンス・アレオラの堅固な守備を前にマルティネスはゴールを割ることができず(19分)、またアラバもレヴァンドフスキのクロスに一歩間に合わずチャンスを逃している(26分)。反してパリは鋭いカウンターを見せ、リードを2-0と広げることに成功する。31分、エムバペの素晴らしいアシストからカバーニがボールをゴールネットに突き刺した。その後バイエルンは攻撃でアクセントをつけるものの、相手ゴールに向け決定的なシュートを打つまでには至らなかった。

 後半、アンチェロッティはキングスレイ・コマンとルディをハメスとトリッソに代えて投入、追い上げに向け得点を狙う。50分にはチアゴ・シウヴァがゴールライン際でヘディングシュートをクリア、マルティネスはこれにより再び運悪く得点のチャンスを逃した。63分にネイマールがエムバペのアシストから3-0のゴールを決めたことで、テンポの速い試合の勝敗は決定的なものとなった。

 バイエルンはその後も意気消沈することなく再び攻め上がるが、決定的な場面で運に見放された。途中出場のロッベンも試合の帰結を変えることはできなかった。対するパリもテンポを落とすことなく攻撃を繰り出した。

前半ハイライト

2分:ネイマールが左サイドを突破、エリア内へと切り込み上げたクロスを、ゴール中央右へフリーで走り込んだアウヴェスがシュート。ボールはウルライヒの股下を抜きゴールネットへ突き刺さった。1-0。
11分:ハメスがアレオラの頭上を越えるクロスを上げるも、ラビオがクリアしコーナーへと逃れる。
12分:キミッヒがCKを素早くミュラーへと上げるが、同選手のシュートはニアポストを掠め枠外へ。
19分:マルティネスが18メートルの距離からゴールを狙うが、アレオラがクロスバー上へと逃れる。
22分:パリのカウンター。しかしボールはネイマールの足元を離れ、ウルライヒがこれをキャッチ。
26分:レヴァンドフスキが左サイドから中央へ折り返したボールにアラバは僅かに届かず。
27分:再びパリのカウンター。今度はカバーニのシュートがファーポストを僅かに逸れる。
31分:レヴァンドフスキが16メートルの距離から試みたドライブシュートはアレオラがセーブ。
31分:アウヴェスのパスに右サイドのエムバペが抜け出し、エリア角からマイナスに出したクロスへ、走り込んだカバーニが合わせゴール右隅へシュート。パリが追加点。2-0。
37分:ネイマールのクロスにフリーのカバーニが合わせるがウルライヒがブロック。

後半ハイライト

50分:チアゴ・シウヴァがCKからマルティネスが放ったヘディングシュートをライン際でクリア。
50分:カウンターからネイマールがゴール前至近距離で放ったシュートは枠外。
54分:20メートルの距離からネイマールの放ったシュートはファーポストを僅かに逸れる。
57分:アレオラがルディの放ったミドルシュートに追いつき、これをブロック。
63分:センターライン付近から上がったアウヴェスが右サイドのエムバペへパス。アラバ、ズーレを抜いてエリア内へと侵入した同選手が中央へ出したボールを、マルティネスがカットするもコントロールしきれず、これを奪ったネイマールがフィニッシュに持ち込む。3-0。
72分:アレオラがキミッヒのセンタリングを寸でのところでクリア。
80分:カバーニが20メートルの距離から直接狙ったFKはクロスバーを僅かに越える。
90+3分:レヴァンドフスキのFKはアレオラがクリア。

パリ・サンジェルマン vs FCバイエルン 3ー0 (2ー0)

  • パリ・サンジェルマン

    アレオラ -アウヴェス 、マルキーニョス、シウヴァ、クルザワ - ヴェッラッティ(89分ドラクスラー)、モッタ(86分ロレンゾ)、ラビオ - エムバペ(79分ディ・マリア)ネイマール - カバーニ


    Substitutions

    トラップ、キンペンペ、モウラ、ムニエ


  • FCバイエルン

    ウルライヒ - キミッヒ、ズーレ、マルティネス、アラバ - ビダル、トリッソ(46分ルディ)、チアゴ - ミュラー(69分ロッベン)、ハメス(46分コマン) - レヴァンドフスキ


    Substitutions

    フリュヒトル、フンメルス、ラフィーニャ、リベリー


  • Referee

    マテウ・ラホス(スペイン)


  • Goals

    1−0 アウヴェス(2分)、2-0 カバーニ(31分)、ネイマール(63分)


  • Yellow cards

    ヴェッラッティ / キミッヒ、ビダル、チアゴ、ルディ

News