presented by
Menu
カムバックゴールを決めたレヴァンドフスキ

ドルトムントで3−1の勝利!勝ち点差を広げるFCB

 なんというスペクタクル!白熱の頂上決戦でFCバイエルンはボルシア・ドルトムント相手にアウェイで3-1(2-0)の完勝を収めた。81、830人の観衆を前にアリエン・ロッベン(17分)が技ありのドライブシュートでバイエルンに先制点をもたらすと、ロベルト・レヴァンドフスキ(37分)が踵で追加点を獲得、ハーフタイム後にはダヴィド・アラバ(67分)が一風変わった形でダメ押しとなるゴールを奪った。マルク・バルトラ(87分)が返した1点は、試合の帰結を変えるには至らなかった。

 テンポ、ゴールチャンス、ドリームゴール:ドルトムントのサッカー愛好家たちは素晴らしいサッカーを供されることとなった。両チーム共に一歩も譲ることなく、ホームチームも同様に好機を作り出した。だが結果的には狡猾さを発揮したミュンヘンのチームが相応しい勝利を収め、今節BVBに代わり2位へと順位を上げたRBライプツィヒに4ポイント差をつけて首位を保っている。

先発メンバー

 イングリッシュウィーク最後の試合を前に、ユップ・ハインケスはグラグゴーでのCL戦から4つのポジションに変更を加えた。2-1の勝利を収めたアウェイでのセルティック戦からジェローム・ボアテング、アルトゥーロ・ビダル、コレンティン・トリッソとラフィーニャがベンチメンバーへ退き、代わってマッツ・フンメルス、チアゴ、適時に復帰を果たしたロベルト・レヴァンドフスキ、また驚いたことにヨスア・キミッヒが先発メンバーに名を連ねた。同左SB選手は胃の不調を訴えチーム帯同を断念、だがその後遅れてドルトムント入りを果たし、スターティングイレブンとしてピッチに立った。

 ボルシア・ドルトムントの監督、ペーター・ボシュはドローに終わったAPOELニコシア戦から3つのポジションを変更、アンドリー・ヤルモレンコ、ゴンサロ・カストロ、マルセル・シュメルツァーがマリオ・ゲッツェ、ラファエウ・ゲレイロ(両選手共にベンチスタート)、マキシミリアン・フィリップ(メンバー外)に代わり先発メンバーに選出されている。尚かつてFCBに所属したセバスティアン・ローデは怪我により長期離脱中、またダン=アクセル・ザガドゥは出場停止となっている。

試合経過

 立ち上がり、お互いの出方を手短に探った両チームは、その後ドイツサッカーにとり素晴らしい宣伝とも言える試合を展開した。ニクラス・ズーレがオーバメヤンの得た好機をスライディングで阻止(12分)すると、反する相手ゴール前ではソクラティスが間一髪のところでゴールを死守(16分)、だがその直後ロッベンが今試合初となる素晴らしいシュートを得点へと繋げた(17分)。ドルトムントも決して劣らない良い攻撃を仕掛けウルライヒの守るゴールを数回にわたり脅かすが(22分、30分、32分)、FCBのGKは素晴らしい反応でこれを悉く阻止している。

 だが総合的に見てバイエルンは試合をよりコントロール、とりわけレヴァンドフスキはかつて自身が籍を置いたチームを繰り返し翻弄した。37分、同ポーランド人選手はシュメルツァーを置き去り、キミッヒのクロスを踵でゴールへと沈めスコアを2-0としている。ハーフタイムを前にヤルモレンコが1点を返す機会に恵まれるが、再びウライヒのセーブに阻まれ得点には至っていない(44分)。

 後半は前半終了時同様、速いテンポの展開をとなった。ロッベンのクロスからレヴァンドフスキが早々に試合を決定付ける好機を得るが、これはビュルキが足でセーブ(48分)。ヤルモレンコとオーバメヤン(共に49分)も同様にゴールチャンスを掴む。だがアラバのクロスがそのままビュルキの脇を抜けゴールへ吸い込まれた瞬間(87分)、この試合の勝者は決定的なものとなり、バルトラ(87分)が返した目を見張るような1点もこの結果を覆すには至らなかった。

前半ハイライト

12分:今試合最初のゴールチャンスを掴んだのはホームチーム:オーバメヤンが抜け出すが、ズーレがスライディングでボールをカット。
16分:フンメルスのパスからレヴァンドフスキがBVBディフェンスの裏へ抜けるが、ソクラティスがこの場を死守。
16分:アリエンのゴールでバイエルン先制!相手PA内でハメスのレイオフからフリーでボールを受け取ったロッベンが豪快にゴール左へと叩き込んだ。1-0。
22分:ウルライヒの好セーブ!プリシッチがFCBのPA内へカットイン、エンドライン手前からクロスを挙げるがウルライヒがこれをパンチング。
27分:アラバの中央への折り返しにレヴァンドフスキが走り込むが、ビュルキが寸前でこれをキャッチ。
30分:ウルライヒ!抜け出したヤルモレンコとの1対1をがウルライヒが制する。
31分:バイエルンのカウンター!アラバからのグラウンダーのパスをPA左角で受けたレヴァンドフスキのシュートはビュルキがセーブ。
32分:今度はBVBのカウンター!左サイドを突破したプリシッチがエリア内中央へパスを送り、香川がアラバをかわして右足を豪快に振り抜くがボールはポストを掠めてエンドラインを割る。
34分:フンメルスのロングパスに抜け出したレヴァンンドフスキだがボールをコントロールしきれずチャンスを逸する。
37分:ゴール!レヴァンドフスキが決め2‐0!キミッヒのクロスをレヴァンドフスキが踵でゴールへ流し込む素晴らしいシュート。
44分:中盤でのチアゴのパスミスからBVBのカウンター。ヤルモレンコとシュートはウルライヒが再びセーブ。

後半ハイライト

47分:3-0のチャンス!右サイドからロッベンがあげた完璧なクロスに、中央で待っていたレヴァンドフスキが合わせるも、ビュルキが足でこれをセーブ。セカンドボールを拾ったチアゴの放ったシュートも枠外。
48分:シュメルツァーのクロスに10メートルの距離からヤルモレンコが合わせるが、アラバがスライディングでブロック。
49分:オーバメヤンのシュートはゴールポスト左へと外れる。
64分:レヴァンドフスキに絶好のチャンス!再びロッベンの素晴らしいボールに抜け出しループシュートを試みるも枠外。
67分:アラバが左サイドからゴール前中央へ放り込んだ山なりのクロスにレヴァンドフスキが飛び込むが、ボールはそのままゴールに吸い込まれバイエルンに更なる追加点!3-0!
75分:再びウルライヒ!オーバメヤンのシュートを好セーブ!
87分:BVBが1点を返す。マルク・バルトラのドライブシュートにウルライヒは為す術なし。

ボルシア・ドルトムント - FCバイエルン 1-3(0ー2)

  • ボルシア・ドルトムント

    ビュルキ - バルトラ、ソクラティス(42分トルヤン)、トプラク、シュメルツァー – ヴァイグル、香川(68分ゲッツェ)、カストロ - ヤルモレンコ(80分サンチョ)、オーバメヤン 、プリシッチ


    Substitutions

    ヴァイデンフェラー、シャヒン、ゲレイロ、シュールレ


  • FCバイエルン

    ウルライヒ - キミッヒ、ズーレ、フンメルス、アラバ(74分ラフィーニャ) - マルティネス(81分ルディ)、チアゴ - ロッベン、ハメス(84分ビダル)、コマン - レヴァンドフスキ


    Substitutions

    シュタルケ、ボアテング、トリッソ、ヴリート


  • Referee

    トビアス・シュティーラー(ハンブルク)


  • Attendance

    81,360人(完売)


  • Goals

    0-1 ロッベン (17分)、 0-2 レヴァンドフスキ (37分)、0-3 アラバ (66分)、1-3 バルトラ (88分)


  • Yellow cards

    シュメルツァー、トプラク / アラバ、マルティネス

News