presented by
Menu
2017年最後のブンデスリーガ・ホーム戦で1-0の勝利

レヴァンドフスキ、ケルンの守備を破るゴール

 粘り強く戦う姿勢が報われた。バイエルンは今年最後のホームでのブンデスリーガ戦で1. FCケルン と対戦し、1- 0(0-0)で勝利した。ロベルト・レヴァンドフスキがこの日の決勝点を決めた(60分)。これにより同ポーランド人選手は今シーズン、これまでのブンデスリーガのホームでの全8試合で得点を記録し、FCBの新記録として歴史に名を刻むこととなった。

 ただひたすら守りに入る最下位チームとの試合で、バイエルンは完売となったアリアンツ・アレーナに集まった75,000人の観客が見守る中、たしかにいくつかの決定機は作ったが、レヴァンドフスキのゴール以外でそれらのチャンスを活かすことはできなかった。この勝利によってバイエルンは第16節を消化してさらに2位との差を広げ、新たに2位に繰り上がったシャルケに勝点9ポイント差をつけている。

先発メンバー

 フランク・リベリーにとっては特別な試合となった。というのは、これは同選手にとってFCBでの公式戦366試合目の出場だったからだ。これによりリベリーはハサン・サリハミジッチの記録を抜き、バイエルンの外国人選手として最多出場を記録した。ハインケスは同フランス人選手をトム・シュタルケと同様に再び先発メンバーとして起用し、1-0で勝利したフランクフルト戦から全部で4人の変更を加えた。ダヴィド・アラバ、セバスティアン・ルディ、コランタン・トリッソ、レヴァンドフスキの4人が、今節はベンチスタートとなったハビ・マルティネス、キングスレイ・コマン、ヨスア・キミッヒ、ハメス・ロドリゲスの代わりに先発メンバーに名を連ねた。またアマチュア選手のレオ・ヴァインカウフが今シーズン初めてベンチ入りした。

試合経過

 バイエルンは前半、80%以上のボール支配率を記録した。対するケルンは非常に守備的で、自陣ペナルティーエリア前で5バック、そしてその1列前には4人を配置する。バイエルンはボールをうまく回し何度か良い形でシュートまで持っていく。しかし運悪くなかなかネットを揺らすことはできない(13分、38分)。ケルンも何度かカウンターを仕掛けるがバイエルンに早い段階で潰されるか、仕掛けたところでチャンスとなるものではなかった。

 後半開始から、バイエルン監督のハインケスはコマンとハメスをアルトゥーロ・ビダル、トリッソに代えてピッチに投入する。しかし試合展開は前半と変わらず、FCBは相手の守備網のスペースを探し、何度かシュートを打つことはできたが精確性に欠ける(48分、51分)。そして60分にようやくチャンスを活かしゴールが生まれた。ボアテングとトーマス・ミュラーの素晴らしいコンビネーションからレヴァンドフスキが冷静にゴールに流し込み、バイエルンに先制点をもたらしたのだ。これは同選手にとって今シーズン15ゴール目となった。

 その後、バイエルンは試合を決めようと改めてプレッシャーを強めたが、少しばかり運が足らず、追加点を奪うことはできない(65分、66分)。守備においては相手の侵入をほとんど許すことはなく、また突破されてもシュタルケがピンチを救った(86分)。こうしてバイエルンは1点のリードを守りきり、今季最後のブンデスリーガ・ホーム戦も勝利で飾ることができた。

前半ハイライト

6分:リベリーがフリーでケルンGKホルンに向かい、シュートを放つもキャッチされる。
13分:リベリーがチップキックでペナルティーエリア内のミュラーにパスし、同選手が角度のないところからシュートするもホルンに阻まれる。
15分:ズーレがコーナーキックからヘディングでシュートするが、ボールはわずかに枠を越える。
23分:レヴァンドフスキがゴールに背を向けながらボールを受け、振り向き様にシュートするがキーパー正面。
38分:ズーレのクロスにエリア内やや右のミュラーが頭で合わせたが、ゴールネットの外側に当たる。
44分:クリュンターがバイエルンのエリア内に侵入するが、ズーレが見事なスライディングでバイエルンの危機を救う。

後半ハイライト

48分:ボアテングのクロスを受け、アラバがエリア内からグラウンダーのシュートを放つが枠外。
51分:ミュラーが右サイドから素晴らしいクロスを上げ、レヴァンドフスキが頭で合わせたが、ボールはクロスバーの上へ。
60分:バイエルンに先制点!ボアテングのロングボールをエリア内のミュラーが頭で折り返し、レヴァンドフスキが容赦なくゴール右下に決めた。1-0
65分:コマンが左サイドからクロス、ハメスがボレーシュートするが、ホルンにセーブされる。
66分:ボアテングのクロスにコマンが頭で合わせたが、クロスバーに直撃。
70分:ズーレがミドルシュートを放つも、ホルンがパンチングセーブ。
85分:ハメスのシュートはホルンが横飛びでセーブし、コーナーに。
86分:クリュンターがゴール16m前からシュートするが、シュタルケが素晴らしい反応でセーブ。

FCバイエルン-1.FCケルン1-0(0-0)

  • FCバイエルン

    シュタルケ – ラフィーニャ、ボアテング、ズーレ、アラバ – ルディ - ミュラー、トリッソ (46分 ハメス)、ビダル (46分 コマン)、リベリー(76分 キミッヒ) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ヴァインカウフ、 フンメルス、マルティネス、ヴリート


  • 1. FCケルン

    ティム・ホルン – オルコウスキ、ソーレンセン、メレ、ハインツ、ヤネス・ホルン(76分 クシッチ) – ヨイッチ、エズカン、レーマン(84分 クレメンス)、ハンドヴェルカー(66分 フューリヒ) – クリュンター


    Substitutions

    ミュラー、リザ、オウアヒム、ビシェック


  • Referee

    ダニエル・ジーベルト(ベルリン)


  • Attendance

    75,000人 (完売)


  • Goals

    1-0 レヴァンドフスキ(60分)


  • Yellow cards

    - / -

News