presented by
Menu
アリアンツ・アレーナでのサッカーの祭典

3−1!バイエルンがパリとの力比べを制する

 なんと素晴らしい、なんと胸躍らせる試合だろう!5日(火)の夜、緊張感溢れるハイレベルな試合を制しここまで無敗を誇るパリ・サンジェルマンを3-1(2-0)で下したFCバイエルンはグループリーグ6試合目で5勝目を飾った。センセーションを巻き起こすには僅かに一歩及ばず、勝点15ポイントのPSGが1stレグでの直接対決の結果(0-3)を受け首位で次ラウンドへ進出。セルティック・グラスゴー(3ポイント)は勝点で並ぶRSCアンデルレヒト(3ポイント)を退け3位を獲得しヨーロッパリーグへとまわる。

 FCバイエルンは首位で予選を通過する為に4得点差の勝利を必要とし、 70,000 人の観衆が訪れた完売のアリアンツ・アレーナで少なくとも前半、その可能性は十分あるように思われた。ハーフタイム前にロベルト・レヴァンドフスキ(8分)とコレンティン・トリッソ(37分)の得点で2-0と試合をリードしたが、後半開始直後に許したキリアン・エムバペのゴールが、バイエルンの望みを打ち砕いた。69分にはトリッソが最終スコアを決定する今試合2点目を決めている。ウィンターブレイク明けにFCバイエルンがどのチームとラウンド16で対戦するかは、11日(月)の抽選で決定される。

スターティングメンバー

 フランク・リベリーが膝の故障からスターティングイレブンへ復帰し、主将としてFCバイエルンを率いることとなった。またトリッソとキングスレイ・コマンの両フランス人選手、背中に問題を抱えていたダビド・アラバも同様に先発メンバーに名を連ねている。3日(土)にホームで3-1の勝利を収めたハノーファー96戦からは5つのポジションで変更が加えられ、リベリー、アラバ、トリッソ、ニクラス・ズーレとセバスティアン・ルディが、ハビ・マルティネス、ジェローム・ボアテング、ラフィーニャ、アルトゥーロ・ビダルとトーマス・ミュラーに代わり先発出場を果たすこととなった。

試合経過

 キックオフ後、FCバイエルンは先ず安定した守備を見せることに傾注、スペースを狭く保ち、パリ・サンジェルマンにボールをキープさせるものの決して突破を許すことはなかった。バイエルンはボールカットから素早いトランジションを行い、レヴァンドフスキのゴール(8分)によって早々に先制点を獲得する。その後FCBは試合を圧倒的に支配、また掴んだ決定的好機を活かし37分にはトリッソが点差を2-0と広げた。

 PSGは自らの試合を展開することが出来ず、チャンスメイクもネイマールやエムバペの素早い攻めに頼るのみに終わった。数少ないシュートも精密さを欠き、2-0のスコアのまま試合は後半へと突入。ハーフタイム中の統計はバイエルンから見て、シュート数7対6、クロス数10対8、デュエル勝率 54パーセントとなっている。

 だが後半開始と共に良いスタートを切ったのは相手チームだった。50分にエムバペが1点を返し2-1とすると、両チーム共にテンポの早い攻めを応酬、PSGが優勢を強める。ここでハインケスはリベリーに代え余力の残るミュラーを投入、その3分後にはトリッソが3-1とし(69分)再び点差を2点に広げることに成功する。残された時間もバイエルンは更にゴールを狙い攻め上がるが、両陣営と共に決定的なゴールチャンスを得ることなく試合終了を迎えている。

前半ハイライト

3分:右サイドを突破したエムバペが自らPA内へカットイン、角度のない位置からシュートを試みるが、ディフレクションで僅かにコースの変わったボールはウルライヒが危なげなくセーブ。
6分:コマンが相手DF2人をかわしシュートへと持ち込むが、アレオラがキャッチ。
8分:バイエルンの先制点!右サイドのハメスがエンドライン際で中央へ折り返したボールをアラバがヘッドで落とし、ゴール前につめていたレヴァンドフスキがフリーでシュートに持ち込んだ。1-0。
17分:リベリーのダイアゴナルパスを受けたルディが放ったミドルシュートはクロスバーを大きく越える。
20分:ドリブルで上がったコマンがあげたクロスは、相手選手に当たりアレオラがキャッチ。
34分:エムバペとのワンツーから抜け出したネイマールが角度のない位置からファーサイドを狙うが、ウルライヒが辛くも指先に触れたボールはそのままポストにあたりエンドラインを割る。
37分:ゴール!右サイドのハメスの精密なロングクパスに、中央へ走り込んだトリッソが頭で合わせバイエルンに追加点。2-0。
43分:17メートルの距離からネイマールがゴールを狙うがウルライヒがセーブ。
45分:ドラクスラーが放った20メートルのミドルシュートはウルライヒが危なげなくキャッチ。

後半ハイライト

50分:ゴール!ヴェッラッティのパスをPA内右でカバーニがチップキックでダイレクトに中央へ折り返し、後方から走り込んだエムバペが10メートルの距離からそのままゴール左下隅へ叩き込んだ。2-1。
60分:PA内へカットインしたネイマールからカバーニを経て受けたポールを、ドラクスラーが15メートルの距離からシュートへ持ち込むが、ウルライヒがセーブ。
61分:ネイマールのパスをエムバペがゴール前で強烈なハーフボレー。だがこれはウルライヒがブロックしサイドに逃れる。
​62分:CKからのセカンドボールをゴール5メートル手前で拾ったアウヴェスのシュートはジャストミートせず枠外。
69分:バイエルンに追加点!左サイドでアウヴェスをかわしたコマンが自らPA内へ持ち込み、中央へ出したグラウンダーのクロスをトリッソがゴール9メートル手前からゴールへ叩き込んだ。3-1。
80分:エムバペがエリア手前からシュートを放つが、フンメルスがクリア。
80分:CKからマルキーニョスがオーバーヘッドシュートを試みるが枠外。
90+3分:後方からのロビングボールに抜け出したレヴァンドフスキがアレオラの頭上を越えるループシュート。だがゴールはクロスバーを大きく越える。

FCバイエルン vs パリ・サンジェルマン 3ー1(2ー0)

  • FCバイエルン

    ウルライヒ - キミッヒ、フンメルス、ズーレ、アラバ(86分ラフィーニャ) - ルディ、トリッソ - コマン、ハメス(83分ビダル)、リベリー(66分ミュラー) - レヴァンドフスキ


    Substitutions

    シュタルケ、ボアテング、マルティネス、フリードル


  • パリ・サンジェルマン

    アレオラ - アウヴェス 、マルキーニョス、シウヴァ(73分キンペンペ)、クルザワ - ラビオ- ヴェッラッティ、ドラクスラー(90+1分ロ・セルソ) - エムバペ、ネイマール - カバーニ


    Substitutions

    トラップ、ディ・マリア、ベルチチェ、ムニエ、パストーレ


  • Referee

    チュネト・チャキア(トルコ)


  • Attendance

    70,000人(完売)


  • Goals

    1-0 レヴァンドフスキ(8分)、2-0 トリッソ(37分)、2-1 エムバペ(50分)、3-1 トリッソ(69分)


  • Yellow cards

    キミッヒ、ハメス、トリッソ、ルディ / マルキーニョス、ドラクスラー

News