presented by
Menu
6-0でハンブルガーSVを撃破

バイエルンがHSVを圧倒

 FCバイエルンのリーグ6連覇が着実に近づいてきている。ドイツ最多優勝チームはブンデスリーガ第26節でハンブルガーSVを相手に6-0(3-0)の快勝を収め、3月9日(金)にマインツで勝利したFCシャルケ04との勝点差20ポイントをキープした。理論上、バイエルンは来週末にも王座防衛を完璧なものにすることが出来そうだ。

 75,000人の観衆が集まり再びチケットが完売したアリアンツ・アレーナで、バイエルンはハンブルガーSVにいかなるチャンスの隙も与えなかった。フランク・リベリー(8分)とロベルト・レヴァンドフスキ(12分、19分)がバイエルンを早々に勝利の軌道に乗せ、アリエン・ロッベン(55分)とまたもやリベリー(81分)が後半の試合結果をより高いレベルへ引き上げた。試合終了間際にはレヴァンドフスキがペナルティーキックを沈めてバイエルンの6得点目を決めた。

 後半開始から途中出場するも65分に怪我でフィールドを去らねばならなかったコランタン・トリッソは、ただ一人辛い時間を過ごすことになった。医師による診断結果はまだ下されていない。

先発メンバー

 4-0で勝利を収めたSCフライブルク戦からユップ・ハインケスはスターティングメンバーを4人変更した。チアゴ、フアン・ベルナト、トリッソ、サンドロ・ヴァーグナーに代わりハビ・マルティネス、リベリー、ロッベン、レヴァンドフスキを起用した。今回記念日を祝ったのはジェローム・ボアテングだ:同選手は今節でバイエルンでの公式戦250試合出場を達成した。

 対するハンブルガーSVでは0-0で終わった先週のマインツ戦から1箇所だけ変更があった。監督ベルント・ホラーバッハはバカリー・ジャッタに代えてデニス・ディークマイアーを起用した。同サイドバックはしかし24分には再びピッチを去ることになった。やや驚くべきことに、メンバー入りした選手の中にフォワードのボビー・ウッドとヤン=フィエテ・アルプの姿はなかった。

試合経過

 過去何年もハンブルガーはバイエルンにとって好ましいアウェイチームであり、それはこの3月10日(土)も同様だった。バイエルンの選手たちはまるで消防士のように威勢よく仕事に取りかかった。リベリーは酒井高徳のクリアミスを利用してペナルティエリアに侵入、HSVキーパーのクリスティアン・マテニアを抜き去り早々に1点目をゴールへ流し込んだ(8分)。バイエルンは完璧なプレーで2点目、3点目もものにした。まずロッベンとヨスア・キミッヒが2点目をお膳立てすると(12分)、続いてボアテングとアラバが模範的なアシストでスコアを3-0とした(19分)。どちらのゴールも決めたのはもちろん、レヴァンドフスキだ。試合開始20分も経過しないうちから、なんという素晴らしい立ち上がりだろうか!

 バイエルンはその後も試合を意のままに支配した。27分、ゴールに向かって突き進んだロッベンのプレーは大きなチャンスになりかけたが、最終的にファン・ドロンゲレンにファウルによって阻止された。35分にはキミッヒがシュートを放つもマテニアに阻止された。全体的にバイエルンの選手たちはやや士気が下がっていたが、いずれにせよハーフタイムで控え室へ向かうHSV選手たちは3-0という結果に意気消沈していた。

 前半のシュート数は11-1、更にバイエルンのボール支配率71%という数値は、後半もバイエルンの優位は変わらないであろうことを雄弁に物語っていた。48分のミュラーのヒールでのシュートはあわや4-0という場面だったが、結果的にはロッベンがゴール手前16mから放ったシュートで4ゴール目を叩き込んだ(55分)。マテニアには止める術がなかった。試合終盤、リベリーの鋭いドリブル突破からのゴールでスコアは5-0となった(81分)。試合終了間際、レヴァンドフスキは2度ペナルティーキックに挑んだ。1本目はゴール上方に外してしまうが(86分)、2本目は決め最終スコアを6-0とした(90分)。

前半ハイライト

6分:やや右よりの位置からアラバが放ったフリーキックはクロスバーを越える。
8分:バイエルンに早速のゴール!HSV選手のスライディングによって転がってきたボールを拾ったフランク・リベリーが強引に突破、余裕を持ってゴールに流し込む!1-0
12分:お手本のようなゴール!キミッヒがロッベンの外側から走りこむ。中央へ上げたクロスはレヴァンドフスキへ繋がり、マテニアに防ぐチャンスを与えぬヘディングゴールで2-0!
19分:またもやゴール!ボアテングの素晴らしいロングボールをアラバがダイレクトで中央へ折り返し、その先で待っていたレヴァンドフスキがそのボールを難なく蹴り込んで3-0!素晴らしい!
27分:ロッベンが単身ドリブルでHSVゴールへ迫るもファン・ドロンゲレンのプレッシャーにあい、最終的にはペナルティエリアやや手前のファウルで止められる。近くにパパドプーロスも居たためか提示されたのはイエローカードのみ。
35分:ミュラーがペナルティエリア内でパパドプーロスから早まったスライディングタックルを受けるもいったんサイドへ流れ、逆サイドのゴールポスト付近にフリーで走り込んでいたキミッヒにクロスを送る。マテニアはこれを防ぎコーナーキックにする。

後半ハイライト

48分:ミュラーの曲芸プレー!リベリーからのセンタリングにヒールで合わせたボールはHSVゴールへ向かうも僅かに逸れる。
55分:ゴール!16メートルの位置からアリエン・ロッベンが放った力強いシュートは淀みなくゴールネットに突き刺さる。4-0!
67分:惜しくもポスト!アラバからボールを受けたチアゴが角度のない位置からゴールを狙うもマテニアとゴールポストに阻まれクリアされる。
74分:反転したルディが放った美しいミドルシュートは惜しくもゴールポストのやや右!
76分:フンメルスにビッグチャンス!しかしミュラーの素晴らしいラストパスから同選手が放ったシュートは惜しくもゴール横を抜ける。
81分:圧巻なゴール!フランク・リベリー!ドリブルで並み居るHSVディフェンスを次から次へと抜き去り、最後は落ち着いてゴールを決める!5-0!
83分:レヴァンドフスキが遠目からのミドルシュートを試みるもゴール脇へ。
86分:PK!レヴァンドフスキが蹴った シュートは枠の上へ。
90分:今度は決めた!主審は再びPKスポットに指をさし、レヴァンドフスキが冷静に決めて6-0。試合終了!

FCバイエルン vs.ハンブルガーSV 6-0(3-0)

  • FCバイエルン

    ウルライヒ - キミッヒ、ボアテング、フンメルス、アラバ - マルティネス - ミュラー、ビダル(46分 トリッソ、65分 ルディ) - ロッベン(63分 チアゴ)、リベリー - レヴァンドフスキ


    Substitutions

    シュタルケ、ヴァーグナー、ズーレ、ベルナト


  • ハンブルガーSV

    マテニア – 酒井、パパドプーロス、ファン・ドロンゲレン – ディークマイアー(24分 ヤニチッチ)、ユング、ワラシ(70分 ファグノマン)、サントス – ハント(87分 ジャッタ) – コスティッチ、シップロック


    Substitutions

    ポラースベック、ハーン、ヴァルトシュミット、サリホヴィッチ


  • Referee

    クリスティアン・ディンガート(レベックスミューレ)


  • Attendance

    75,000人(完売)


  • Goals

    1-0 リベリー(8分)、2-0 レヴァンドフスキ(12分)、3-0 レヴァンドフスキ(19分)、4-0 ロッベン(55分)、5-0 リベリー(81分)6-0 レヴァンドフスキ(90分)


  • Yellow cards

    ビダル / ファン・ドロンゲレン、サントス


  • Special occurrences

    レヴァンドフスキのペナルティーキックはゴール上に外れた(86分)。

News