presented by
Menu
最後のアウェイ戦

3-1!ドイツマイスターFCBがケルンで逆転勝利

Increase font size Text size

 FCバイエルンは今シーズンのブンデスリーガ・アウェイ戦にも勝利することができた。ドイツマイスターのFCBは5月5日(土)午後、既に降格が決まっている1. FCケルン相手に遅れを取ったものの、後半に3ゴール挙げて3-1(0-1)の逆転勝利を収めた。

 50,000人の観客で満員のラインエネルギー・シュターディオンで先制点を決めたのは、ホストのケルンだった。とはいえ、得点者となったのは不運なことにFCBのニクラス・ズーレ(30分/ オウンゴール)だ。ハーフタイム後はバイエルンが試合を支配し、ハメス・ロドリゲスの同点ゴール(59分)とロベルト・レヴァンドフスキの今季29ゴール目により、わずか3分の内に逆転に成功する(61分)。更に終盤にコランタン・トリッソ(78分)がダメ押しの3点目をFCBにもたらし、チームの勝利を決定付けた。これによりバイエルンは、ブンデスリーガの6試合連続で1試合最低3ゴールを決め、勝利を手中にした。

先発メンバー

 マドリードでのチャンピオンズリーグ戦の4日後、ユップ・ハインケスは先発メンバーを4点変更してケルン戦に臨んだ。その結果、ラフィーニャ、ハビ・マルティネス、セバスティアン・ルディ、ユース選手のフランク・エヴィニャがスターティングメンバーに名を連ねた。17歳のエヴィニャは先週のフランクフルト戦でブンデスリーガ・デビューを果たしたばかりだ。また、ケルン戦ではルーカス・マイ、ニクラス・ドルシュ、フェリックス・ゲッツェと更に3人の若手選手がベンチ入りを果たした。

 ジェローム・ボアテング、キングスレイ・コマン、アリエン・ロッベンに加え、フランク・リベリー(足指の打撲)とダヴィド・アラバ(筋肉の硬化)も欠場した。

試合経過

 サッカー日和と表現するにふさわしい天気の下、バイエルンはケルンでリズムを掴むまでに30分ほど必要とした。それまでの時間帯でバイエルンのチャンスは25分のレヴァンドフスキのヘディングシュートのみに止まる一方で、対人戦に強いホストのケルンは、シモン・テロッデ(3分、9分)、ジモン・ツォラー(11分)、マルセル・リッセ(22分)と4つの好機を作り出すが、これらはいずれもFCBの守護神スヴェン・ウルライヒが阻止した。

 先制したのはケルンだったが、得点をもたらしたのはFCBの選手だった。30分、FCBのゴール前でズーレがクリアしたボールが不運にもバイエルンのゴールネットを揺らしてしまったのだ。しかしこの失点でバイエルンは目を覚ました。前半中にトーマス・ミュラー(41分)、そして特にレヴァンドフスキ(42分)にチャンスが訪れたものの、両選手ともそのチャンスを得点に繋げることはできない。そのため、バイエルンは1点のビハインドでハーフタイムを迎えることになった。

 ハーフタイムが終わり、バイエルンはエヴィニャに代わりチアゴを途中出場させ、ケルンに圧力をかける。56分に再びレヴァンドフスキがチャンスを作るが、GKホルンにセーブされる。だが59分、まずハメスのゴールでバイエルンが同点に追いつく。そしてそのわずか2分後、ついにレヴァンドフスキもゴールネットを揺らし、チームに逆転ゴールをもたらした(61分)。両ゴールをアシストしたのはミュラーだ。その後はこのバイエルンのリードが脅かされることはなく、それどころか78分にトリッソがダメ押しの追加点を挙げる。こうしてシーズン最後のアウェイ戦は、ユップ・ハインケス率いるバイエルンの3-1の勝利で幕を閉じた。

前半ハイライト

3分:テロッデがウルライヒと1対1に持ち込むが、FCBキーパーが冷静にセーブ。
8分:ミュラーのクロスにファーポストのエヴィニャが頭で合わせるが、リッセにブロックされる。
9分:クレメンスのクロスからテロッデにヘディングのチャンスが訪れるが、同選手のシュートはクロスバーの上に飛ぶ。
11分:再びケルンにビックチャンス。ウルライヒと1対1となったツォラーがフリーでシュートを放つも、ボールは枠外へ。
15分:ハメスのCKからズーレがヘディングシュートするが、ケルンGKホルンにセーブされる。
22分:ケルンのカウンターからリッセがフィニッシュに持ち込むも、ボールはクロスバーを越える。
25分:CKにレヴァンドフスキが頭で合わせるが、ホルンがセーブ。
30分:ズーレのオウンゴールでケルンが先制。クレメンスが右サイドから中央目掛けて上げたクロスをクリアしようとしたズーレだが、ボールは不運にもバイエルンゴールの方角へ飛び、ポスト内側に当たってゴールネットを揺らした。1-0
41分:ミュラーが17m手前からシュートするが、ホルンがセーブ。
42分:バイエルンに同点のチャンス!ハメスのクロスを受け、レヴァンドフスキがヘディングシュートを放つも、再びホルンにセーブされる。

後半ハイライト

56分:レヴァンドフスキにチャンス!しかし同選手がゴール11m前から放ったグラウンダーのシュートは、ホルンに脚でセーブされる。
59分:同点!左サイドからのラフィーニャのパスをファーポストのミュラーが頭で落とし、ハメスが5m前から押し込んだ。1-1
61分:バイエルンが逆転!再びラフィーニャからのパスを受けたミュラーが、ゴールを背にパスを出す。そこにレヴァンドフスキが走りこんでシュートを決め、バイエルンに追加点をもたらした。1-2!!
78分:再びバイエルンにゴール!右サイドからのハメスのクロスにトリッソが頭で合わせ、見事ゴールネットを揺らした。1-3!!!
83分:途中出場したピサーロにFCBのPAに侵入されグラウンダーのシュートを許すも、間一髪で左ポスト横へ外れる。
88分:再びピサーロがシュートするも、ウルライヒがセーブ。

1.FCケルン vs. FCバイエルン 1-3(1-0)

  • 1.FCケルン

    T. ホルン – リッセ、マロー、ハインツ、J. ホルン – ヘーガー - クレメンス(82分ヨイッチ)、コジエロ、ヘクター、ツォラー(71分コルドバ)– テロッデ(79分ピサーロ)


    Substitutions

    ケスラー、ソーレンセン、エズカン、大迫


  • FCバイエルン・ミュンヘン

    ウルライヒ – キミッヒ、ズーレ、フンメルス、ラフィーニャ – マルティネス - ミュラー(74分トリッソ)、ルディ、ハメス、エヴィニャ(46分チアゴ)– レヴァンドフスキ(77分ヴァーグナー)


    Substitutions

    シュタルケ、ゲッツェ、マイ、ドルシュ


  • Referee

    ビビアナ・シュタインハウス(ランゲンハーゲン)


  • Attendance

    50,000人(完売)


  • Goals

    1-0ズーレ(30分/ OG)、1-1ハメス(59分)、1-2レヴァンドフスキ(61分)、1-3トリッソ(78分)


  • Yellow cards

    ツォラー/ -

News