presented by
Menu
ロタッハ=エーガン戦:20-2

大量得点で合宿最終日へ

Increase font size Text size
  • 圧勝で合宿最終日を迎える
  • バイエルン6選手が2得点以上を記録

 ゴール、トリック、満足の表情。合宿最終日前日の8月6日(水)午後、FCバイエルンはFCロタッハ=エーガンとテストマッチを行い、20-2(7-2)で勝利してテーガン湖畔合宿の厳しく骨を折る一週間の終わりを迎えた。

 2,500人の観客が見つめる中、FCBは前半でキングスレイ・コマン(1分、3分、16分)、チアゴ(3分)、ロベルト・レヴァンドフスキ(19分、33分、45分)がゴールを奪った。一方でホームチームはドミニク・プフルーガー(25分)とアンドレ・シュミット(32分)が得点した。後半はサンドロ・ヴァーグナー(57分、63分、68分)、トーマス・ミュラー(59分、60分)、マキシミリアン・フランツケ(62分、74分、80分)、セバスティアン・ルディ(65分)、フランク・リベリー(70分)、ハメス(76分、88分)、ヨスア・キミッヒ(79分)が得点シートに名を連ねた。

 午前中に集中的な練習を行っていたFCバイエルンだったが、一方的に試合を展開する。20分には既にコマンがハットトリック、チアゴとレヴァンドフスキのゴールを奪って5-0とリード。その後、コヴァチ率いるチームはリズムを落とし、FCロタッハ=エーガンがプフルーガーとシュミットの得点でスコアを5-2とするも、ハーフタイムまでにレヴァンドフスキが更に2点を加えた。

 両チーム多くの選手交代を行った後半開始から雨が降り出した。しかしバイエルンのゴールショーは続く。ヴァーグナー、ルディ、リベリー、ハメス、ミュラー(2得点)、フランツケ(3得点)、キミッヒ(1得点)がほぼ毎分のように相手ゴールネットを揺らして最終的に20-2で試合を終えた。

 しかしこの試合の結果は二の次であった。多くの観客は間近でバイエルン選手のプレーを目の当たりに出来て笑顔を浮かべていた。ドイツ王者のテーガン合宿は成功し、FCロタッハ=エガンはバイエルンと対戦したという貴重な体験を得た。加えてこの試合の全収益はFCロタッハ=エガンが受け取る。

FCロタッハ=エーガンvs. FCバイエルン 2-20(2-7)

  • FCロタッハ=エーガン

    前半:グラフンダー – ヴェルナー、ゾウルトゾグロウ、G.イェルマツァー、プフルーガー – ユンゲ、ランデンハマー、クルップ、S.イェルマツァー – シュミット、シュリヒトナー
    後半:ポマーエンニング(69分 ウンターベルガー) - コエルベル(70分 グラドル)、トレッテンハン、ヘーガー、ナントシェフ - F.イェルマツァー、ジグリツ(70分 ピーツェコ)、ザック、ルイェヴィッチ – T.シュリヒトナー(70分 ザケット)、F.シュリヒトナー(70分 ハウスマン)


    Substitutions

    -


  • FCバイエルン

    前半:ウルライヒ- ラフィーニャ、ズーレ、マイ、アラバ - マルティネス - ロッベン、ゴレツカ、チアゴ、コマン - レヴァンドフスキ
    後半:ホフマン –キミッヒ、フンメルス、ゼンクバイル、ベルナト – ルディ – フランツケ、ミュラー、ハメス、リベリー - ヴァーグナー


    Substitutions

    -


  • Referee

    ヴォルフガング・ハスルベルガー


  • Attendance

    2,500人


  • Goals

    0-1コマン(1分)、0-2チアゴ(3分)、0-3コマン(13分)、0-4コマン(16分)、0-5レヴァンドフスキ(19分)、1-5プフルーガー(26分)、2-5シュミット(32分)、2-6レヴァンドフスキ(33分)、2-7レヴァンドフスキ(45分)、2-8 ヴァーグナー(56分)、2-9 ミュラー(58分)、2-10 ミュラー(60分)、2-11 フランツケ(62分)、2-12 ヴァーグナー(63分)、2-13 ルディ(65分)、2-14 ヴァーグナー(68分)、2-15 リベリー(70分)、2-16 フランツケ(74分)、2-17 ハメス(76分)、2-18 キミッヒ(79分)、2-19 フランツケ(80分)、2-20 ハメス(88分)


  • Yellow cards

    - / -

News