presented by
Search Fill-1
Menu
3-0の勝利でウィンターブレイク突入

FCBがフランクフルトで完勝

Increase font size Text size
  • FCバイエルンが2位で前半戦を終える
  • リベリーが試合を決定づける2得点、ラフィーニャも得点
  • ゴレツカ、フンメルスが直前で負傷欠場

 FCバイエルンは勝利で前半戦最終戦を終えた。クリスマス・イブを2日後に控えた22日(土)のナイトゲームで、ドイツ絶対王者は昨季のDFBポカール覇者、アイントラハト・フランクフルトを3-0(1-0)で下し首位ボルシア・ドルトムントと6ポイント差の順位表2位へ浮上。コメルツバンク・アレーナに集まった51,500人の観衆を前に、既に18日(水)のRBライプツィヒ戦で決勝点を挙げたフランク・リベリー(35分、79分)が再び2得点を決め、チームの勝利を引き寄せた。終了直前にはラフィーニャ(89分)が追加点を挙げている。

 ウィンターブレイクを控えた今年最後の試合で、ニコ・コヴァチはRBライプツィヒを1-0で下した一戦のスターティングメンバーから4つのポジションで選手を入れ替えた。負傷欠場のセルジュ・ニャブリ(筋断裂)レオン・ゴレツカ(内転筋の問題)、マッツ・フンメルス(ウォームアップ後の背中の痛み)、またベンチスタートのキングスレイ・コマンに代わりラフィニャ、ジェローム・ボアテング、ハビ・マルティネスとリベリーが先発で出場した。 

 両チームは立ち上がりから相手陣内へと果敢に攻め上がるが、まずはホームチームが先手を取る。8分、ダニー・ダ・コスタとセバスティアン・アレアが立て続けにシュートを放つも、マヌエル・ノイアーが足でブロックし難を逃れる。その直後にルカ・ヨヴィッチ(11分)が狙ったシュートは枠を捉えきれずエンドラインを割る。これに対するFCバイエルンの返答は素早かった。アラバが30メートルのFKから直接試みるがケヴィン・トラップが阻止。ハビ・マルティネスとトーマス・ミュラーが至近距離から放ったシュートも、同様にフランクフルトGKの好守によって阻まれた(13分)。

 その後試合は徐々に前線への推進力を失い、ミドルサードでの競り合いに終始。バイエルンはボールを支配するものの、相手陣内へ攻めあぐねるる。だが35分、FCBはアラバ、ミュラー、レヴァンドフスキの素晴らしい連係から相手ディフェンスを崩し、最後はリベリーが押し込みついに1-0の先制点を奪う。その直後にはレヴァンドフスキのクロスをミュラーが頭で叩くも、ボールはクロスバーを越え追加点には至らなかった。

 後半、フランクフルトは高いボールポゼッション率を誇るが、FCBはクレバーにスペースを消す。1度はダ・コスタ(61分)が決定機を掴むが、堅牢なディフェンスで相手を自陣ゴール前へと寄せ付けない。前線ではミュラー(62分)がボレーで狙ったシュートがクロスバーを大きく越える。ヨヴィッチ(72分)とアレア(77分)が再び好機を逸した直後の79分、リベリーが今日2得点目となるゴールを決め、FCバイエルンのシーズン11勝目を確実なものとした。終了間際にはラフィーニャのクロスがゴールへと吸い込まれ、点差を3-0と広げている。

アイントラハト・フランクフルト vs. FCバイエルン 0−3(0−1)

  • アイントラハト・フランクフルト

    トラップ - サルセド、ファレット、エンディッカ - ダコスタ、フェルナンデス(70分 ミュラー)、ウィレムス、コスティッチ - ガチノヴィッチ(43分 デ・グスマン) - ヨヴィッチ、アレア


    Substitutions

    レノウ、シュテンデラ、ルス、タワタ、フルゴタ


  • FCバイエルン

    ノイアー - ラフィーニャ、ズーレ、ボアテング、アラバ - キミッヒ、マルティネス - ミュラー、チアゴ、リベリー(90分 コマン) - レヴァンドフスキ(90+1分 ヴァーグナー)


    Substitutions

    ウルライヒ、マイ、シャバニ


  • Referee

    マヌエル・グレーフェ(ベルリン)


  • Attendance

    51,500人(完売)


  • Goals

    0-1 リベリー(35分)、0-2 リベリー(79分)、0-3 ラフィーニャ(89分)


  • Yellow cards

    フェルナンデス、デ・グスマン / アラバ

News