presented by
Search Fill-1
Menu
コットブス戦は3-1

FCBが順当にDFBポカール1回戦を突破

Increase font size Text size
  • レヴァンドフスキ、コマン、ゴレツカのゴールでFCBが2回戦進出
  • 前半は2度クロスバーに阻まれたFCB
  • 18日(日)にDFBポカール第2回戦組み合わせ抽選会

 FCエネルギー・コットブス戦を3-1(1-0)で突破したFCバイエルンはDFBポカール第2回戦進出の切符を掴んだ。ニコ・コヴァチ監督率いるチームが次のラウンドでどの対戦相手と激突するかは18日(日)現地時間18時00分からドルトムントのドイツサッカーミュージアムでの組み合わせ抽選会で決定する。

 20,602人が訪れたチケット完売の試合会場でFCエネルギー・コットブスは立ち上がりにオープンな試合展開としたが、時間が経過するにつれてリーグレベルの差が色濃く出た:ロベルト・レヴァンドフスキが32分に先制弾を決め、後半に入ってからはキングスレイ・コマン(65分)とレオン・ゴレツカ(85分)が追加点を奪い、危なげなくFCバイエルンがベスト32のラウンドに駒を進めた。ホームチームは試合終了間際にベアカン・タツがPKで得点を挙げている(90+3分)。

 コヴァチ監督はスーパーカップのボルシア・ドルトムント戦の先発から2箇所でメンバー変更を行なった:ベンジャマン・パヴァールとレナト・サンチェスがスタメンで起用され、ジェローム・ボアテングとレオン・ゴレツカが控えに入った。加えてベンチスタートだったリュカ・エルナンデスは試合終了直前に途中出場を果たして公式戦デビューを飾った。

レヴァンドフスキが先制弾を奪い、コマンとゴレツカがダメ押し点

 この試合の序盤は少し動きが少なく、最初のチャンスまで時間を要した。最初の好機は左サイドからコマンが中央にセンタリング、そしてレヴァンドフスキがダイレクトボレーでシュートを放ったが、FCエネルギー・コットブスGKレンナート・モザーが手で触り、ボールはゴールバーを叩いた(14分)。その後はFCバイエルンが相手チームに圧力をかけて先制に成功する:ボックス内でヨスア・キミッヒがゴール前にやわらかいクロスを供給してコマンがヘディングシュート。ここはモザーに弾かれるが、こぼれ球をレヴァンドフスキが落ち着いて直接ゴールネットに叩き込んだ(32分)。前半39分に再びコマンが右サイドのクロスをゴール前でヘディングするが、ゴールバーに直撃してしまい前半は1-0でハーフタイムを迎えた。

 後半開始から再びFCBが圧倒的に試合を支配するが、決定機が作り出せない。後半開始直後のレヴァンドフスキ(47分)とダヴィド・アラバのFK(58分)はゴールとはならず。しかし65分にコマンが右サイドからカットインして右足を一閃。ボールは低い弾道でゴール右隅に突き刺さった。さらにレギュラータイム終了5分前に途中出場のゴレツカがリードを広げる得点を決める(85分)。コットブスはタツのPKで1点を返すにとどまった(90+3分)。

FCエネルギー・コットブスvs. FCバイエルン 1-3(0-1)

  • FCエネルギー・コットブス

    モザー – ハッセ、ゲールマン、コッホ、ホッペ – F・ガイスラー(64分バヤツィット)、N・ガイスラー(58分ラーク)、ブリュグマン – タツ、ランゲロイ(74分ブロシンスキ)


    Substitutions

    シモン、ツィッカート、マイヤー


  • FCバイエルン

    ノイアー – キミッヒ、パヴァール、ズーレ(89分エルナンデス)、アラバ – トリッソ、サンチェス(63分ゴレツカ) – ミュラー、レヴァンドフスキ、コマン(70分ニャブリ)


    Substitutions

    ウルライヒ、マイ、ボアテング、シン、デイヴィス、ヴリート


  • Referee

    パトリック・イットリッヒ(ハンブルグ)


  • Attendance

    20,602人(完売)


  • Goals

    0-1レヴァンドフスキ(32分)、0-2コマン(65分)、0-3ゴレツカ(85分)、1-3タツ(90+3分PK)


  • Yellow cards

    ハッセ、アイゼンフート/ チアゴ、キミッヒ

News