presented by
Search Fill-1
Menu
ファンクラブ選抜戦は13-1

フィルスホーフェンのドリームマッチで大量得点

Increase font size Text size

 フィルスホーフェンでフェスティバル。前日に3-0(1-0)で完勝した今季ブンデスリーガ第2節FCシャルケ04戦に続き、FCバイエルンは第11回目のドリームゲームでバイエルン・ファンクラブ選抜チームのフィルスホーフェン・ロット・ヴァイスを13-1(4-1)で下し、成功に満ちた週末を終えた。

 フィルスホーフェン市のドナウ近郊にある新スタジアムのクラウス=アウゲンターラー=スタジアムで開催された同試合に6,500人(チケット完売)のファンが詰めかけ、先発出場した今夏新加入選手イヴァン・ペリシッチ、ミケール・キュイザンス、フィリペ・コウチーニョがバイエルン選手として初得点を決めた。その他に若手選手クワジ・ヴリート(3得点)、カン・カラタス(3得点)、トーマス・ミュラー、ヨスア・ツィルクゼー、サープリート・シン、アレクサンダー・ノーレンベアガーがゴールを記録。前半終了前にアロイス・エバーレがスコアを1-4とする得点をFCバイエルンから奪った。

 ニコ・コヴァチはプロ選手11名を先発起用した – 主将マヌエル・ノイアー、今夏新加入選手リュカ・エルナンデス、キュイザンス、ペリシッチ、コウチーニョ、前日のFCシャルケ04戦でハットトリックを達成したロベルト・レヴァンドフスキ。FCBレジェンド選手で今日の開催場所のスタジアム名でもあるクラウス・アウゲンターラーは前半45分間は相手チーム選手として出場し、79分からはFCバイエルンに “現役復帰”を果たした。

 FCBは前半35分までに4ゴールを決めて試合を決める。だが前半終了直前、ルカ・ホフマンが左サイドからドリブルで独走。ペナルティーエリア内に侵入した同選手は横にいたエバーレにラストパスを送り、フィルスホーフェン背番号7はダイレクトシュートでネットを揺らした。だが後半には得点を挙げられず、反対にFCバイエルンが9得点を積み重ねた。

フィルスホーフェン・ロット・ヴァイス vs. FCバイエルン 1-13(1-4)

  • フィルスホーフェン・ロット・ヴァイス

    ヴォルナー – バウアー、A.ディップル、アウゲンタラー、フィシュホルト – フーバー、トルクスドルフ – セルノタ、アンゲラー、ホフマン、エバーレ


    Substitutions

    M.オバーマイヤー、シュタッドラー、ヴォルフ、ダッヒル、ヴェーバー、グエッラ、シュナイダー、フォッカースパーガー、ラツェンボック、フォッゲンライトナー


  • FCバイエルン

    ノイアー(21分ウルライヒ) – パヴァール(21分フランツケ、79分アウゲンターラー)、ズーレ(21分マルティネス)、エルナンデス(21分ケーン)、アラバ (21分マイヤー) – キュイザンス(69分ヴィル)、キミッヒ(21分カラタス) – ペリシッチ(46分ノーレンベアガー)、コウチーニョ(46分シン)、デイヴィス(69分ヴリート) – レヴァンドフスキ (21分ミュラー、46分ツィルクゼー)


    Substitutions

    ツァイザー


  • Referee

    トビアス・ヴィットマン(ヴェンデルスキルヒェン)


  • Attendance

    6,500人(完売)


  • Goals

    0-1ペリシッチ(9分)、0-2カラタス(32分)、0-3ミュラー(32分)、0-4コウチーニョ(16分)、1-4エバーレ(42分)、1-5ツィルクゼー(47分)、1-6キュイザンス(34分)、1-7カラタス(50分)、1-8シン(62分)、1-9ノーレンベアガー(68分)、1-10ヴリート(72分)、1-11ヴリート(81分)、1-12ヴリート(86分)、1-13カラタス(89分)

News