presented by
Search Fill-1
Menu
KOラウンドに向けて一歩前進

ピレウス相手にバイエルンが3-2の勝利を勝ち取る

Increase font size Text size
  • バイエルンが33
  • レヴァンドフスキが公式戦12試合連続で得点
  • バイエルンがアウェイ戦のクラブ記録更新

 FCバイエルンがまた一歩チャンピオンズリーグ・ラウンド16進出に近づいた。監督ニコ・コヴァチ率いるFCBは10月22日(火)晩、オリンピアコスFCに3-2(1-1)で勝利した。バイエルンは3戦3勝で勝点9を獲得し、2位トッテナム・ホットスパー(勝点4)に5ポイントの勝点差をつけてグループ首位についている。またこの勝利によりFCBはチャンピオンズリーグのアウェイ戦で11試合連続無敗となり、クラブ新記録を樹立した。

 完売のカライスカキス・スタジアムに集まった32,115人の情熱的な観客の前で、ユセフ・エル=アラビが23分に先制点を決めると、バイエルンもロベルト・レヴァンドフスキ(34分)が前半中に1ゴール挙げて試合を振り出しに戻す。同FWは後半にこの日2得点目(64分)を決め、チームに逆転ゴールをもたらした。その約10分後にはコランタン・トリッソ(75分)が見事なミドルシュートを決めてリードを広げ、バイエルンの勝利を決定付けた。その後オリンピアコスがギリェルミ(79分)によって1点を返し、試合は2-3のバイエルン勝利で幕を閉じた。

 2-2の引き分けに終わった10月19日(土)のアウグスブルク戦から、コヴァチは2人の選手を変更してチャンピオンズリーグ戦に臨んだ。ピレウスでは負傷中のニクラス・ズーレとキングスレイ・コマンに代わりダヴィド・アラバとトーマス・ミュラーが先発出場を果たした。序盤のプレーは規律に欠けていた。多くの対人戦が見られた一方で、なかなかゴール前のシーンに繋がらない。バイエルン優位に試合が進むも、13分のフィリペ・コウチーニョのシュートがこの時間帯でFCB唯一のチャンスとなった。ピッチの反対側ではオリンピアコスがより強い決定力を見せ、23分にエル=アラビによって先制ゴールを記録した。

 その数分後、再びオリンピアコスがチャンスを演出する。しかしバイエルンは幸運に恵まれた。リュカ・エルナンデスがクリアし損なったボールが自ゴールに向かって飛んだものの、ちょうどマヌエル・ノイアーの正面で事無きを得た(31分)。チームは対戦相手の立て続けのチャンスに動揺することなく、34分にはレヴァンドフスキが再び得点して同点に追いつく:オリンピアコスGKのジョゼ・サはまずミュラーのボレーシュートをセーブしたが、こぼれ球をレヴァンドフスキが押し込んで1-1とした。これで同ポーランド人選手は公式戦12試合連続ゴールを記録した。そのすぐ後、アラバの素晴らしいアシストからコウチーニョ(39分)にチャンスが訪れるも得点には繋がらず、1-1の引き分けでハーフタイムに入った。

 オリンピアコスは後半開始後すぐのアンドレア・ブーハラキス(46分)の惜しいヘディングシュートなど、バイエルンに対するプレッシャーを強める。この時間帯を乗り切ったバイエルンだが、59分にはエルナンデスの負傷交代というショックに襲われる。しかし64分には再びレヴァンドフスキがそのストライカーとしての才能を発揮した。バイエルンのCK後、オリンピアコスGKジョゼ・サは上手くクリアすることができなかったが、それを見逃さずにゴール前での混戦を制して、31歳のバイエルンFWが逆転ゴールを決めた。

 その後、諦めないオリンピアコスは抵抗を続け、試合は拮抗した様子を見せる。しかし75分にトリッソがバイエルンに3ゴール目をもたらす。その前のコウチーニョのシュートはブロックされたが、トリッソがセカンドボールをゴール右上に突き刺した。79分、ギリェルミのミドルシュートはチアゴに当たって軌道が変わり、ノイアーも為すすべなく得点を許してしまう。これで2-3となったが、バイエルンは残り約10分間この1点のリードを守りきり、グループステージ3戦3勝を祝う結果となった。

オリンピアコスFC vs. FCバイエルン 2-3(1-1)

  • オリンピアコスFC

    ジョゼ・サ – エラブデラウィ、メリアー、セメド、ツィミカス – ブーハラキス(69分ロベラ)、ギリェルミ、カマラ(88分ランジェロヴィッチ)- ポデンセ、エル=アラビ(79分ゲレーロ)、マスラス


    Substitutions

    アラン、ガスパール、パパドプーロス、クセニティディス


  • FCバイエルン

    ノイアー - キミッヒ、パヴァール、エルナンデス(59分ボアテング)、アラバ - チアゴ、マルティネス(46分トリッソ)– ニャブリ、コウチーニョ、ミュラー(86分ペリシッチ) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ウルライヒ、コマン、デイヴィス、ゴレツカ


  • Referee

    デニー・マッカリー(オランダ)


  • Attendance

    32,115人(完売)


  • Goals

    1-0エル=アラビ(23分)、1-1レヴァンドフスキ(34分)、1-2レヴァンドフスキ(64分)、1-3トリッソ(75分)、2-3ギリェルミ(79分)


  • Yellow cards

    セメド、エル=アラビ / チアゴ、ノイアー

News