presented by
Search Fill-1
Menu
シャルケ戦で8-0

FCバイエルン、ブンデスリーガ開幕戦で大量ゴール

Increase font size Text size
  • バイエルンがブンデスリーガ開幕戦に勝利

  • サネがデビュー戦でゴール

  • ニャブリがハットトリック

 なんという素晴らしい開幕戦になっただろう!FCバイエルンはこれ以上ないほどの圧勝で新シーズンのスタートを切った。バイエルンは9月18日(金)、ホームのアリアンツ・アレーナで行われたブンデスリーガ開幕戦にてFCシャルケ04に8-0(3-0)で勝利した。チャンピオンズリーグ優勝から4週間も経たないうちに迎えた新シーズン初の公式戦で、FCBは全ての観点において見る者全員を納得させる強さを示し、卓越した昨シーズンに続く見事なパフォーマンスを見せた。

FCB、シャルケ相手に圧倒的なパフォーマンス

 試合開始の笛が鳴った直後からバイエルンが試合を支配し、セルジュ・ニャブリの4分のゴールで早い時間帯に先制点を奪う。続く時間帯もFCBからはプレーする喜びが感じられ、レオン・ゴレツカ(19分)の追加点とロベルト・レヴァンドフスキ(31分)のPKによってハーフタイムまでにリードを3点に広げた。後半に入っても勢いは止まらず、まずニャブリが2点を追加。更にトーマス・ミュラー(69分)、レロイ・サネ(71分)、ジャマル・ムシアラ(81分)が得点を重ね、最終的に大差をつけて快勝した。

この試合の重要なシーンを以下にまとめた 👇

よりにもよってシャルケ相手に!サネがデビュー、ノイアーが250試合出場達成

 新シーズンの好スタートに加えて、バイエルンには金曜日、更に2つの喜ばしい出来事があった。新加入のレロイ・サネがドイツマイスターFCB選手としてデビューを果たし、キャプテンのマヌエル・ノイアーがバイエルン選手としてブンデスリーガ250試合出場を達成した ― それもよりにもよってFCシャルケ04を相手に。それというのも、ノイアーとサネはどちらもシャルケのユース部門出身で、長年にわたって同クラブでプレーしていた。

4分 - キミッヒ、ニャブリ、夢のスタート!

 全く素晴らしいスタートになった!この日初めて背番号6番としてピッチに立ったヨズア・キミッヒがセンターサークル付近からタイミングを計ってロングパスを上げると、ニャブリが見事なトラップからベンジャミン・スタンブリを躱し、反動を付けないシュートをゴール左隅に決めてチームに先制点をもたらした。FCBの背番号7番はこれにより、2002年以降のブンデスリーガ開幕戦における最速ゴールを記録した。

19分 - ゴレツカが2-0

 バイエルンは昨シーズンを終えた場所からすぐに続きをプレーし始めた:右サイドのニャブリのクロスを受けたトーマス・ミュラーがゴレツカに繋げると、周囲の動きを把握していた同MFがゴール16m前から落ち着いてゴールを決め、2-0とした。

30分 - レヴァンドフスキがPKを決める

 ファールを受けた選手自らがPKを蹴ってはいけない?それはロベルト・レヴァンドフスキには当てはまらない。昨シーズンに3つの大会で得点王に輝いた同ストライカーはペナルティーエリア内でオザン・カバクに倒されてPKを獲得。32歳の同FWは自らペナルティーマークに立ち、いつも通り圧倒的な強さを見せてスコアを3-0とした。レヴァンドフスキにとってこれは、バイエルン選手として決めた163得点目だ。これによって同選手はカール=ハインツ・ルンメニゲ(162得点)の記録を越えた。これでバイエルンで同選手よりも多く得点しているのはゲルト・ミュラー(365得点)のみとなった。

47分 - サネのアシストでニャブリが得点

 前半と同じく、後半もバイエルンのゴールで始まった!スルーパスが出た後に素晴らしいスピードで走るサネがシャルケ守備陣を置き去りにすると、フェアマンの目の前で横にパスを出す。サネと共にゴールに迫るニャブリが押し込み、4-0に点差を広げた。

59分 - ニャブリが3ゴール目

 12分前に上手く行ったプレーを、サネとニャブリは59分にも再び成功させた。キミッヒの絶妙なパスをサネが見事に胸で受け、ニャブリに横パスを出す。そして同選手が再度シュートを決めて5-0になった。

69分 - レヴァンドフスキのラボーナからミュラーがゴール

 信じられない!レヴァンドフスキが右サイドからラボーナでパスを出し、ミュラーがダイレクトに決めて6-0とした。これはミュラーにとって公式戦200ゴール目となった。ミュラーより多く公式戦で得点を記録しているバイエルン選手はゲルト・ミュラー(517得点)、ロベルト・レヴァンドフスキ(247)、カール=ハインツ・ルンメニゲ(217)だけだ。

71分 - サネが初ゴール

 次はサネ自身がゴールを決める番だ ― キミッヒのスルーパスに抜け出した元シャルケ選手は、古巣のDF陣を置き去りにしてシュートに持ち込み、バイエルンに7ゴール目をもたらした。

81分 - ムシアラが駄目押しのゴール

 バイエルンのゴール意欲はまだ収まらない。途中出場のムシアラが左サイドから中央に切り込み、PA角からシュートを決めて8-0とした。これにより17歳のムシアラは、FCバイエルン選手として最年少でブンデスリーガゴールを記録した。

シャルケと対戦したブンデスリーガ開幕戦のフォトギャラリー:

 

FCバイエルン vs. FCシャルケ04 8-0(3-0)

  • FCバイエルン

    ノイアー - パヴァール、ズーレ、ボアテング(73分リチャーズ)、エルナンデス - キミッヒ、ゴレツカ(51分トリッソ) - サネ(73分キュイザンス)、ニャブリ(73分ムシアラ)、ミュラー(82分ツィルクツェー) – レヴァンドフスキ


    Substitutions

    ウルライヒ、ニューベル、デイヴィス、マルティネス


  • FCシャルケ04

    フェアマン - ルディ、スタンブリ、カバク、オツィプカ – セルダー(30分シェプフ)、ベンタレブ - マトンド(65分ラマン)、ウート、アリ(79分スクリプスキ) – パシエンシア(79分ベッカー)


    Substitutions

    シューベルト、メンディル、ティアウ、イビシェヴィッチ、クトゥチュ


  • Referee

    フェリックス・ツヴァイヤー(ベルリン)


  • Goals

    1-0ニャブリ(4分)、2-0ゴレツカ(19分)、3-0レヴァンドフスキ(31分 / PK)、4-0ニャブリ(47分)、5-0ニャブリ(59分)、6-0ミュラー(69分)、7-0サネ(71分)、8-0ムシアラ(81分)


  • Yellow cards

    キミッヒ / カバク、スタンブリ

News